北山みつき 脳動脈瘤 生還【ブログ全文】オスマンサンコン第3夫人!

スポンサーリンク

ギニア出身タレントのオスマン・サンコンさんの第3夫人で演歌歌手の北山みつきさん(51)が、脳動脈瘤のため死を意識し「遺書を書いた」というエピソードをつづった。

「北山みつき」の画像検索結果
スポンサーリンク

北山みつき 脳動脈瘤 生還、概要

北山さんは15日、「私の壮絶な生命の危機」のタイトルでブログを更新。

左脳動脈瘤の手術を受けた約5年前の出来事を振り返った。

飛行機でニューカレドニアへ向かっていたところ、これまでに経験したことがないほどの激しい頭痛に見舞われ、

「走り書きで遺書を書いた。頭痛薬を飲んだが効く訳もない。寝たふりをしてひたすら時間を待った」という。

現地に到着したころには頭痛は治まったが、すぐに帰国。

カテーテル手術を受けたが、

途中までカテーテルを挿入したところで電源が切れた。何度電源を押しても入らなかった。カテーテルはもう抜くに抜けない状況だった

というトラブルがあり、当初は約3時間と説明を受けていた手術が約10時間におよんだことを振り返った。

その結果、退院後から仕事復帰まで半年の年月がかかり、病院側や機械のメーカーなどと弁護士を交えた話し合いの場がもたれたが、謝罪の言葉もなく、

「結局麻痺もなく治ったからいいでしょう、と素っ気ない対応」を受けたという。

悔しさをにじませつつも、「とにかく、私は3つの危機から生還した」と前向きに受け止め、「私はそこから、第二の人生が始まったと思っている」と語った。

スポンサーリンク

北山みつき 脳動脈瘤 生還

ICUに入る機会など滅多にない。
また入りたい場所でもない。
甥っ子がICUに入院したので、
思い出したことがある。
 
約5年くらい前、
私が左脳動脈瘤で手術した時の事を。
未破裂のくも膜下だった。
 
いつもとは頭の痛いレベルが違う。
そう分かっていながらも、その日私はニューカレドニア行きの飛行機に乗っていた。
行き約8時間と言われる距離。
その症状は離陸して約2時間位して機内で起きた。
気圧の変化で悪化したと思われる。
ハンマーで殴られたような物凄い頭の痛み。
そういう表現でしか言い表せない。
やってしまったと、
一瞬全身の血が白くなった思いがした。
 
走り書きで遺書を書いた。
頭痛薬を飲んだが効く訳もない。
寝たふりをしてひたすら時間を待った。
 
ニューカレドニアは天国に近い島と言われるが、本当に天国かと思う位綺麗だった。想像していたより田舎の島で大きな病院がある雰囲気でもない。
着地したら頭痛はピタッと治まったので、このまま暫く過ごし、やはり日本に帰るしかないと心で決めた。
 
帰りは約8時間半。
離陸してすぐまた地獄の痛みが始まった。
持っている鎮痛剤は全て飲んだ。長い長い時間ひたすら我慢した。我慢強い女だ。
 
日本に着陸したが、今度は痛みが治らない。
お正月明けの3日だったので病院もやっていない。
とりあえず緊急で入り、CTだけ撮り自宅に帰るよう言われた。次の日4日MRI検査をした。
我慢の限界はとうに越していたが、医師の診断結果はなんと異常無しだった。
嘘でしょう?こんなに痛いのに、、、。私は医師に言った。もっとよく見てくださいと。
 
眼科に回された。目と脳は繋がっているとの判断をされたが、絶対に違うという強い確信が私にはあった。自分の体は私が一番良く知っている。
すると携帯が鳴った。医師からだ。すぐ戻って来てくださいと。ほらね。
 
同じ病院に2年前のMRIの記録が残っていてそれと比べたところ、血管が腫れている箇所が見つかった。やっと分かって良かった。
 
医師はどうしますか?と私に聞いた。
私は即手術を希望した。
様子を見ましょう、と医師。
こんな痛いのに普通に生活出来る訳がない。
 
手術したのは忘れもしない2月24日。
その日までどうやって暮らしたのかよく覚えていない。鎮痛剤暮らしでしょう。
 
手術が始まる前、
約3時間のオペになると説明は受けていた。
カテーテル手術でコイルとステントで血管を保護すると解釈。全身麻酔であった為、以下は家族の説明と後日談である。
 
3時間が過ぎても一向に手術が終わる気配がない。5時間が過ぎ、6時間が過ぎ、待っている家族はだんだん不安になる。すると人がざわざわしだし、様子がおかしいとさすがに家族も気付く。思い切って、手術室のベルを妹が押したらしい。ナースが出てきて、しばらくお待ちくださいと。何の説明もない。結局約10時間してオペが終わり、私はICUに入ったらしい。
 
術後の医師の説明はこうだった。
途中までカテーテルを挿入したところで電源が切れた。何度電源を押しても入らなかった。カテーテルはもう抜くに抜けない状況だった、と。
 
選択は3つ。
私を緊急転院させるか、新しいカテーテルの機械を持ってくるか、機械を修理して続行するか、だ。結果3つ目の機械の修理となり、壊れた部分の部品を横浜から運び、修理する人間を東京から待った。私はその間手術室で薬漬けとなり、約10時間という手術時間を要した。当然体に負担がかかり、入院は伸びた。
 
病院側、機械会社、家族の話し合いが後日行われたが、機械会社からは叱られ係の社員が来て、謝る訳じゃなく岩のように二人して黙っていたのを私は忘れない。病院側もやる事はやった、と言わんばかり。
退院後、仕事復帰まで半年の年月がかかった。弁護士に相談したり、話し合いを持ったが、結局麻痺もなく治ったからいいでしょう、と素っ気ない対応。
 
とにかく、私は3つの危機から生還した。
1.飛行機の中で破裂しなかった
2.MRI結果後、医師に何でもないと言われても食い下がり破裂しなかった
3.機械が止まっても破裂しなかった
 
私はそこから、
第二の人生が始まったと思っている。
 
(医学の素人の見解なので、内容に不正確なところがあったらごめんなさい。)
 
オスマン・サンコン第三婦人
歌手 北山みつき

北山みつき オフィシャルブログ
スポンサーリンク

北山みつき 脳動脈瘤 生還、ネットの声

サンコンと結婚した途端、売名に忙しいおばさん。この人の事、知りたい人いるのかなぁ。

これで妊活できるとでも言いたいのでしょうか…。

一夫多妻の国。妻になれて喜ぶなんて
不思議だな

友達に孫アピールされて悔しくて眠れなかった、という。

かまちょなんだねー
暇なら高齢出産で産んだ妹の産後の手伝いしたらよかろうに〜!
実母がご健在なら更なる年齢でしょうから
姉ばぁばが子育て手伝ってあげたら?

サンコンなめとるな、第三夫人俺なんか第一夫人もいないのに。

スポンサーリンク

北山みつき 脳動脈瘤 生還、 終わりに

北山さん、壮絶な経験をしていたのですね。

大変でしたね。

ネットでは、サンコンさんの第三夫人ということが話題のようですが・・・

今、元気に過ごせていて、本当に良かったですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました