八千草薫 死去の真相【若い頃の画像あり】白百合のような女優!

スポンサーリンク
芸能人

宝塚歌劇団出身で、ドラマ「岸辺のアルバム」などで知られる女優八千草薫さんが28日、亡くなった。

88歳だったという。

スポンサーリンク

八千草薫 死去、概要

八千草さんは2017年12月に人間ドックで膵臓(すいぞう)がと分かり、翌2018年1月に7時間に及ぶ摘出手術を受けました。

その後は抗がん剤治療などを受けて順調に回復、同年8・9月には舞台「黄昏」に主演し、ドラマ収録にも参加しました。

しかし、2019年1月に熱が出たため、病院で検査を受けたところ肝臓にがんが見つかった。

そのため、4月スタートのテレビ朝日系ドラマ「やすらぎの刻(とき)~道」にヒロインしの役で出演を予定していたが、降板。

風吹ジュンさんに代わった。

八千草さんは親交のある倉本聡さんの脚本ということもあって、仕事の続行を希望したが、医師の説得で降板を了承。

ただ、前作「やすらぎの郷」で演じた九条摂子役として前半部分で出演しており、摂子役としてがん公表から3日後に極秘で撮影に参加し、撮り終えていた。

また、復帰にも前向きで、所属事務所の公式サイトに「体調を整えまして、より一層楽しんでいただける作品に参加できるように帰ってまいります」と語っていました。

八千草さんは1947年に宝塚歌劇団に入団。

美貌の娘役トップスターとして活躍し、1957年に退団。

1955年に映画「乱菊物語」で監督と主演女優として出会った、19歳年上の谷口千吉監督と退団直後に結婚。

2度の離婚歴があった谷口監督との結婚に周囲は反対したが、八千草さんは恋を貫き通した。

当初は結婚後は家庭に入るつもりだったが、谷口監督は「女優も続けなさい」と後押ししたという。

その後もドラマ「岸辺のアルバム」「わたしの可愛いひと」、映画「雪国」「ハチ公物語」「ゆずり葉の頃」、舞台「二十四の瞳」「細雪」などに主演。

清純派から優しいお母さん役まで幅広く演じた。

山登りが趣味で、谷口監督ととともに日本の山々を登ったが、2007年に死別。

1997年に紫綬褒章、2003年に旭日小綬章を受章しました。

スポンサーリンク

八千草薫 死去、若い頃の画像

「八千草薫 若い頃」の画像検索結果
「八千草薫 若い頃」の画像検索結果
「八千草薫 若い頃」の画像検索結果
「八千草薫 若い頃」の画像検索結果
スポンサーリンク

八千草薫 死去 、ネットの声

この人、めっちゃ性格の良さそうなオーラ出してたよね。
俺には何の関係もないけど、悲しい気持ちになるという。
本物の女優とはこのことかもね

ショックですね…おっとりしてるけど、芯の強そうな、素敵な女優さんでした。
子供の頃からいつもテレビに出てたイメージがありますね。
かなり前だけど、亡くなった母と同じ昭和六年1月生まれなのには驚きました…。。
ご冥福をお祈りいたします。

ご冥福を御祈りします。

控えめながら凛として美しい白百合のような清純派の女優さんでした。
宝塚時代のスチール写真の美しさに驚いたのを鮮明に覚えています。
一時代を築き上げた貴重な方でした。

品のある方と言うイメージでした。
安らかに…ご冥福を心よりお祈りします。

宝塚出身ならではの上品で年を重ねても可憐な雰囲気を纏った素敵な女優さんでした。ご冥福をお祈りします。

世代が全然違うので清純なイメージの女優さんと思っていたら「ガス人間第一号」で妖艶な役を演じられていて驚いたのを思い出した

最近の豪雨による災害で岸辺のアルバムを思い出していた。再放送して欲しい。

スポンサーリンク

八千草薫 死去 、終わりに

八千草さん、国民から愛され、尊敬される女優さんでしたね。

ご本人は、もっと女優業を続けたかったことでしょう。

ご冥福をお祈りいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました