鴈龍 死去の真相は孤独死?コカイン逮捕の過去!ネットの反応は?

スポンサーリンク
芸能人

勝新太郎さんの長男で女優の中村玉緒さん(80)を母にもつ俳優の鴈龍(がん・りゅう)さんが、11月1日、急性心不全で急死していたことが「週刊文春」の取材で分かりました。

享年55だったという。

「鴈龍」の画像検索結果

スポンサーリンク

鴈龍 死去、内容・コメント

 若山富三郎さんの長男で、鴈さんの従兄弟にあたる俳優の若山騎一郎さんが明かす。

報せを聞いた時は絶句しました。まだ若いし、大きな病気もなかったのに……。悲しいという以前に心の整理がつかず、状況を飲み込めずにいます

 滞在先の名古屋で急逝し、遺体が発見されるまでに数日間を要したという。

いわゆる孤独死だったが、事件性はないと見られる。

11月29日に近親者だけで葬儀を行い、すでに納骨も済ませているという。

 鴈龍さんが役者の道を志したのは18歳のとき。

勝さん「お前は俺の一番弟子だ。息子じゃない」と言って厳しく指導したが、デビュー作「座頭市」(1989年)の撮影中に大惨事を起こしてしまう。

鴈さんが真剣をあやまって使用したため、殺陣師の俳優が亡くなったのです。勝さんは責任を追及され、鴈さんは謹慎生活を強いられた。追い討ちをかけるように90年に勝さんがコカインをハワイに持ち込んで逮捕されてしまいます

 下咽頭癌を患った勝が壮絶な闘病の末に亡くなったのは1997年6月のこと。

告別式で司会を務めた鴈さんは「父の名を辱めないよう、精一杯やらせていただきます」と宣言したが、その後も俳優活動は苦戦。

玉緒さんがテレビ局に頭を下げて回ったが、単発の仕事ばかりだったという。

2017年の舞台を最後に鴈さんは公の場から姿を消し、一時は宝石デザイナーを目指したこともあったが、近頃は何の仕事をしているのか、近しい人も知らなかった

 近年は、母の中村玉緒さんとも距離をとっていたという。

「玉緒さんを安心させるために、自立の道を模索していた。一方、玉緒さんは常に息子の身を案じ、陰で支援を続けていました」と、親族は語る。

 最愛の息子に先立たれた中村玉緒さんは、ショックのあまりコメントできる状態にないという。

 12月5日(木)発売の「週刊文春」では、父であり師匠の勝新太郎さん、母・中村玉緒さん関係性や、従兄弟である若山騎一郎さんのインタビューなどを詳報しています。

スポンサーリンク

鴈龍 死去、ネットの声

ご冥福をお祈り致します。

以前に玉緒さんが息子は自立をしていないので、と。いっておられました。

有名人の息子さんは一般人にはわからない苦悩があると思います。

何に関しても偉大な父をもって
なんかなぁ。可哀想と言うか。
娘も薬物で捕まってますよね。
玉緒さんの心中を思うと同じ母親としては
悲しい限りです。
お疲れ様でした。ご冥福をお祈り
致します。

息子に先立たれてしまうって、特に長男というのはいつからか頼りに思う部分も出来たりしこそすれ、先に死んでしまうなんて思いもしないもの。母親はどんなに辛いだろう。お悔やみ申し上げます…

あの真剣の事件は、芸能人として致命的だったけど、
この家の人は父親や姉妹も含めて薬物まみれだった。
心不全の理由はわからないけど、
医者曰く過去に薬やってた人って内臓や骨が驚くほどボロボロになっていて
結構若くして突然死する事も多いというし、持病や事件性が無いなら、それも関係あるんじゃないのかな。

特殊な価値観の家庭で育って大物の両親と同じ道に進んだら、他の人と考え方も合わないし、近寄ってくる仲間は、利用しようとしているか、頽廃的な遊び人ばかり。
どうしても享楽的になってしまうのは分かる。

勝新は芸術肌だったろうし、自分が自分の価値観で生きるのは良いけど、
子供は堅実な道にも進めるように考えて自分と同じに育ててはいけなかった。
刹那的な親のもとに育って刹那的な道しか進む先が無かった二世の宿命は、すこし哀れ。

親の立場で言うと
『誰に迷惑をかけるか判らないから
この子を残しては死ねない』
って思わせるような人だったと思う
他人からしたらそんな人でも
大切な愛する我が子だったんだろうな

一時、よく玉緒さんと一緒にバラエティに出てだけど、あまり気の利いたリアクション取れずに場がシラケ気味になってた事が多かったように思います。正直痛々しかった。

あと、真剣で俳優さんを斬り殺してしまった事件、三谷幸喜さんが古畑任三郎の劇中で描いてましたよね。皮肉を込めたつもりだったのかな。

撮影中に、真剣を使い、エキストラの喉を突いて殺した、事件は戦慄物であった。
本人は映画に緊迫感を持たす為、とか弁明してたが、殺人である事はみえみえであった。
何故、事故として処理され無罪なのか、不思議で仕方なかった。
勝新プロが遺族に裏から手を回したと、言われていた。

こんな気のふれた奴が、いくら勝新の息子と言えど役者は無理だろう、と思ったが、やはり大成しなかった。

いい死にかたはしないだろう、と思っていたが、そのとおりになっている。

少しビックリした!因果応報

孤独死は気の毒ではあるか、彼が起こした真剣での死亡事故も真実は闇。
竹光や模造刀と真剣を取り違えるなど考えづらく、本人は承知の上で真剣を使ったのではないかと、当事から憶測が絶えなかった。もしかしたら危ない人物なのではないかという疑念は晴れることなく、その後の活動に大きな影響を与えた事に間違いない。
まさに因果応報。被害者にも本人にも改めてお悔やみを申し上げます。

スポンサーリンク

鴈龍 死去、終わりに

ネットでは、やはり真剣での事件が話題となっていますが。

親である玉緒さんの気持ちを考えると、このあまりに若すぎる死、とても辛いでしょうね。

ご冥福をお祈り申し上げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました