飯島直子 平手打ちは、長渕剛へ!【動画あり】昔のドラマ映像も!

スポンサーリンク
芸能人

シンガーソングライターの長渕剛さん(63)が19日放送のフジテレビ「ミュージックフェア」で、ワンマン出演、ヒット曲の「とんぼ」「しゃぼん玉」を続けて披露しました。

スポンサーリンク

飯島直子 平手打ち、概要

司会の仲間由紀恵さん(39)、アナウンサーの軽部真一さん(57)とのトークで、

長渕といえば、みんなが知ってる歌で、乾杯、とんぼ、という。作り手としては嫌になってくる。それでわざと崩して歌うと文句を言われる。(ファンは)思い出と重なっているらしく、あの時のまま歌って欲しいという。だから今日は忠実に再現する

と答えました。

 映画「英二」(1999年)以来、約20年ぶりの主演映画「太陽の家」が2020年1月に公開される。

大工の棟梁の役で、本職の大工から指導してもらった。

カンナ削りや釘打ちが難しかったと言うが「大工カッコイイよと言われるくらい練習した」と胸を張った。

 妻役の飯島直子さん(51)に平手打ちされるシーンがあり、撮影では2度失敗したという。

1回目はきれいに決まったのに、向こう(飯島)がセリフを噛んじゃった

2回目はビンタされるのが分かってたので、自分が目をつむっちゃって。意外と小心者ねと言われた」と明かし、3回目のやり直しで撮影がOKになったと明かした。

 番組では、映画「太陽の家」の主題歌「Orange(オレンジ)」を披露。

続けて、どんな時でも自分に希望という灯をともしていきたい、という思いで作った「明日へ続く道」を歌い上げた。

スポンサーリンク

飯島直子 平手打ち、動画

こちらは、映画「太陽の家」の予告動画です。

話題の平手打ちシーンもあるので、よくご覧下さい。

『TSUYOSHI NAGABUCHI CINEMA&LIVE 2019 太陽の家』開催決定!!
長渕剛 出演演映画「太陽の家」キャスト発表記者会見
スポンサーリンク

飯島直子 平手打ち、昔のドラマ動画

『40女と90日間で結婚する方法』 全12話 フル尺 | avex Movie Gift
スポンサーリンク

飯島直子 平手打ち、 ネットの声

なんか長渕って今はコワモテ兄貴のイメージが定着してるけど、昔はロン毛にアコギで純恋歌とか女々しい歌ばっか歌ってたのになんで今はああなったんだろう?

ビンタ云々ではなく飯島直子さんは長渕剛が小心者だということを見抜いて言ってると思うよ。

たけしが「この子はいじめられっ子だったのでは?スタッフを殴ったとか耳に入るけど、昔、順子歌っていたような人だよ?本当のワルはそんなことしないよ」とこの人の本性を言い当てていたのが、とても印象的。

とんぼ主演で、「デビューしちゃった人」という印象は、確かに強いよなと。

優男風の、家族ゲームとか親子ゲームとかの頃の彼は、本当好きだったんだけれどね。

皆さん似たような発言されていますが、私も以前は長渕さんのファンで
彼の影響でギターもやり彼のライブにも数度行きました。
好きで聴いていたのは「HEAVY GAUGE」位まででしたかね。
彼が世間的に人気を得たのはその後だったかもしれませんが、
それ以降は「何か違うな」と感じてしまいどうもダメでしたね。

長渕は小心者。それで虚勢を張って体を鍛えたり大きな態度をとる。歌も傷心でセンチメンタルなフォークから、憧れの投影で強く逞しい歌に変わった。そうやって、弱さと向き合い強さに憧れながら繊細な心を表現するのが長渕なんだろうな、と思って見てます。

飯島直子は、ダイスキに出演してた時に松本明子をすっと立てていて、意外な感じで見てたけど、あれは松本さんの度胸に対する尊敬だったのかな。

スポンサーリンク

飯島直子 平手打ち 、終わりに

飯島さん、長渕さんに、だいぶ強気な発言だったのですね。

長渕さんは、一見、強面に見えますが、本当はそうでもないのでしょうか?

そんなお二人が挑んだ映画「太陽の家」、公開が楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました