お笑いトリオ・我が家 解散危機インタビュー【動画】杉山の酒癖詳細!

スポンサーリンク
芸能人

坪倉由幸さん(42)、谷田部俊さん(41)、杉山裕之さん(42)のお笑いトリオ「我が家」。

今、解散の危機が迫っていると話題になっています!

実際のところ、どうなのでしょうか?

スポンサーリンク

お笑いトリオ・我が家 解散危機、内容

2012年には杉山さんが福岡を拠点に活動することが発表されるなど、トリオ仲を不安視する声もありましたが、9月に放送されたテレビ朝日「ロンドンハーツ 深夜の家庭訪問」で坪倉さんが杉山さんの酒癖や素行の悪さを暴露。

解散まで考えたことを明かし、それをきっかけにトリオ再生プロジェクトとして「我が家」公式YouTubeチャンネルを開設し、11月16日から「我が家・杉山の悪口を1000個いただくまで帰れない酒場」を配信することになりました。

取材中も、何度も沈黙の時間が流れ、生の感情がぶつかりあうような空気となりましたが、赤裸々という言葉では足りないほど、3人がリアルな思いを明かしたという。

スポンサーリンク

お笑いトリオ・我が家 解散危機、インタビュー

杉山:僕は、過去にやってしまったことを純粋に謝罪し、まず、そこにわざわざ来てくださったこと。そして、別に言わなくてもいいというか、言うことにすごく力が要るようなことをわざわざ言ってくれていること。それに対して感謝する。その思いでいっぱいでした。

谷田部:もちろん、杉山だけに「お前がちゃんと直せ!」と言うことではなく、僕ら3人で「我が家」としてもう一度やっていく。それが一番の趣旨なので、杉山だけじゃなく、僕と坪倉も変わらないといけないと思っています。

坪倉:7時間収録をしながら、僕が再確認したのは「杉山は変わらない」ということも覚悟するということ。42年、それできたんだから、そうそう変わらない。変われない。だったら、嫌われ続ける。文句を言われ続ける。今後も。じゃ、その現実を受け止めた時に、芸人として、そこをどう返すのか。相方として、その杉山をどう活かして笑いにするのか。それをこちらも考えないといけないなと。

杉山:…。

坪倉:なので、変にいい奴ぶって、カッコつけないでくれと。おかしいなら、おかしいことを前提にこっちも考えるからと。これは前から思ってたんですけど、お酒絡みのトラブルで一回捕まればいいのにと。それくらいじゃないと、心底懲りない。気づかない。もちろん、そんなこと本当にあったら、大変ですよ。でも、そんな考えが出るくらい、周りは思い悩んできたということですからね。

杉山:僕はこの企画をやらせてもらって、気づきましたというか。その、やっぱり、酔っぱらって分かんなくなってやったことを、わざわざ来てくださった皆さんからの本当の思いと、本当の言葉で直接聞いた。本当に変わらないといけない。本当に反省しなきゃいけない。ここに来て、悪口を言ってくれる。その時点で、まだ見捨てられていない。でも、ここでちゃんとしなかったら、もう次はない。それくらいのことを皆さんにしてもらっているんだなと。

坪倉:…。

杉山:それプラス、芸人という仕事をしてますから。そうやって言ってくださったことを受けて、ただただシュンとしているだけではいけない。心で感謝しつつ、感謝しているからこそ、芸人として言われたことを笑いに変える返しもしないといけない。それが、この仕事としての“ありがとうございます”になると思っています。

―7時間の中で、最も心に突き刺さった言葉や瞬間は?

坪倉:僕がすごく思ったのは、悪口が多ければ多いほど、まだ愛されているんだなと。それを一番感じたのは「ロッチ」の中岡さんでした。これは後から聞いた話ですけど、中岡さんは「本当は出たくなかった」そうなんです。悪口言ってもかわいそうだし、ずっと言い続けたら立ち直れないくらい杉山がダメージを負うんじゃないかと思って。でも、フタを開けてみたら、しっかりと悪口を言ってくださった。しっかりとボコボコに攻撃してくださった。そこまでやってくださるということは、どういうことなのか。それがひしひしと伝わってきました。

杉山:今まで、周りの人たちへの感謝が本当になかったんだなと…。スタッフさんもそうだし、今回わざわざ悪口を言いに来てくれた芸人さんもそうだし、自分のために動いてくれている人がいる。それを今回の企画で改めて痛感したというか。当然、そこには感謝の思いがあってしかるべきなのに…。

―7時間、杉山さんを見ていたお二人としての思いは?

坪倉:正直、そんなにすぐ変わるとは思っていなくて。変わろうとしているのは分かりますけど、僕はまだ変わったとは思っていない。そして、反省するだけじゃ、芸人としてはつまんない。反省して、自分がどんな人間か分かった上で、どう相手と接していくか。7時間を経て、感謝は勿論ですけど、自分が分かったと思うので、そこを踏まえて、じゃ、そういう人間だったら、どうすれば面白くなるのか。こんな自虐はどうだろう。こういうツッコミが面白いんじゃないか。それを考えるのが今だと。いい奴になれとは一つも思っていなくて、何よりもまず今の自分で面白くなることを考えてくれと。いい奴にはなれるとも思ってないし、なれるわけないし。

杉山:…ん~。「なれるわけないし」は言いすぎだね。

谷田部:いや、これはね、なれないんだよ。そこをまず認めるところからスタートしないと。「いい奴にはなれない。ただ、面白い返しはしよう」。それでいいんだよ。あとはさっきから出てる感謝。本当にシンプルに「悪くてもいいから、笑いにする」。それだよ。

坪倉:これだけのことをやってもらったんだから、今、解散ということはないです。でも、これだけやってもらって、ここで変わらないともうダメだとは思っています。それは杉山だけじゃなく「我が家」がもうダメだという意味で。

谷田部:杉山がどうなっても、どんな奴であったとしても、オレと坪倉が変われば、その杉山をうまく活かすことができるかもしれない。それでこそのトリオですから。

坪倉:だからこそ、これでダメだったら、もう3人でいる意味は今度こそないのかなと思っています。

【Yahoo!ニュースより引用】

スポンサーリンク

お笑いトリオ・我が家 解散危機、杉山の酒癖の悪さ詳細

スポンサーリンク

お笑いトリオ・我が家 解散危機、動画

こちらが話題の「我が家」公式YouTubeチャンネル、 「我が家・杉山の悪口を1000個いただくまで帰れない酒場」 です。

「お笑い界のジョーカー」悪のカリスマが爆誕 2019年11月16日(土)公開【我が家 杉山】
スポンサーリンク

お笑いトリオ・我が家 解散危機、終わりに

我が家、大丈夫でしょうか?!

杉山さんの酒癖の悪さは、以前も紹介していますが・・・

やはり直らないのでしょうか?

面白い芸人さんが解散してしまうのは、とても残念なことですね。

まだ、解散が決まったわけではないですが、今後が不安です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました