宮崎宣子アナ 大遅刻事件の真相【インスタ】過酷すぎた?ネットは?

スポンサーリンク
芸能人

女子アナの長い歴史上、避けては通れない“事件”が2007年12月11日、『ラジかるッ』での宮崎宣子アナの大遅刻である。

翌日のスポーツ新聞全6紙を賑わせた大騒動の裏側を本人が振り返る。

スポンサーリンク

宮崎宣子アナ 大遅刻事件、入社当時は過酷?

私が日テレに入社した頃はかなり体育会系な気質が残っていました。新入社員は定時の30分前に出社して掃除や珈琲とお茶の補充、新聞のファイリングのほか、先輩一人一人の席に行って「おはようございます!」と声をかけていました。

 箱根駅伝のロケ前日は深夜2時まで仕事して翌朝6時集合なんて当たり前。長椅子で眠るADさんやディレクターさんたちに紛れて私も長椅子で寝ていました。女性アナウンサーが会社に泊まるのはご法度だったので、顔をハンカチで隠してこっそりと(笑い)。

 そんなふうに忙しく過ごしながらも、入社して3年経ってもレギュラー番組を持てないことには焦りがありました。宮崎弁が抜けないなどの理由からデビューも遅かったので、毎年6月の異動内示の時期は「アナウンス部から異動になりませんように」と祈っていました。ですから入社4年目になる直前で帯の情報バラエティ番組『ラジかるッ』が決まった時は本当に嬉しかったです。

 それに『ラジかるッ』を1年続けた頃、仕事ぶりが評価されて社内で表彰していただいたんです。ですが、それから1か月もしないタイミングでやらかしてしまって……。

【NEWSポストセブンより引用】

スポンサーリンク

宮崎宣子アナ 大遅刻事件、大遅刻の原因は?

遅刻の前日はいつも23時頃までかかる番組がなぜか21時頃に終わって、「ああ、今日は眠れる」と安堵しました。その心の緩みが失敗でした。本当は6時起床で7時半には出社していなければいけないのに起きたのが9時だったんです。

 起きた瞬間、携帯の尋常じゃない着信履歴に「何かの間違いだ」と思いました。次第に「嘘でしょ、夢であってくれ」と焦り、恐る恐るディレクターに電話すると「いいから早く来い!」と怒られ、昨日脱ぎ捨てた服に着替えて駆け込みました。

開始15分前には到着しましたが、先輩が準備してくださったこともあって、45分遅れで出演しました。番組では「宮崎は来るのか!?」なんてスーパーが出されてまさに“事件”扱いでした(苦笑)。幸か不幸かその回は最高視聴率を記録したそうで、スタッフの皆さんは心優しく接してくれました。

 もともと私は立派にアナウンサーを育てる気質の強かった日テレでは浮いていたので、こんな私を使ってくれる『ラジかるッ』のためなら、何でもやろうと遅刻以降は、より強く心に誓いました。おバカキャラもバレてしまいましたが、「笑ってもらえるのも仕事」と割り切りました。

 その後、日テレもタレント性の強い女子アナが増えたので、私はその転換期のアナウンサーだったかもしれません。遅刻のことは今も夢に見ますし、反省しています。もう二度としたくないですね(笑い)。

【NEWSポストセブンより引用】

スポンサーリンク

宮崎宣子アナ 大遅刻事件、プロフィール

「宮崎宣子」の画像検索結果
  • 名前 宮崎宣子 みやざき・のぶこ
  • 生年月日 1979年
  • 出身 宮崎県
  • 2002年にアナウンサーとして日本テレビに入社
  • 担当 『ラジかるッ』『ザ!世界仰天ニュース』
  • 2012年に退社後はフリーで活動
  • 2018年に自身がプロデュースするハーブの会社「EMARA」を設立、代表でもある
スポンサーリンク

宮崎宣子アナ 大遅刻事件、インスタ

スポンサーリンク

宮崎宣子アナ 大遅刻事件、ネットの声

直接関係ないかもしれないけど…
遅刻はたしかにいけない。ただ、定時で返してくれないほどの仕事量を課しておいてリフレッシュできる時間を与えない会社にも十分に問題があると思う

偶然、リアルタイムで見ました。
アレは伝説の凄い放送だった・・。
これってマジの放送?、それとも斬新な演出??、
そんな感じで番組が進行して行き、
いよいよ、宮崎が「すいません、寝坊しました・・」
と画面に登場して、みんなひっくりかえった~。
番組の最後に中山秀征に、
「明日は遅刻しないて来てくれるかな~?」と言われ、
思わず「いいとも~」と他局の番組名を叫んだのに、
見ている全員が、ぶっ飛んだ~。

人間ならあるある。

私も社会人になって、
遅刻しました。
1、2時間とかはさすがにないですが、10、15分とか…。

海外の友人に話したら、
「俺らの国では遅刻なんてざらだよ、日本人はきっちりしすぎ。遅刻しても死にゃしないよ。」と言われました。

日本人って、
遅刻に大変厳しいイメージはありますね。。

代わりがきかない仕事は大変だぁ
リーマンのオイラは、新入社員の頃は遅刻しそうなら階段を駆け上がり、遅れるときは必死に言い訳を考えたものですが、最近は諦めが先に立ち、休む理由を必死に考えています

人間誰でも間違い、失敗はあって当たり前。大事な事、その人の人生を大きく変えるのは失敗からどう学んだか、それを次にどう活かしたかです。気を付けて行う為に何をして再発防止に努めたかが大きなカギですね。それによりその人の人生が変わるのですから。

こういうやっちゃった系の大遅刻というのは、その場の迷惑や混乱はたいへんなものですが、
私としてはその人に対する評価や信用に直結はしません。
それよりも、どんな場面でも常に5分や10分遅れてくる奴が大嫌いです。

たいていは約束の1分前とかちょうどに電話なりメールがきて、ある時は電車が遅延、またある時は前の用事が長引いてしまったなど、
ストックしてある理由を日替わりで使うのですが、つまるところ時間の見通しが甘く、人を待たせることに何の罪悪感もないだけにすぎない。
他人の時間を奪うというのは最悪の盗っ人です。

スポンサーリンク

宮崎宣子アナ 大遅刻事件、終わりに

宮崎アナ、今やテレビに欠かせない存在の彼女ですが、昔は、こんなハプニングもあったのですね。

ネットでは、「 定時で返してくれないほどの仕事量を課しておいてリフレッシュできる時間を与えない会社にも十分に問題がある 」といったコメントもあり、宮崎アナを擁護する声が多かったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました