多部未華子 苦手なこととは?【動画あり】ネットの反応は?

スポンサーリンク
芸能人

女優の多部未華子さんが9月21日、東京都内で行われた映画「アイネクライネナハトムジーク」(今泉力哉監督)の公開記念舞台あいさつに登場しました。

イベントでは「長い間ずっと苦手なこと」を発表するコーナーがあり、「整理整頓」と回答した多部さんは、

「汚くなってから一気にきれいにするタイプ。

地道に毎日きれいにできない。

バッグの中も汚い。

ポーチいっぱい入れて、全部(ポーチの)外に出ている」

と明かし、共演者を驚かせた。

「多部未華子」の画像検索結果
スポンサーリンク

多部未華子 苦手なこと、概要

「長い間ずっと好きなこと」も聞かれ、「海外に行くこと」と回答しています。

「10年前に友達に会いに初めて1人でロスに行って。それから作品が終わるごとに休みをもらっていて。自然にずっと続けてきた」

と語り、満面の笑みを見せた。

 舞台あいさつには、主演の三浦春馬さん、共演の貫地谷しほりさん、森絵梨佳さん、恒松祐里さん、萩原利久さん、主題歌を担当したシンガー・ソングライターの斉藤和義さん、今泉監督も出席。

斉藤さんが同作の主題歌「小さな夜」を生披露する一幕もあった。

 映画は20日から公開。

仙台駅前、大型ビジョンで日本人のボクシング世界王座をかけたタイトルマッチで沸く人々が映される中、街頭アンケートに立つ会社員・佐藤(三浦さん)の耳に、ギターの弾き語りが響く。

歌に聴き入る紗季(多部さん)と目が合い思わず声をかけると、快くアンケートに応えてくれた。

2人の出会いが、さまざまな人を巻き込み、10年の時をかけて奇跡のような瞬間を呼び起こす!というストーリー。

 原作は人気作家・伊坂幸太郎さんの同名恋愛小説集。 

スポンサーリンク

多部未華子 苦手なこと

スポンサーリンク

多部未華子 苦手なこと、ネットの声

失礼な言い方かもしれませんが、地味ですがとてもステキな演技を
される女性…いつの間にか少女ではなく素敵な女性になられましたね

コメディを違和感なくできる俳優はシリアスな演技も上手いと思う。
この人は私の中で最上級のコメディエンヌ。

この方は歳を重ねる毎に本当に綺麗になったと思う。

多部ちゃんのNHKドラマ最高に面白いね!
冷静でクールな演技が素晴らしい。顔もめちゃくちゃ小さいし、歳を重ねるごとに綺麗さに磨きがかかってる感が半端ない。オマケに声も可愛いし。これからも更なる活躍を期待してます!!

個人的には永遠のゼロのテレビドラマの演技が凄く印象に残っています。
それから好きな女優さんになりました。
これからも、ご活躍期待しています。

地味とか目立たない、今まで知らなかったとかいう記者やライターは無能で映画とかドラマ見ない人間だと感じる
多部さんは毎年コンスタントにたくさんの映画やドラマに出演してるしCMにも出てるのに
でも昔より格段にきれいになったと思う

忙しいのかな。気にするだけ立派ですよ。演技の方は整理されていて、きちんと分かりやすくキャラが立っていると思います。

これからも映画やドラマなどで活躍して欲しいです!

アガサクリスティーも小説の中で女性のバッグについて小宇宙的な描写をしてたと思う。
洋の東西、時代の新旧を問わず普遍の真理なのでしょう。

スポンサーリンク

多部未華子 苦手なこと、 終わりに

多部さん、苦手なことを告白していますが、意外と整理整頓が苦手な女性は、多いのでは?

多部さんへのネットの反応は、演技を賞賛するコメントばかりですね。

いい女優さんということでしょう。

今後も、活躍を期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました