岡田准一 猫耳姿!岡田准一は身長サバよんでいた?!

スポンサーリンク
芸能人

ソフトバンクのテレビCMシリーズ「ギガ国物語」の新作「旅立ち」篇が、7月26日から全国で放映される。

慢性的な「ギガ不足」に悩まされている「ギガ国」を舞台にした「ギガ国物語」シリーズ。岡田准一さん演じるリーダーの「オカダ」、土屋太鳳さん演じる真面目で純粋な「タオ」、白石麻衣さん演じる冷静沈着な「シライシ」、北村匠海さん演じる気弱で他力本願な「タクミ」の4人の旅人と、内田真礼さんが声を演じる高性能AI搭載ロボット「サトウ」が様々な現状に直面しながら旅をする様を描いています。

“Stand by Me”を使用した「旅立ち」篇では、「ねえ、何の動画見る?」「そうね」というタオとシライシのやりとりや、タクミが「やっぱ猫動画だな!」と答えるとオカダが「ああ、そうだにゃ」と返す場面、猫の話題を続けようとするタクミをタオとシライシが目で制する様子、いつのまにか猫耳をつけていたオカダの姿などが映し出されている。今回はオールCG撮影となっているそうだ。

ギガ国物語「旅立ち」篇(30秒)
スポンサーリンク

岡田准一 猫耳姿!プロフィール

  • 名前 岡田准一(オカダ ジュンイチ)
  • 職業 俳優・アイドル
  • 生年月日 1980年11月18日
  • 出身 大阪府出身
  • 血液型 B型
  • アイドルグループ・V6および、Coming Centuryのメンバー

TBS系『木更津キャッツアイ』に出演し、2003年には 『木更津キャッツアイ』 の映画が公開される。 『木更津キャッツアイ』 で、木更津市民栄誉賞を受賞。

また、2013年公開の映画『永遠の0』で『第38回日本アカデミー賞』主演男優賞最優秀賞を受賞。その他、映画『陰日向に咲く』、『天地明察』、TBS系ドラマ『タイガー&ドラゴン』、フジテレビ系ドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』、NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』などに出演。

2017年12月、女優の宮崎あおいと結婚

スポンサーリンク

岡田准一 猫耳姿!身長サバよんでいた?

岡田さんには以前から根強く身長のサバ読み疑惑が噂されており、プロフィールに掲載されている『169cm』という数字は虚偽のものではないかと言われているのです。

実はアカデミー賞で優秀主演男優賞を受けた5人のうち、岡田さん以外の4人は全員が高身長で、岡田さんだけが異様に小さく見えるシーンがありました。

その時の画像がこちら。

並んでいるのは左から役所広司さん(179cm)、中井貴一さん(181cm)、佐々木蔵之介さん(182cm)、阿部寛さん(189cm)と意図的と思えるかのように高身長の俳優ばかりが並んでいたのです。

もちろん俳優というのはビジュアルが重要なのでしょうから、身長が高い人が集まるのは自然な流れかもしれないのですが、そのせいで岡田さんだけが異常に小さく見えることとなってしまったのでしょう。

そして気になる本当の身長ですが、調べた限りでは“163cm~165cm”くらいではないかと。

やはり岡田さんの身長は俳優としてはかなり小さく、165cmだと断定する記事もあるのですが、場合によってはそれよりも小さく見えています。

スポンサーリンク

岡田准一 猫耳姿! おわりに

撮影では、猫耳をつけて「ニャンだって!?」と真顔で振り返る岡田さんに、冷ややかな目線を送るはずが思わず笑ってしまう土屋さんと北村さん。

「はい、カット!」と声がかかると、白石さんまで思わず笑ってしまったという。

ところが、歩きながら同じシーンを重ねると、慣れてしまったのか真顔が保てるように。岡田が「あれ? もう笑ってくれなくなってきた…」とちょっと悲しそうな表情を浮かべると、北村さんが「いや! まだまだ面白いですよ!」とフォローする。

そして、岡田さんが何とか笑わせようと次のカットで「ニャンだって!?」と一層激しく振り向くと、「うわあ、びっくりしたー!!!」と爆笑の土屋さん。

ずっと4人で歩くシーンで長い撮影に疲れたみんなを和ませようと、優しさあふれる岡田さんだったという。

今回の岡田さんの猫耳姿は、ファンにはたまらないのでは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました