小林麻耶 舞台初挑戦の詳細【本人コメント】怖いもん見たさ?

スポンサーリンク
芸能人

フリーアナウンサー小林麻耶さん(40)が、初舞台を踏むことが26日、分かりました。

三谷幸喜氏さん(58)が1996年に「劇団東京ヴォードヴィルショー」のために書きおろした「アパッチ砦の攻防」が原作の舞台「罪のない嘘~毎日がエイプリルフール~」(来年1月9~19日、ヒューリックホール東京など)で、あるマンションの一室をめぐって繰り広げられるコメディーだという。

スポンサーリンク

小林麻耶 舞台初挑戦、内容・コメント

小林さんは主人公・鏑木研四郎(佐藤B作)の娘・ちよみ(菅原りこさん)の恋人・堤君(辰巳雄大さん)の母親・タミ子役を演じるという。

三谷幸喜さんの作品に出演できると聞いた時、あまりのうれしさに跳びはねてしまいました。今回が舞台初挑戦となりますが、佐藤B作さん、片岡鶴太郎さん、鈴木杏樹さんをはじめ、共演者の方々から多くを学ばさせていただき、日々成長できるよう一生懸命頑張ります。情熱があふれて出てきており、ワクワクが止まりません」と語っています。

スポンサーリンク

小林麻耶 舞台初挑戦、ネットの声

ぶりっ子がキャラだった田中みな実の方が、懐が深くて成功しちゃったね。
この人は、ぶりっ子が素に近いんじゃ救いようがない。
旦那とのセット売も嫌悪感を増すだけ。

摩耶さん出すだけで醜いと痛感するのは私だけでしょうか。

この人引退したはず

怖いもん見たさを
狙ったか!

衣装着物か!やっぱり着物の中はノーパンかなぁ。

事務所の生島ヒロシ会長はやり手よのう

アレ?引退したよね?
金欠なのかな(笑)

スポンサーリンク

小林麻耶 舞台初挑戦、終わりに

ネットでは、厳しいコメントが多かったです。

「怖いもん見たさを狙ったか!」との声まで!

果たして、どんな舞台になるのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました