徳武竜也 声優廃業の詳細【本人コメント全文】ネットの反応は?

スポンサーリンク
芸能人

「賭ケグルイ」の鈴井涼太役、「アイドルマスター SideM」の九十九一希役で知られる声優の徳武竜也さんが、2019年12月31日をもって声優業を廃業すると表明しました。

12月3日に所属事務所のオフィシャルサイトで、徳武さん本人がコメントを発表しています。

スポンサーリンク

徳武竜也 声優廃業、内容

 コメントの中で徳武さんは、「皆様には心から感謝しております。応援頂いている中、ご期待に応えることができず本当に申し訳ありません」とファンや関係者に向けて感謝と謝罪の言葉を語り、関わってきた作品やキャラクターのことを「変わらず愛して頂けますと幸いです」とつづっています。

 また、これまでの活動を振り返り、「お仕事をしている中で得られた感動や皆様から頂いた想いは決して忘れる事のない宝物です」とコメント。その宝物を胸に新しい道へ進めるよう精進すると、決意を表明しています。

 徳武さんの発表を受けて、「SideM」で橘志狼を演じている声優の古畑恵介さんはTwitterを更新。

「ツキクラからはじまり、ユニットでも一緒で、SideMでも同期で、ずっと一緒に切磋琢磨してきた仲間のひとり」と称する徳武さんの廃業に悲しみつつも、応援したいと胸の内を明かしています。

 ファンからも、

「Twitter辞めた辺りからなんとなく察してたけど、切ない」

「この先の人生が貴方にとって輝かしいものでありますように」

「夢色VOYAGER聞いて歌詞を改めて噛み締めて泣いた。新たな旅立ちが素晴らしいものになりますように」

と悲しみと激励の声が多くあがっています。

 所属事務所のコメントによると、徳武さんへの手紙、メッセージは2020年1月末日まで受け付けているとのことです。

スポンサーリンク

徳武竜也 声優廃業、 徳武竜也さんコメント全文

いつも応援して頂いている皆様へ

この度は突然のご報告となりましたこと、心よりお詫び申し上げます。

私、徳武竜也は2019年12月31日を持ちまして、声優業を廃業させて頂くこととなりました。

デビューからこれまで、関わらせて頂いた作品、キャラクター、スタッフや関係者の皆様、

そしてなによりも支えて下さったファンの皆様には心から感謝しております。

応援頂いている中、ご期待に応えることができず本当に申し訳ありません。

皆様には、どうか、これからも前へ歩み続けるキャラクターや作品を、変わらず愛して頂けますと幸いです。

お仕事をしている中で得られた感動や皆様から頂いた想いは決して忘れる事のない宝物です。

その宝物を胸に、私自身も新たな道へ進むことが出来るよう精進して参ります。

改めまして、これまで応援して下さり誠にありがとうございました。

ねとらぼ
スポンサーリンク

徳武竜也 声優廃業、ネットの声

声優は人気職業になりましたが、志望者の多さも知られており、プロになっても厳しいのが実情です。

20年前に比べて深夜帯のアニメ作品数が増えたものの、これ以上の作品数増加は見込めず、座るイスの絶対数が限られています。また劇場版アニメなどでも俳優を起用するケースが定着しています。そもそも、人気や実力のある声優から順に起用され、その流れが続く傾向にあるのも確かですね。

なお公式発表に「一切の芸能活動の廃業」の理由に触れられていません。よほどの事情があるのだと思われます。

声優業が厳しい一方で、ディズニー映画の声優キャストはタレントが務めている現実。
ジブリもそうだが、本業でやってる人達がいるんだから話題性ばかりを追わずにクオリティーを高くしてほしい。
そうすれば声優さん達の仕事やギャラも増えるんだから。

タレントのズレた声の演技をされると、たまに冷める。
本業の彼等が別の道を模索するようになってしまったら、おしまいだぞ。

「芸能界引退」じゃなくて「声優業廃業」ってことは俳優やら歌手やらでやっていこうってことでは。事務所も移るならこういうアナウンスも義理立てのために必要だろうし。

今は男性声優は厳しいよねぇ
シンデレラガールズの薫ちゃんの中の人みたいに
会社員をやりながら続けてる人もいるし、続けてほしいなぁ
アイマスの仕事はずっとあるだろうし

オーディションに合格することが、どんなに苦しいか、娘が以前やっていたからわかる。食えないんですよね、一作や二作程度出たからといっても、続けて仕事があるわけではありませんよね。仕事掛け持ちしながらでも、頑張って欲しかったです。男性声優は、他に需要がないから、消えていく難しい仕事ですよね。良い作品があっても、俳優さんがやってしまうから、声優さんは仕事ありませんよね。

男女共に厳しいなぁ~って思った。
そしてもう似た声質の人達ばかりになってきた。
やはり中堅に残れないと終わりだな。
近年…業界側はベテラン・大御所の似た声質を残そうと躍起になってたし…
次はそのうち中堅の似た声質を残そうと躍起になるに違いない。
今いる新人や頑張ってる人達もタダの代わりって感じになってくんだろうなぁ~って思った。
頑張って残るなら仕事を選ばず主役のサブやモブなので頑張って実績を残してかないと厳しいんだろう。

2月発売のアイマスCDが、徳武さんの九十九先生がきける最後のCDですので、せめて買って応援します。
今まで素敵な九十九先生をありがとうございました。

後続キャストがうまいこと決まれば、次の周年ライブでお披露目するのかもしれない。
雪歩の時もそうだが、キャスト変更はさびしい。

理由かわからない(病気? 将来に不安? あるいは他になんか?)から
この声優さんについては何とも言えないけど、まぁぶっちゃけ
供給過多すぎるフシはあるからなぁ。

むしろ一応看板の役があって、まだこうやって記事になるだけ
いい方なのかもしれん。

スポンサーリンク

徳武竜也 声優廃業、終わりに

ネットでは、「寂しい」とのコメントや、「理由が分からない」とのコメントまで、様々な意見がありました。

今後、徳武さんは、どんな活動をしていくのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました