DJ KOO 開頭手術の詳細!気づかなかった?ネットの反応は?

スポンサーリンク
芸能人

DJ KOOさんが脳動脈瘤という病気で開頭手術を受けていたことが話題となっています。

スポンサーリンク

DJ KOO 開頭手術、気づかなかった!

「自分を過信していた。お酒は体質に合わず、たばこも吸わない。大きな病気の経験はなく、体調不良もほとんど感じなかった。」

 1980年代から都内のクラブやディスコでDJとして活動し、90年代以降は音楽ユニット「TRF」のメンバーとして小室哲哉さんの曲で大ヒットを連発!

近年は親しみやすいキャラクターが受け、タレントとしても人気になっていました。

 不規則な生活は当たり前で、疲れていても、仕事ができるなら大丈夫だと思っていたという。

 ところが2017年、テレビのバラエティー番組で人間ドックを受けたところ、MRIで脳血管の一部に、こぶのように膨らんだ部分が発見されました。

直径9・8ミリの脳動脈瘤で、すでに視神経が圧迫されていた状態。

 こぶが破裂し、くも膜下出血を発症すると、命を落としたり、重い障害が残ったりする危険があるという。

 日本脳神経外科学会によると、こぶの大きさが直径7~9ミリでは1・69%、10ミリ以上になると4・37%が1年で破裂する。

 検査の結果を見ると、くも膜下出血の危険と隣り合わせの状態だったのだ。

 「番組収録後、医師から説明を受けている間、フワフワと体が宙に浮いているような不安に襲われた」と、KOOさんは語る。

スポンサーリンク

DJ KOO 開頭手術、家族の言葉

テレビ局からの帰り道、車の中から妻に電話をし、番組で脳動脈瘤が発見されたことを伝えた。

 「受話器の向こう側が『え?』と、不安と恐怖に固まったのがわかりました」

 それでも、帰宅までの短い間に、妻と高校生の娘が協力し、病気や治療法について大量のネット情報を仕入れて待っていてくれた。

 治療の選択肢は2通り。一つは、開頭して、金属で動脈瘤を固定し、血流を遮断する「クリッピング術」。もう一つは、足の付け根や腕の動脈から細いチューブ(カテーテル)を通し、動脈瘤の内部にごく細い針金を詰め込んでふさぐ「コイル塞栓(そくせん)術」だった。

 どちらを選ぶべきか。

 治療の確実性では開頭してのクリッピング術が上回るが、体の負担はカテーテルのほうが少ない。

 「頭を開くのは怖い。治療後、仕事復帰までの期間も短いと聞いたので、気持ちはカテーテルに傾きました

 妻子の思いは逆だった。

 「仕事以前に、ずっと一緒に生きていける、より確実な治療を選んでほしい

 さらに、主治医である札幌禎心会病院脳神経外科の上山博康さんの言葉も胸に響いた。

 「(開頭手術も)任せてください。脳動脈瘤とともに、仕事や日常生活への負担も含め、あなたの今後の人生も手術します」

 心は決まった。

yomiDr.
スポンサーリンク

DJ KOO 開頭手術、 手術後は?

6時間半の手術だったという。

脳動脈瘤は金属で固定され、もう破裂の心配はないとのこと。

 手術室から出てきた瞬間、娘が「パパ!」と泣きながら抱きついてきた、という。

 「残念ながら、その瞬間の記憶はないのですが、不安を一切口にしてこなかった娘も、ずっと気丈に頑張ってくれていたんだな、と。胸にぐっと迫るものがありました」と、KOOさんは語る。

 手術後、3日目にベッドの上で体を起こせるようになると、音楽を聴きたくなったという。

枕元の娘に「スマホでいいから、何かかけてよ」と頼むと、自分が所属するTRFのヒット曲「寒い夜だから」が病室に流れたという。

スポンサーリンク

DJ KOO 開頭手術、 生活の変化

「今まで気がつかなかったのだけど、当たり前の生活って、ありがたいことなんだと再認識しました」と、KOOさんは語る。

 退院後は、生活を一変させたという。

かつては当たり前だった徹夜仕事はほとんどなくなったといい、

食事も変わったとのこと。

焼き肉屋に行っても、まずは野菜から。

自宅でも、妻が季節の野菜を食べる機会を増やしてくれているという。

スポンサーリンク

DJ KOO 開頭手術、ネットの声

最近、それほど見なくなったと思ったら、療養もあったのかな?
けど、そういうのを最悪なパターンになる前に見つけれてよかったと思うし、自分でも手術すると思う。
ほっとけば、高確率で命にかかわってただろうしね。

すでに手術してたんですね。番組と神様と医師に感謝すべきでしょう。良かったですね
特に番組でたまたま発見なら本当に番組に出て良かったでしょう
6時間半は頭を開くならそれくらい普通にかかります

この担当医が凄い!「(開頭手術も)任せてください。脳動脈瘤とともに、仕事や日常生活への負担も含め、あなたの今後の人生も手術します」なんて、今どきは訴訟とか恐れてなかなか言えないはず。患者側としては心強いだろうな

破裂する前に見つかり適切な治療ができて本当に運が良かったと思います。手術は大変怖かったでしょう。
うちの父は、脳ドックを控えていた1ヶ月前にくも膜下出血を起こし、緊急手術を行いました。更に不幸が遅い、出血の後遺症で脳梗塞も併発しました。

脳ドックをもっと早く行い、適切な処置を早く受けていればと悔やみました。

KOOさんは本当に運が良かったと思います。

もしTRFで人気絶頂の頃に病気を指摘されてたら手術方法も、まず早い復帰ありき!でチョイスされてたかも知れませんね
それは一般人にも言えると思います
私自身も少々ので自覚症状有ってもつい仕事優先になっちゃう…
この記事を読んで考え改めます

番組で検査受けてよかったですね!
助かる道のある病気。奥様やお嬢様は告知されて本当に驚いたと思いますが短時間でいろんな検索して素晴らしい家族愛ですね!脳は本当にデリケートで難しく神経や血管がありますが…手術も無事でなによりです。ご年齢からしても長く生きていけるように…まだまだ活躍してほしいので定期的検診を受けてもらいたないなって思います。大事なご家族のためにも…

開頭手術、私の父も10ミリで見つかった時開頭手術を受けました。
とても難しい場所にできていて、しかも10ミリにもう一つコブがくっついていて、カテーテルでは無理だったから。

本人はもちろん家族も笑いながら実は不安で仕方なかったけれど、無事に成功し おかげで今も元気に生活させてもらっています。
当時67歳。今83歳。本当に有難いです。

スポンサーリンク

DJ KOO 開頭手術、終わりに

KOOさん、無事に手術を終えて良かったですね!

番組で検査を受けて、本当に良かったと思います。

また、ご家族のサポートも素敵ですね。

今後、無理のないよう、応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました