千秋 飯島愛【貴重2ショット】飯島愛が生前明かした言葉が泣ける!

スポンサーリンク
芸能人

タレント・千秋さんが10月31日、インスタグラムに2008年12月に急逝したタレント・飯島愛さん(享年36)との2ショット写真を投稿しました。

10月31日は飯島さんの誕生日。

千秋さんは飯島さんとの思い出をつづり、“47歳”の誕生日を祝い、追悼しています。

スポンサーリンク

千秋 飯島愛、概要

イメージは真逆の2人だが、気は合ったという。

インスタでは在りし日の飯島さんがはじける笑顔を見せている2ショット写真を5枚公開。

20代の頃、飯島さんから「私はね、もし不治の病になったら、それを全部見せていこうかなあって。だんだん骨と皮になっていくのも、隠さず何でも見せようかなって。芸能人として、それもアリじゃない?」という話をされたことを明かしました。

 闘病の日々を最後まで撮影して見せる。

その考えを明かした飯島さんは「だから千秋とか、私が死んでも悲しんだり泣いたりしないでよ。またねー!ばいばいきーん!みたいな。笑ってよ」「深刻なのとか悲しいのとか嫌だから」と話していたという。

 飯島さんは2007年3月、突然芸能界を引退。

2008年のクリスマスイブに自宅で遺体で発見された。

死後1週間ほど経過していたという。

 千秋さんは引退の時も、亡くなった時も、「いつも通り」に振る舞ったという。

事務所やブログには「なんでいつもと同じなんですか?酷い。悲しくないんですか?」などと批判するメールや手紙が届いたというが、「その話が頭に残っていたからです」と理由を明かした。

 千秋さんは「愛ちゃん、お誕生日おめでとう」と祝福し、「今日はコメント欄を開けておきます。愛ちゃんへの想いがありましたら。」とつづった。

 インスタのコメント欄には飯島さんへのメッセージが次々と寄せられています。

スポンサーリンク

千秋 飯島愛、インスタ

View this post on Instagram

#倉庫片付けてたら昔の写真出てきたシリーズ 21 飯島愛ちゃんとタイに行った時の写真が出てきました🇹🇭 「千秋は『子どもっぽい、キュート』でしょ、私にはその要素ゼロ、いらない」 「愛ちゃんは『大人っぽい、セクシー』でしょ、わたしにはその要素ゼロ、あったら困る」 「だから私達って真逆だよねー、ひとつも被んないよねー」 番組で一緒になった時はいつもお互い軽口を叩いていました。 ある日、まだ二十代の頃かな、病気がテーマの番組に出た時がありました。その休憩時間に、そのことについて話したことがあります。 「ねぇ千秋、もしいつか、不治の病になったら、芸能人としてどうする?」 「うーん、お仕事を休業して治療に専念するとかかなあ。」 「最後はどうやって発表する?」 「えー、後から家族か事務所がお知らせするんじゃないの?」 「私はね、もし不治の病になったら、それを全部見せていこうかなあって。だんだん骨と皮になっていくのも、隠さず何でも見せようかなって。芸能人として、それもアリじゃない?」 「ふうん。番組が追いかけるの?また来週!って?」 「うん、レギュラー笑」 「じゃあ、最後まで撮影するとかなの?」 「うん。そんな番組があったらね。そこにみんながお見舞いとか来てさ。バイバーイ!って明るい感じ。だから千秋とか、私が死んでも悲しんだり泣いたりしないでよ。またねー!ばいばいきーん!みたいな。笑ってよ」 「わかった。もしそうなったら、明るくするね」 「そうそう、そんなのがいいよね。深刻なのとか悲しいのとか嫌だから」 愛ちゃんが芸能界を辞める時、愛ちゃんがいなくなった時、テレビの前でわたしがいつも通りだったのはその話が頭に残っていたからです。 「仲良いと思ってたのになんで泣かないんですか?失望しました。」「なんでいつもと同じなんですか?酷い。悲しくないんですか?」「なんでブログに追悼コメント出さないの?みんな書いてるのに」その頃、何通か、ブログに問い合わせメールや事務所に手紙が届きましたので、そう感じている方が少なからずいたのでしょう。遅いですが、こういう訳でした。それが良かったのか悪かったのかはわかりません。 最後の写真は、ガラスだらけの愛ちゃんのお家からもらってきたガラス玉。「なんでこんなガラスだらけなの?」「わかんない。綺麗じゃん」「一個ちょうだい」「三つあげる」 愛ちゃん、お誕生日おめでとう🎂 ・ ・ 「え?千秋、年上なの?嘘でしょ?そんなの絶対信じない。逆サバ読んでるでしょ。免許見せて」 #飯島愛 #aiiijima #タイ #ロケ #thailand #thai #チロル社 #東京punx #千秋旅日記 #ガラス雑貨 #ガラスの地球 #千秋コラム 今日はコメント欄を開けておきます。愛ちゃんへの想いがありましたら。

A post shared by 千秋/Chiaki magazine (@chiaki77777) on

スポンサーリンク

千秋 飯島愛 、ネットの声

40才前後の男なら彼女の作品を見た事ある人が
ほとんどなんじゃないかな?
私もそう。
小学校6年の時に友達の家に集まって
友達のお兄ちゃんが所持していた彼女の作品を
見て性を意識し始めたと言っても過言じゃない。

引退して芸能人となってからは『AV女優』であった事すら忘れてしまうぐらいに庶民的なタレントで、きどらない姿が好印象だった。

亡くなったのは36才だったんだ。
いつの間にか愛さんの年齢を超えていたのか。

よく行く飲み屋の片隅に、飯島さんの写真が飾ってある
来店した折に撮影したものだとか……

亡くなられて10年以上ですか
時が過ぎるのは早いですね

千秋がどれだけ飯島愛ちゃんに本当の意味で愛情を持っていたかと言う事がよく伝わってきますね。誕生日もきちんと覚えていて愛ちゃんとの約束もきちんと守って本当に義理堅い人なんでしょうね。愛ちゃんは私の中にいつまでもいるんだよっていうふうに聞こえますよ。

何だろうね、飯島愛の事をフッと思い出すと
自然に涙が出る。
テレビの中だけしか知りませんが勘の良い人だったね。誕生日おめでとう!

本名が古風な名前だったのを覚えてる

忘れられていく人も多い中、今も名前が出てくるのは人柄なのかな

飯島愛さん、中居君が司会の番組でレギュラーとして輝いていた頃を想い出すな。もう10年経過するのか?月日が過ぎるのが早く感じるな。

飯島愛といえば、亡くなる少し前に出演した番組で
なんでみんな韓国のことになると黙るの!?おかしいよ!
といった事を主張していたのが印象的だった。

ああ、この記事や死因とはなーんにも関係ない話でしたねw
すみませんw

スポンサーリンク

千秋 飯島愛 、終わりに

千秋さん、飯島さんのことを、本当に心から好きなんですね。

写真からも、伝わってきます。

飯島さんの 「だから千秋とか、私が死んでも悲しんだり泣いたりしないでよ。またねー!ばいばいきーん!みたいな。笑ってよ」「深刻なのとか悲しいのとか嫌だから」 というのが、印象的ですが。

千秋さんは、この言葉を守っての過去の行動だったんですね。

それを知らずに誹謗中傷していた人たちは、酷いですね。

今、きっと天国で飯島さんは、笑っていてくれることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました