さかなクン 謝罪!今月2度目!さすがすぎる謝罪文!

スポンサーリンク
芸能人

京海洋大名誉博士で客員准教授のタレントさかなクン(43)が、自身が出演したNHK「ダーウィンが来た!」内で紹介された魚種に誤りがあったとして謝罪し、話題になっています。

さかなクンが手描きイラストで謝罪 魚種に間違え


東京海洋大名誉博士で客員准教授のタレントさかなクン(43)が、自身が出演したNHK「ダーウィンが来た!」内で紹介された魚種に誤りがあったとして謝罪した。
さかなクンは28日、公式フェイスブックを更新し、手描きのイラストを添えた謝罪文を掲載。同日放送された番組内で「トゲチョウチョウウオ」と表記されていた魚が、正しくは「フウライチョウチョウウオ」だったと報告し、「魚種確認をさせていただきたいことは、事務所でも以前から話していましたが、今回、またも確認が出来ませんでした。とてもショックです。立て続けに申し訳ありません。今後、このような事が無いように致します」と謝罪した。
さかなクンは20日に放送されたTBS系「世界ふしぎ発見!」でも紹介した魚種名に誤りがあったとして翌21日にフェイスブックで謝罪していた。しかしいずれもファンからは「いつも丁寧な対応ありがとうございます!!イラスト付きで、違いがとってもわかりやすいです」「間違いを丁寧に訂正してくれる、さかなクン。実直さに頭が下がります」といったコメントが多数寄せられている。

日刊スポーツ

また、7月20日放送の「日立 世界ふしぎ発見」で紹介された魚類の魚種名にいくつか間違いがあったとのこと。その時の謝罪文です。

さかなクンの人柄が表れてますね。番組側とさかなクンと連携がうまくいってなかった事が原因みたいですね。(事前にさかなクンがチェックしていれば防げたみたいです。)

さかなクンとしてみれば立て続けに2件の間違いは性格的にショックを受けているだろうなと思います。

スポンサーリンク

さかなクン プロフィール

  • 本名 宮沢 正之(みやざわ まさゆき)
  • 生年月日 1975年8月6日(43歳)
  • 出身校  日本動物植物専門学院

日本の魚類学者で、タレント、イラストレーターでもある。父は囲碁棋士の宮沢吾朗九段。東京海洋大学名誉博士、東京海洋大学客員准教授。

東京都生まれ、神奈川県綾瀬市育ち、千葉県館山市在住。所属事務所はアナン・インターナショナル。

スポンサーリンク

さかなクン 謝罪! ネットの反応は?

間違いはある。でもその後の対応でプラスにもマイナスにもなる。
素直にごめんなさいと言えることの大切さが見直されている。

間違っていたときの手書きイラストで分かりやすく説明してくれることが逆に勉強になる。

恥ずかしながら自分は魚のことは本当に疎いけれど、丁寧に描かれた違いに、ご本人の肴に対する真摯な気持ちと愛情が伝わってきて、すごいなという尊敬の念しかない。

しかし、魚の世界は奥が深い。。。

非常に素直ですね!

問題は、番組製作側です。
ロケ素材や完パケを事前にチェックすれば良い事です。

悪いのは制作側。あいつらは自分達の都合でしか動かない。さかなクンさんは何も悪くない。いつもいつでも誠実な対応をされているとても素晴らしい人。魚類学の大家であり、さかなクンさんの尊敬する中坊先生も認められている程の見識と、広い世代から愛される人柄はとても素晴らしいです。

弘法も筆の誤りと言いますけど、変なプライドに固執せず素直に非を認める姿勢は大変素晴らしいと思います。名声ある人が非を認めるのはとても勇気の要ること。また、そういう人柄に好感が持てるから人気があるんですね。なんちゃら党の政治家さんたちも是非見習って欲しいです。

人なんだから間違えても良いじゃない。
間違えを認めて謝罪できる人の方が少ない今の世の中、素直に謝り、何が間違っていたのかまで分かりやすく教えてくれるさかなクンは、素敵です。

間違ったら、素直に謝り訂正する。すごく簡単ですぐ自身の学びも増やすことが出来る良い方法なのに、なんで体(ティ)ばかり気にする人が多いんだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました