加藤浩次 報告した番組内でケロポンズと盆踊りでスッキリ!?

スポンサーリンク
芸能人

本日のスッキリで詐欺グループへの闇営業問題から発展した吉本興業の一連の騒動で、23日に同社の大崎洋会長(65)と面談を行ったことに言及した。

加藤は「大崎会長が持ち帰らせてくれと。平行線のまま」と、吉本興業の退社を“保留”したことを明かす。面談の内容について、やや短めに紹介した後は、MCとして淡々と番組を進行。

約1時間45分が経過した頃には、ゲストの「ケロポンズ」らと「エビカニクス音頭」を一緒に踊りだした。

エビカニクス音頭/ケロポンズ
スポンサーリンク

加藤浩次 報告した番組で共演したケロポンズとは?

1999年に結成。あそびうたの作詞・作曲・振付を手掛け、親子コンサートや、保育士・幼稚園の先生を対象とした保育セミナーに出演。

結成以来年間90 〜100公演、年間平均動員数は30,000人を超える。

育児雑誌や保育雑誌に子どもとのふれあい遊びの紹介記事を執筆、楽曲・振付の提供、絵本の創作等も行う。代表作にCD「エビカニクス」、DVD「ケロポンズとあそぼう!」、書籍「ケロポンズのあそびねた」、CDつき本「ケロポンズのおやこであそぼ」等がある。ユーチューブ動画「エビカニクス」は累計4,000万回を突破(2018年8月)。作詞、作曲を手掛けた歌や、考案したあそび歌は1000作品を超える。

メンバー

増田 裕子(ケロちゃん)

4年間の幼稚園勤務ののち、フリーに。1987年バンド「トラや帽子店」を中川ひろたか、福尾野歩と結成。11年間、年間100公演以上を行うカリスマバンドとして、親子や保育士に絶大な人気を誇る。2000年「トラや帽子店」解散後、「ケロポンズ」としての活動を本格化。

平田 明子(ポンちゃん)

巨漢コーラスグループ『モーモーズ』の元メンバー。「トラや帽子店」のファンで800人規模のコンサート誘致をきっかけに増田裕子と知り合い、幼稚園教諭として5年間勤務しながらピアノ伴奏を務める。1999年「ケロポンズ」結成。

エビカニクス/ケロポンズ【2019年夏2つのBESTアルバム発売&20周年記念親子コンサート開催!(8/4@(日)浅草公会堂)】
スポンサーリンク

加藤浩次 報告での番組共演ネットの反応は?

朝のスッキリ見てホッコリ。 いい番組だな〜〜〜 私は好きです👍 ここでのケロポンズと だいすけお兄さん出演は ナイスすぎる  

ツイッター

スッキリ📺️で、だいすけお兄さん&ケロポンズがコラボ‼️エビカニクス音頭で和むわ🤗💕盆踊りで加藤さんも春菜さんも笑顔でスッキリっす

ツイッター

今日父はテレビに出てたケロポンズのダンスを嬉しそうに踊ってから仕事に行きました。

ツイッター

この夏の盆踊りに是非踊っていただきたい2曲のご紹介。 『エビカニクス音頭<ケロポンズ>』 全国的に踊っていただけたら嬉しい(^ ^)。 『溝の口音頭<天体戦士サンレッド>』 溝の口あたりで踊っていただけたら嬉しい(笑)

ツイッター
スポンサーリンク

加藤浩次 報告 最後に

 騒動を感じさせない笑顔で夏祭りムードを演出して終えると、加藤は「僕、こんなことやっている場合じゃない」と汗を拭いた。

すると「天の声」こと南海キャンディーズの山里亮太(42)からは「いや~こう、笑顔でやっていると嫌な気持ちでも、一瞬でも晴れるものだね~」。

加藤も「気分が晴れるね。盆踊り大事ですね~」と続いた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました