高橋真麻 二世帯同居の真相はこちら!新婚夫、マスオさん状態!

スポンサーリンク
芸能人

台風19号が過ぎ去り、急に寒さが増した10月中旬、東京都内の高級住宅街にある豪邸から姿を現したのは30代の男性。フリーアナウンサー・高橋真麻さん(38)の新婚夫・Sさんだったという。

スポンサーリンク

高橋真麻 二世帯同居、 ぬるっと婚

真麻さんが1歳年上の男性と結婚したのは昨年12月。

その3年ほど前から交際していたそうで、ドラマチックなプロポーズの言葉などもなかったことから、真麻さん本人は“ぬるっと婚”と呼んでいました。

新婚生活について真麻自身は今年10月にインターネット上のインタビューで次のように語っています。

《仕事は高橋の名前でやっていますし、父と一緒に仕事することも多く、親子の関係はほぼかわっていないです。主人との関係も、彼氏彼女の関係のときと何も変わっていなくて、お財布も別ですし、夫婦になった感覚がまるでなくて、良くも悪くも実感ゼロです》

女性自身
スポンサーリンク

高橋真麻 二世帯同居、真実は?

実は、真麻夫妻の新婚生活は、最近大きな変化を迎えていました。

真麻さんとご主人は、ご両親と二世帯同居をスタートしたそうです。

お父さんの英樹さんの強い希望があったそうです。

冒頭の真麻の夫・Sさんが出てきた豪邸は高橋英樹さん(75)が、40年前に建築した物件だったという。

100坪ほどの土地に、3階建ての住宅は延べ床面積約300平方メートル。4人で住むのでも“広すぎる”ほど。

37歳のときに生まれた一人娘の真麻さんを溺愛し続けてきた英樹さんにとって、二世帯同居は長年の悲願だったようです。

娘が選んだ男性は受け入れます。(娘のために)二世帯住宅でも、三世帯住宅でも、ノアの方舟でも作ります

英樹さんのブログによれば“ノアの方舟計画”ならぬ“二世帯住宅計画”は真麻の結婚直前から発動し、着々と進行したもよう。

《朝から家のリフォームについての相談を(40年前に家を建てた時の)仲間と一緒にバリアフリーの検討会! 建築をしてくれた人は車椅子で参加!》(’18年10月31日付)

《急な娘の結婚を機に断捨離から 一年半おいてバリアフリーにしよう!となり リビングの石のフロアをフローリングでまったいら!にしました》(’19年5月29日付)

実は高橋家の改造工事はバリアフリー対策だけではなく、二世帯生活対策のものも施されていたのだという。

「芸能界きっての仲よし父娘として知られている英樹さんと真麻さんですが、同居に関しては温度差もあったようです。真麻さんからすればまだ新婚1年目ということもありますし、2人きりの時間も大切にしたかったようです。またご主人に自分の両親との同居をお願いするのも気がひけたのではないでしょうか」と、 高橋家の知人は語る。

――ご両親と二世帯同居を始めたと伺いましたが?

「ええ、まぁ、そういうことになりました」

――同居に関しては、お父さまが望まれていたそうですが?

「細かいことは、また改めてどこかでお話しします(笑)。誰が言い始めたかは、よく覚えていませんが、結果的にこういう形に落ち着きました」

突然の取材に戸惑いながらも、笑顔で応じてくれていた真麻だったが、話が夫のことにおよぶと、少し真顔になった。

――ご主人からすると、いわゆる“マスオさん同居”ということになりますね?

「……うーん、どうでしょうね。でも両親のスペースも、私たちのスペースも、それぞれプライバシーは守られるようになっているんです。お互いがあまり干渉しすぎずに、いい距離感を保てていると思いますよ。ただ一つ言えるのは、両親とはいっしょの家で暮らしていますが、私はもうS家の人間だと言うことです。そう、S家の嫁ですので! ではこれで失礼します」

女性自身


インタビューした記者は、「“S家の嫁”という言葉を発したとき、真麻さんの顔が少し誇らしげに輝いていたのが印象的だった」という。

二世帯の距離感がうまく保たれているというのは、半年にも及ぶリフォーム工事の成果でしょう。

アナウンサーとしてのバランス感覚も評価されている真麻さん。

スポンサーリンク

高橋真麻 二世帯同居、ネットの声

他人事だけど、旦那さんは本当によかったのだろうか?
同居は、家族でも難しい事多いのに。

父子愛が強すぎると、ご主人がよほど心の広いかたでないと夫婦はうまくいかないような気がします。

豪邸で広く、プライバシー守られてるなら住宅費もいらないしいいとは思う、娘の立場なら。近くに親がいていつでも頼れる環境なんて最高。
旦那さんは逃げられなくなった感じだね。仲悪くなったら悲惨だ。

一度、高橋英樹さんと沖縄のホテルの露天風呂で一緒だったが、普段の行動もテレビと同じ、それ以上に性格の良さがにじみ出てた。

超大物芸能人なのに。驚いた。

旦那さんもそれが嫌ということはないだろうし、なにせ、港区の一等地にタダで住めるなんで、マスオさんといわれようがうらやましいと思っている人は多いのでは?
しかも、真麻さんも自分で稼いでいて。旦那さんは独身の時よりも、家賃が、おそらく食費もかからないし。

二世帯でも、マスオさんでも、普通とは真逆の、うらやましすぎる二世帯同居。

テレビで高橋英樹が断捨離の話を
していたときに同居するのかなと
思った。
お金があるし、広いから
プライバシーを守れる家に
できるよね。
新婚だけど、子供ができたら
親に面倒みてもらえるし
働きやすいし
親はなんかあった時に
側にいれば安心かな
玄関もキッチンも2つあったほうがよいかな。旦那さんがしんどいはず。
でも、真麻と結婚したから
豪邸に住めるね、親つきだけど。

難しいと思いますよ…
お互いに最初は気をつけていても、
虫の居所が悪かったり、仕事でしんどかったりすると、いい顔ばかりできないこともある。
挨拶するしないとか、
こうしてあげたのにお礼がないとか、
長い間には、小さいことの積み重ねで関係が悪化してしまう。
あと、子供をめぐってもめ事になったりもする。
教育方針だとか、躾について食い違った時、
高橋家の3人はまあ同じ価値観だろうけど、
旦那さんにしたら1人になっちゃうんですね。
真麻さんが親と喧嘩してでもご主人につかないと、
ご主人の立つ瀬がないと思うが、
親がそれをどこまで理解するかですよね…
二世帯じゃなくて、スープの冷めない距離くらいで
毎日は顔合わせないほうが上手くいくと思う。
せっかく結婚したんだから、少し距離置いて仲良くしたらよかったんじゃないかな。

娘への溺愛が、娘の離婚に繋がらなければいいのですが。
普通のマンションの各階の住戸のようにプライバシーがしっかりと別れていて、旦那さんのいる時間帯に関わりを持たなければいいのですが。
両親は、娘が近くにいる事だけで満足できればいいけど、近すぎると、ついつい口を挟みがち。上手く行くかなー?
孫ができたら、更に溺愛!ヤバイかも。

なんか お金がある親で羨ましいなーって気持ちしか湧かなかった。
うちは謎に75まで住宅ローン組んでた 貧困な親への資金援助が開始しそうだから
裕福である事が羨ましいし
正直お金があれば関係も良好には普通やないよりは損得勘定になるんだろうけど保ちやすいよね。
これだけしてもらってるからとか 徳な面もあるしとか。うち 金なくて 変わっててだから まー
旦那も煙たそうにしてるよね。

スポンサーリンク

高橋真麻 二世帯同居、終わりに

真麻さんご夫婦、大丈夫でしょうか?

ネットでは、色んなコメントがありました。

ですが、やはり同居は難しいのでは?という声が多かったとおもいます。

核家族化が進む日本では、いいことと、感じる人もいるかもしれませんが。

夫婦の時間、適度な距離感、これらは大切です。

真麻さんご夫婦の新婚生活がこれからも上手くいきますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました