太田裕美 乳がん闘病を公表【ブログ全文有り】

スポンサーリンク
芸能人

歌手の太田裕美さんが、乳がんであることをブログで公表しました。気になったのでブログを覗いてみました。

スポンサーリンク

太田裕美 乳がん ブログ内容

太田さんのブログで乳がんを公表した全文となります!


突然で驚かれると思い、なかなか公表出来ませんでした。

乳癌に罹患しました。
すでに7月の京都のコンサート後に手術をし、
8月から抗癌剤治療に入っています。


休養をとっての治療の選択もありましたが、来春までのスケジュールが決まっていましたし、11月にはデビュー45周年の大きなイベントも控えてましたので、
あえて、治療しながら歌っていく、ということを
選択しました。


小太郎の時も試練の中にたくさんの“気づき”がありましたが、
今回も病気になって初めて知る“気づき”がたくさんあります。
神様はまた新たな試練を与えて下さってるんだ、と現実をしっかりと受け止めつつ、
今まで通り、
朝起きてご飯作って洗濯して掃除して、
十兵衛と散歩して、歌を作り歌っていく、
そんな日々の営みを大事に続けていこうと思っています。


これからもまごころ込めて歌っていきます。
今までと変わらず、太田裕美の音楽を愛し、
応援していただけることを心から願っています。


                                                          太田裕美

45周年イベントなども有り、治療しながら歌っていくという選択を取られたようです。

プロ根性がスゴイです。

しかしファンとしてはまずは身体をしっかり治してもらう事を望んでいるのでは?!とも感じます。

太田さんといえばこの曲でしょう!

太田裕美 木綿のハンカチーフ

スポンサーリンク

太田裕美 乳がん 記事内容

太田裕美、乳がん闘病を公表「治療しながら歌っていくことを選択」


 歌手、太田裕美(64)が18日、乳がんを患っていることを自身のブログで明かした。
 「大切な報告」と題してブログを更新した太田は「乳癌に罹患しました。すでに7月の京都のコンサート後に手術をし、8月から抗癌剤治療に入っています」と報告。来春までのスケジュールがすでに決まっていたことと、11月にデビュー45周年イベントを控えていたことから「あえて、治療しながら歌っていく、ということを選択しました」とつづった。また、この日の発表になったことについては「突然で驚かれると思い、なかなか公表出来ませんでした」とした。
 「病気になって初めて知る“気づき”がたくさんあります」と太田。「神様はまた新たな試練を与えて下さってるんだ、と現実をしっかりと受け止めつつ、今まで通り、朝起きてご飯作って洗濯して掃除して、十兵衛(愛犬)と散歩して、歌を作り歌っていく、そんな日々の営みを大事に続けていこうと思っています」と記し、最後は「これからもまごころ込めて歌っていきます。今までと変わらず、太田裕美の音楽を愛し、応援していただけることを心から願っています」と結んだ。

スポンサーリンク

太田裕美 乳がん ネットの反応は?

女性芸能人の乳がん公表が増えていると思う、けっして他人事ではない、早期発見の為にも定期検診は必要。

昔に比べ乳ガンの発見率が良くなっていることもあり、最近乳ガンを公表される機会が増えたような気がします。
早期発見できるケースが増えているので、早く良くなってこれからも素敵な歌声を聞かせてほしい。

いまや進行が軽ければ普通に治る病気
女優さんは発信力もあるんだから乳がん闘病をオープンにしてがん検診などの啓蒙にも力を貸してはほしいです
とりあえずは切らない方向みたいですが焦らず頑張ってください

試練があると、本当に気づき…が多いです。

健康でどこも痛みがなく、3食ご飯が食べられて、普通に家事や仕事ができる平凡なようだけど、これを続けられるって1番幸せだと思います。

高価な物が欲しい、流行の服を買いたいなどの物欲はなくなりました。

大事なものが見えて、違う幸せに気づきました。

芸能界にも私の周りにも、、、乳がんの人が多すぎる。ただ単に発見率が上がったのか、本当に増えているのか。食生活の変化からなのでしょうか。何をすれば防げるのか、何をしても防げない時もあるのか、、、
なんて考えてしまいますが、どれだけ確率が高かろうが低かろうが、遺伝でもなければ自分がなる可能性は、誰にもわからないですよね。

何のガンでも早期発見は悪いことではないと思うけど…私の知人が数年前に乳ガンの判定で乳房全摘の手術日も決まりました。
でも自覚症状もないのに納得いかずに御主人がセカンドオピニオンを求めたら、その前にもう一度組織生検を受けてくれと言われそうしたそうです。
で検査の結果、ただの石灰質の塊だったそうで、手術の予定も取り消しになりその後5,6年経過しましたけど何の異常もなく健康的な毎日を送っています。大きな市民病院でのことでした。
そのまま手術していたら片側の乳房なくしたあげく、その医師から「早期発見で転移する前に手術して良かったですね」と言われその医師に感謝していたでしょうね。

皆さんこういう事も有りますのでセカンドオピニオンは必要だと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました