平野レミ 生放送 涙の真相!夫・和田誠の死去にコメント!

スポンサーリンク
芸能人

料理愛好家の平野レミさん(72)が29日、NHK「ごごナマ」に生出演。

夫でイラストレーターの和田誠さんが7日に亡くなったことで届いた視聴者から励ましの言葉に、涙をこぼしたという。

スポンサーリンク

平野レミ 生放送 涙、概要

人気作家の本の装丁やポスター、週刊誌の表紙などさまざまなジャンルで活躍した和田さんが、肺炎のため83歳で死去。

平野さんは夫へのメッセージを持参したが、「読もうと思ったけど息が詰まっちゃうから」とし、安部みちこアナウンサー(41)が手紙を代読しました。

 「先日、夫の和田誠が83歳で逝ってしまいました。私は今こうしてお料理の仕事をさせてもらっておりますが、きっかけを作ってくれたのは夫の和田さんでした。何でも好きなことをさせてくれたのも和田さんでした。和田さんには感謝しかありません。家では仕事の話をほとんどしない無口で静かな夫でしたが、私が仕事をすることに関してはいつも応援してくれました。だから私はこれからも天国の和田さんが美味しいよって言ってくれるお料理をどんどん作って、また元気に次の人生を楽しんでいきたいと思います。温かいメッセージをくださった皆様、本当にありがとうございました

 「第3のステージが今日から始まります。独身の時があって、結婚した時があって、また独身にかえっちゃって。でもなんか、未亡人って言葉はイヤですね」と平野さんは語る。

その後はキノコ料理を実際に作るコーナーを元気に担当した。

 番組終盤、視聴者からのお便りコーナーでは、こらえきれず涙したという。

「大好きなお料理で、たくさんの人を笑顔にしてください。ご主人様も天国から見守って下さってくれていることと思います。レミさん大好きです。頑張れ!」と励まされると、平野さんは「ダメだ」と頭を下げつつ、むせび泣いていた。

 ティッシュで涙をぬぐいつつ、「あー嫌だ、ダメだ。こんなことになると思わなかったからね」と話し、

でもね、私思うの。100年か200年後には、ここにいる人全部さ、いなくなっているからね。みんなそうなのよ!だから今を元気に生きましょうね!」と努めて明るく振舞った。

この様子に、番組MCの船越英一郎さん(59)も目頭を熱くしていたという。

スポンサーリンク

平野レミ 生放送 涙、ネットの声

物静かでとても器の大きい旦那さんだったんでしょうね。
大切な人を失った時、ぽっかり穴が空いてしまったような時間は辛いものです。
でも、旦那さんが褒めてくれたお料理、体調に気をつけて、これからもレミさんらしく楽しく紹介してください。

感情が豊かすぎて
以前までは
テレビ向けの演技かと思っていたけど
そういう人ではない事が分かった。
普通の人で良かった。
泣いていいんだよ!とエールを送りたい。

私は36歳独身です。
今後、いつか共に生きる事に成る出逢いがあるとして……『女性はこうあるべきだ』『こんな女性が居たら』などと述べる立場でもなければ、そんなに厚かましい好みもございません。

ただ……私が逝く時、レミさんの様に涙を流してくれる女性。

ただ……私が灰になった後、『私』を心の中に住まわせてくれる女性。

そんな女性が……そんな『夫婦』を望めるのであれば、幸せなのかと。

私が逝く時、愛しき女性に涙させる事は忍びないのですが、むせび泣いてもらえる様な夫に、父親に成れます様にと。

レミさん、素敵です。

また、もっともっと元気なレミさん、見せてください。

ちょうどテレビを拝見していました。
手紙の内容を聞いていて、もらい泣きしてしまいました。

ほんとうに配偶者を亡くすのは辛いらしいです。悲しい時は泣いてもよいと思います。
レミさんをずっと応援しています。

明るくお料理をしてくれる奥さんで旦那さんも
毎日幸せだったと思います。
レミさんももう少ししたらまた笑顔になってくださいね。

大切な人を亡くした人にこんなに冷たい言葉しかかけれない人がいるのにビックリ。
レミさん、頑張ってください。

実は騒がしすぎて苦手でしたが、本当にご主人を好きだった、愛情深い人なんだな、と思いました。悲しみはすぐには癒えないだろうけれど、少しずつ元気になってほしいなと思います。

確かに100年と少ししたら皆んな今生きてる人は居なくなる..人生って長いようで短いのかもしれませんね。でも寿命まで生きるのはいい事ばかりじゃないから長い..

スポンサーリンク

平野レミ 生放送 涙 、終わりに

ネットでは、みなさん平野さんを応援するコメントで溢れていますね。

悲しいし、寂しいでしょうが、きっと旦那様は、天国で見守ってくれています。

これからも、平野さんを応援します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました