野村宏伸 回顧がヤバイ!人生のどん底と絶頂えを経験!

スポンサーリンク
芸能人

1984年、角川映画『メイン・テーマ』のオーディションで2万3000人のなかから薬師丸ひろ子さんの相手役に選ばれ、俳優デビューした野村宏伸さん。

180cmの長身に甘いマスクでアイドル的な人気を博し、1988年には田原俊彦さん主演ドラマ『教師びんびん物語』の榎本役で一世を風靡するが、年齢を重ねていくに従って仕事が激減。

さらに知人に貸して戻らないお金は1億円以上、借金、離婚とどん底状態に陥ったというが、見事復活を果たし、テレビ、映画、舞台で活躍している野村宏伸さんを調べてみた。

「野村宏伸」の画像検索結果
スポンサーリンク

野村宏伸 回顧、賞金目当てのオーディション

野村さんの実家は、祖父の代から化学薬品工場を経営し、父親が2代目社長をつとめる裕福な家庭だったが、野村さんが高校1年生のときに突然倒産。

生活は一変したらしい。

「学校から帰ってきたら『すぐにこの家を出ていかなければいけない』って言われたので、『えーっ!?』て驚いて。会社が倒産したということは聞いたけれども、それ以上どうなっていくのか全くわからない。とりあえず家を出て行かなくちゃいけないと言うので、急いで荷物をまとめて夜逃げのような状態で出て行った覚えはあります」

テレ朝POSTO

工場も生まれ育った家も失い、両親と妹の4人家族はバラバラに。

それぞれ親族の家を転々とすることになったという。

映画「メイン・テーマ」のオーディションは、賞金目当てであり、あまり乗り気ではなかったという。

優勝が決まり、賞金500万円を手に入れて、妹さんと「夢のようだ」と喜んだという。

スポンサーリンク

野村宏伸 回顧、角川春樹に追い詰められる

-生活も大きく変わったのでは?-

「そうでもなかったです。今みたいにネットがあるわけじゃないので、角川時代(角川春樹事務所)は意外とゆったりしていました。年に映画を1本撮って、あとは別にテレビドラマをやるわけじゃないから、普通の生活をしていました。

『メイン・テーマ』はちょうど高校卒業とかぶったんですよね。それで一応大学に行くという希望も出していて、とりあえず、もう一浪してという感じでいました。まだこの世界でずっとやっていくという決意も固まっていなかったので」

-そして角川春樹事務所創立10周年記念作品『キャバレー』に主演されることに-

「『キャバレー』のときは20歳で、大学受験に落ちて進路を悩んでいたときだったんです。こうなったらもう全力で撮影にのぞんだほうがいいと思って。中途半端な気持ちで入るよりも、ちゃんと役者としてこれからやっていくという思いで挑んだほうが良いと思って、角川さんに伝えました」

-『キャバレー』の監督は角川春樹さんですが、現場はいかがでした?-

「めちゃくちゃ怒られました。角川さんは男の俳優にはそうなんですよ。もうボロクソ。なんかそういうふうに追いつめるんですよね、男の場合は。僕もかなりボロクソ言われてきつかったですね。

女の人にはそうでもないんですよ。(原田)知世ちゃんとかにはね。でも、男にはすごい。僕もかなりやられましたよ。もうほとんど飯も食えないような状態で、結構げっそりしちゃって。でも、『キャバレー』の主人公は、追いつめられる青年の役でもあったので、そういうのもあったんでしょうかね(笑)」

テレ朝POSTO
スポンサーリンク

野村宏伸 回顧、人気絶頂からの落とし穴

1987年、野村さんは田原俊彦さん主演ドラマ『ラジオびんびん物語』でテレビドラマ初出演を果たします。

田原さんとの絶妙なコンビネーションが注目を集め、続くシリーズ第2弾『教師びんびん物語』で大ブレークする。

田原さん演じる熱血教師・徳川龍之介と野村さん演じる後輩教師・榎本英樹の掛け合いが話題になりました。

ですが、28歳で世田谷に2億4000万円の豪邸を建て、34歳のときに結婚し、2人の子どもにも恵まれるが、景気の低迷とともに少しずつ仕事が減っていく。

それでも知らず知らずのうちに金銭感覚がおかしくなっていた野村さんは、友人知人に頼まれるとお金を貸し、その総額1億円以上だったという。

仕事が減っていくなか、相談もなく大金を貸してしまったことなどが原因で夫婦間の溝が深まり2009年に離婚することになったとか。

結局、総額1億円以上の貸付金は戻らず、仕事もほとんどなく生活に困窮した野村さんは、友人のツテで、中古車のオークション会場で働いたこともあったという。

スポンサーリンク

野村宏伸 回顧、ネットの声

まあどちらかと言うと、ルックスで人気あったような印象。若気の至り。調子に乗っちゃったんですね。

そんなときもありますよ、売れ方が尋常ではないんだろうから。

若い頃は無かった影のある表情は実生活の経験からだったんだな。幸か不幸か表現力に厚みが出てきた。今はなかなか渋い。ただ再びテレビの出演は増えているが、殆ど悪役。主役級の配役があるといいね。

野村宏伸 様。

人生の、最高地点と最低地点。
この両方を御経験されたのですね。

あなたのこれからの「晩年運」。

きっと素敵な「晩年運」を送られると思いますよ。

人生は、「経験」です。

一介の中年おやじより。

人生が傾いてくると、自暴自棄になって暴飲暴食で体調を悪くしたり
芸能界を辞めたり、クスリに走ったりする人もいるなかで
我慢強く地道に生活していたんだと思う。世田谷の豪邸を売却して
ローンを完済するあたりに人間的なまじめさも感じる。
まじめて我慢強ければ全員が復活できるわけではないけど、
それがあったからこそ復活したのもまた事実。

かっこよかったもんなぁ。
私の中では野村さんの姿が「教師びんびん〜」で止まってる。
でも、榎本役から抜けたいがため、仕事を選んでいたのは致し方ないと思うし、間違いでもなかったんじゃないかなぁ。結果的には仕事が減ったかもしれないけど、それが野村さんの貫きたかったところだと思う。
でも元がいいので、どうかまた格好いい姿を見せてほしい。
年齢には逆らえないけど、脇役でもいいから出て欲しい。
しかし、「友達・知人」を名乗ってお金を借りてトンズラしたやつら、天からの何かしらの罰を受けて欲しい。いや、もうどうにかなってるだろう。代わりに野村さんがまたテレビに出てきてるんだから。

昔 朝ドラに出演した時は、線の細い寡黙なお坊ちゃん役をされてましたね。
勝手にあのイメージを持ってただけに、一時期のお太りぶりがたまらなくショックでした。
浮き沈みの激しい半生を知り、何となく納得…
人相も体型も、そりゃ変わるでしょう。
でも前向きに新しい人生を楽しんでいらっしゃるのを見て、応援したくなりました。
大役にいつか出会って、再ブレークできるといいですね。

スポンサーリンク

野村宏伸 回顧、 終わりに

野村さん、波乱万丈な人生だったんですね。

人生のどん底、絶頂、両方を経験されたのならば、現在は、人生経験豊富で生活のかてとなっていつのでは?

ネットでも、たくさんのコメントがありました。

この経験を今後も活かしてほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました