青山テルマ どん底が音楽のルーツ?【親友・木下優樹菜と共演動画】がヤバい

スポンサーリンク
芸能人

歌手・青山テルマさんが、幼少期から受けていたいじめや「そばにいるね」ヒット後の苦悩などについて語った自身初のエッセイが、発売から5日で重版が決まるなど若い女性を中心に反響を呼んでいます。

数年前からバラエティでも活躍するようになり、デビュー当時とは大きく印象が異なる個性を発揮しているが、そこまでは知られざる孤独や葛藤があったらしい。

大学生にしてメガヒットを経験した彼女が見た“どん底”とは、いったい?!

スポンサーリンク

青山テルマ どん底、音楽のルーツは いじめ?

2007年に歌手デビューしたテルマさん。

彼女の音楽人生のルーツは、幼少期のいじめにあったという。

クォーターであることから、街中で「外人」「ゴリラ」「外国帰れ」といった言葉を浴びせられることは日常茶飯事、保育所でも差別やいじめを受けていたという。

そんな彼女が初めて居場所を見つけられたのが、10歳の時に出会った教会のゴスペルクラスだったという。

年齢も見た目も関係なく、ただ歌が好きな人が集まるその場所は、テルマにとってとても居心地が良く、それからどんな時も歌うことが“支え”となり、“逃げ道”となったのだ。

 そんな彼女になぜいじめが起きると思うか問うと、「違和感を抱く時じゃないですかね」という答えが返ってきたという。

その人が普通だと思っていることに対して、見たことがないものや違和感のあるものが飛び込んできた時に、どう対応していいか分からなくて、それがいじめになってしまうのだという。

続けて、「でも、それが一生続くわけではないし、人と違うことは大人になってすごく武器になると思うんです。だから“みんなとちょっと違うんだ。ラッキー!”ぐらいのテンションがいいかなって」と、幼少期にコンプレックスだった自分のルーツや見た目も、見事にアーティストとして“武器”に変えた彼女らしい考えを語っています。

 また、いじめに遭った時は「気にしないことが一番」だと語る。

その理由は、いじめる側といじめられる側の“熱量の違い”にあるという。

「人ってまず、他人のことをあんまり気にしていないんですよ。SNSに悪口を書いても、次の日にはきっと忘れているんです。それなのに、言われた側はその言葉でずっと傷ついているだなんて、気にしている時間ほど無駄なものはないです」

 では自分をいじめていた人たちに対し今何を思うかと聞くと、「何にも思わない」とのこと。

「別に恨んでもいないし、謝ってほしいとかも全く思っていないし…。きっと、そのことによってお互い成長したし、『私の方が彼らより倍成長して強くなれた』ぐらいの感覚です」そう語る彼女から、華奢な体の内に秘める鍛えられた“強さ”が垣間見えた。

スポンサーリンク

青山テルマ どん底、ヒット後は毎日盗撮?!

当時住んでいたのは築100年のボロアパート、通っていた大学では毎日盗撮されるようになり、それを避けるためにトイレでおにぎりを食べる日々だった。華々しいステージとは裏腹、私生活は孤独だったという。さらに猛烈なインパクトとともに植え付けられた世間からのイメージにも悩まされた。

「『そばにいるね』がバラードなので、ちょっとおしとやかで大人っぽいイメージが先行して強かったと思うんです。でも、基本的に私はすごくポジティブで明るい性格だし、笑うことが好きなタイプなので、そのギャップは大きかったかもしれないです」と、イメージを壊しちゃいけない、というプレッシャーとも常に隣り合わせだった当時を振り返る。

 元々踊ることが好きで、アップテンポの曲もシングルで歌いたいという気持ちがあったというが、それを口に出すことはなかった。「まだ20歳で業界のことをあまり知らないですし、自分の意見に自信もなかったし、周りの大人に頼ることが自分の中で正解だと思っていました。ずっと背伸びしている感覚はありました」

ORIKON NEWS
スポンサーリンク

青山テルマ どん底、学んだこととは?

自分を変える一歩として、「無駄なプライドを捨てることで本当の自分らしさに出会える」と語るテルマさん。

「まずは、“決めつけ”を取っ払うことですね。例えば『早寝早起きをする人はいい人間だ』とか『こうしなきゃ』とか、自分が生きている中で自然と決めつけてしまっている物事があって。それが逆に、自分の良さを殺してしまう時があると思うんです」と、作られたイメージと闘ってきたからこそ語れる彼女の言葉には説得力があります。

「他人から見て『こうあるべき』ということよりも、自分が『どうなりたいか』、『どうしたいか』の方がきっと重要で、前向きな考えになるんじゃないかなって。人に対しても、『こうじゃないといけない』という否定から入らないことですね」と語る。

スポンサーリンク

青山テルマ どん底、ヒット曲動画

こちらは、テルマさんのヒット曲「そばにいるね」です。

この当時を、今回は振り返っていますね。

青山テルマ feat.SoulJa / そばにいるね
スポンサーリンク

青山テルマ どん底、キャラ変動画

こちらは、テルマさんのキャラ変と感じる動画です。

親友の木下優樹菜さんとも共演しています。

【青山テルマがおもしろすぎる!!】爆笑せっかちトーク!親友木下優樹菜も大爆笑!
スポンサーリンク

青山テルマ どん底、ネットの声

キャラ変は間違いなく大失敗。
性格の悪さだけが目立っただけで…

いじめられた経験も嘘ではないと思うけど、自分も十分人を虐めてきづつけてると思う。
言葉だけ聞いてても怖いし、強すぎる。

こーゆー人いるよね、
苦手。

優樹菜と気が合う時点でこの人も同類なのかなって思ってしまうし、ケミオとの写真はすごく頭悪そうだよね、この子。

あの時キャラを演じるのが苦しかったみたいに後々言う芸能人めちゃくちゃ多いけど、こっちに言われても困るよ。頼んでもないのに売れたくて勝手にやっといて苦しいとか、知らんがなとしか言いようがないし、同時に当時一生懸命応援してくれたファンの気持ちは簡単に踏みにじってることには全く配慮がないのね。自分らしく★ってそういうことなのか?といつも思う。

木下優樹菜と親友てだけで信用できない。
類は友を呼ぶので同じく口が悪くて結局根本的な性格似てそう。好きになれない。。。

たまにワイドナショー等のコメンテーターとして出るが、特論を持ってるようで持ってない、面白い事を言うようで言わない。

もう完全にパーティーピーポーな感じになったよね。
もちろん素の自分を押し殺してまで活動する事はないけど、あの曲は名曲だしやっぱり歌うまいし、過度なイメチェンはファンには衝撃的すぎます。パリピな風貌であの曲を歌ってもさ・・・。
あの歌声は無駄にしないで頑張って欲しい。

スポンサーリンク

青山テルマ どん底、終わりに

テルマさん、幼少期は辛い、いじめにあっていたんですね。

ネットでは、木下優樹菜さんと親友というところで、イメージダウンしてしまっているのでしょうか?

また、ネットの反応を読んでいると、キャラ変も、成功と言えるのでしょうか?

テルマさんらしさを出して、芸能活動が出来ているのなら、いいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました