なだぎ武 TV離れ 理由の真相はこちら!陰の恩人は宮本亜門?

スポンサーリンク
芸能人

ピン芸人ナンバーワン決定戦「R-1ぐらんぷり」で2007年、2008年と史上初の連覇を成し遂げたなだぎ武さん(49)。

2009年に出演した宮本亜門さん演出のミュージカル「ドロウジー・シャペロン」をきっかけに、芝居の世界でも活動してきました。

芸歴30年。

舞台をやりだして10年。

節目の年にもなりますが、なだぎさんがなぜテレビから舞台へとフィールドを移したのか?

赤裸々に思いを語りました。

「なだぎ武」の画像検索結果
スポンサーリンク

なだぎ武 TV離れ 理由、 心斎橋筋2丁目劇場 時代

この世界に入って、ちょうど30年。

パッと思い出されるのは吉本興業の若手のホームグラウンドだった心斎橋筋2丁目劇場の時代だという。

 劇場の主役だった「ダウンタウン」らが東京に行くということでゴソッと抜けて、さあ、僕らの世代でどうにか盛り立てないといけない。

 その中で「千原兄弟」らを筆頭に、みんなガムシャラにやっていた。あの頃の勢いというかパワーみたいなものは、今から思っても鮮明に焼き付いているという。

スポンサーリンク

なだぎ武 TV離れ 理由、 宮本亜門からのオファー

10年前から舞台の仕事を本格的もらうようになった。

これも大きな動きです。きっかけは宮本亜門さんのミュージカル「ドロウジー・シャペロン」でした。

 バラエティー番組でディランのキャラで注目してもらって、さらに「R-1ぐらんぷり」でも優勝して、東京を活動の拠点にした。

「爆笑レッドカーペット」が宮本亜門さんとの出会いになったんです。

 普通の誉め方じゃなくて、絶賛されたそうです。

 マネージャーも、本番後に「あれだけほめてくださったら、宮本亜門さんと仕事する日が来るんじゃないですか」と言うくらいの絶賛ぶり。

もちろん、その時は「そんなもん、あるわけないやろ!」とシャレの感覚で返していたが、後日、本当にオファーが来たという。

 「ぜひとも、藤原紀香の相手役をやってほしい」と。

宮本亜門から藤原紀香の相手役をやってほしいと連絡があった

 覚悟を決めるしかないというのもありましたし、あの宮本亜門から関西の一介の芸人がオファーを受ける。

そんな流れは自分の人生で、この先ないだろうなと改めて考えましてと語る。

 断るのは簡単だけど、引き受けた時に自分が背負ういろいろなもの。

それはその瞬間にしか味わえないものだろうし、これを引き受けたら、幕が開く日にはどうにかして舞台に立っている自分がいるだろう?その自分を知りたくなったという。

スポンサーリンク

なだぎ武 TV離れ 理由、 テレビと舞台

舞台の仕事をするようになって、今一度、自分を再確認できたというのも大きかったそうです。

 「「R-1ぐらんぷり」で優勝して、テレビなどのお仕事をたくさんいただくようになった。その時のバラエティーの作り方というのは、僕が感じる中ですけど、自分が実際に経験したエピソードトークとかを軸に作られていく番組が多くなっていた。

人間力というか、素の自分の色で笑わせる。

これも、もちろん芸人の大きな方法論。

ただ、自分自身がしゃべるというよりも、何かを演じている方が楽しい。

そこで、テレビに出してもらうことへの違和感、テレビに映っている自分を見て面白いと思っている人がどれくらいいるのか?

そう思うところまでなったという。

 そんな中、舞台をさせてもらうようになったという。

何かを演じることのど真ん中の仕事

テレビの仕事に対する思い、そして、舞台の仕事に対する思い

そういったことが相まって、舞台により一層、深く力を注ぐようになっていったという

スポンサーリンク

なだぎ武 TV離れ 理由、

さらにもう一つ根っこの部分を考えると、もともと自分に興味がないそうです

自分が面白おかしいエピソードを提供できるような生活をしていないし、自分の性格も好きではない。

なので、自分の人間性じゃなくて、何か別のものを演じるのが好きだし、それで面白いと思ってもらえることがうれしいのだそう。

 「そう考えると、そういうところまで宮本亜門さんがで瞬時に見抜いてくださったのか!今となれば感謝しかないですけどね。」と、語る。

スポンサーリンク

なだぎ武 TV離れ 理由、 お笑い動画

お笑いものまねなだぎ武のディラン・マッケイとなだぎ武と中川家のヤンキーと白バイ警官
なだぎ武 ラピュタのムスカ大佐
藤岡弘ものまねなだぎ武
スポンサーリンク

なだぎ武 TV離れ 理由、 終わりに

なだぎ武さん、そんなエピソードがあったのですね!

驚きです!

なだぎ武さんが舞台で活躍されていることを望んでいるのなら、それは大成功だと思います。

自分の好きな道に行けて良かったですね。

今後も、応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました