河北麻友子 3年ぶり連ドラ出演!気になる役どころは?!

スポンサーリンク
芸能人

河北麻友子さんが、ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子」に出演することが報じられました。連ドラ出演は 「白鳥麗子でございます!」 以来、3年ぶりということで、 話題になっています。

スポンサーリンク

河北麻友子 3年ぶり連ドラ 役どころ

ドクターXに出演が決まった河北麻友子さんの役どころはどのようなものなのでしょうか?

米倉さん演じる主人公である大門未知子の外科医が勤務する「東帝大学病院」の西田さん演じる院長秘書役らしいです。

Narinari.com編集部

相変わらずスタイル抜群ですね!

事務所の先輩である米倉さんとは初共演らしく、米倉さんのオーラに圧倒され、緊張しっ放しみたいです!

スポンサーリンク

河北麻友子 インスタ画像

それでは河北さんのインスタを覗いてみましょう!

おなじみ出川さん!

完全に安藤ナツさん引き立て役!

スポンサーリンク

河北麻友子 3年ぶり  記事内容

ドクターXに河北麻友子 3年ぶり連ドラ“西田院長”の秘書役 先輩・米倉涼子と初共演


 タレントの河北麻友子(27)が、テレビ朝日系ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子」(10月17日スタート、木曜、後9・00)に出演することが14日、分かった。3年ぶりに挑むドラマでは、主人公の外科医が勤務する「東帝大学病院」の院長秘書を演じる。所属事務所「オスカープロモーション」の先輩である主演・米倉涼子(44)とは初めての共演。高視聴率をマークし続ける大人気シリーズで、女優としての新境地を切り開く。



 3年ぶりのドラマで女優として“失敗しない”姿を見せつける。16年放送の「白鳥麗子でございます!」以来、3年ぶりにドラマ出演する河北は、西田敏行(71)演じる東帝大学病院院長の秘書・伊倉瑠璃役で出演。笛木優子(40)や田中道子(30)ら、オスカー所属女優が代々演じてきた院長秘書役に挑む。

 「ドクターX」は、12年の放送開始から6シーズン目を迎える。米倉のほか遠藤憲一(58)、岸部一徳(72)らベテラン俳優が集結する国民的人気作だけに、河北は「皆さんの中に入っていく怖さと大きなプレッシャーを感じました」と“伝統”の重みを口にした。

 事務所の先輩である米倉とは、本作が初共演。「米倉さんにフランクに話しかけていただいたんですけど、緊張し過ぎちゃって…」と大先輩のオーラに圧倒されまくった。

 それでも、米ニューヨーク出身の河北にとっては、帰国子女で英語が堪能という“当たり役”。監督からは「フレッシュさは求めてない」と“できる秘書感”を要求されており、日々、カメラの前で「西田敏行さん演じる院長を手のひらの上で転がすようなお芝居」を追求している。

 今年4月に8年間専属モデルを務めたファッション雑誌「ViVi」を卒業し、バラエティー番組を中心に活動してきた。3年ぶりのドラマで不安も尽きないが、米倉が見せる“失敗しない”姿を追いかけ「ファミリーの一員として少しでも面白いキャラクターを演じられたら」と強い意気込みを示した。

デイリースポーツ
スポンサーリンク

河北麻友子 3年ぶり ネットの反応は?

河北氏の人気が出てきたのはイッテQでの出川氏・デヴィ氏
との企画、絡みからだと思う。外見は良く英語が堪能だが、
とげとげしい性格、またはキャラを出していた。

印象当初、出川氏らに対しての当たりがキツすぎてか、番組
は他の女性タレントを起用しだして、それに危機感を抱いた?
のか何らかのきっかけがあったのか彼女の当たりが柔らかく
なり、また料理が得意であることも披露されて好感度が上が
っていった。

バラエティで出川氏・デヴィ氏等をころがすようになり、
今度はドラマでの西田氏・巨大病院長ころがしができるか、
見たい。

秘書役ならはまり役かも。早く秘書の役が役不足って言われるようになってステップアップしていってください。応援しています。

女優のステップアップになりますね。
以前の秘書役だった田中道子さんも主役とかないけれど各々のドラマではけっこう存在感ありますから。
河北麻友子さんもドクターXに出演したことで箔がつき、今後も演技次第ではドラマの出演が増えるかも知れませんね。

かなり昔にファーストクラスのハワイ便で忽那汐里さんと河北麻衣子さんのお2人と席が近かったです。
2人はプライベート旅行なのかわかりませんがとても仲が良く、2人の会話は英語でした。
CAさんに恐らく離陸の際のバックに関し注意されたのか、河北さんはちょっと不満顔をしていて、それも可愛かったし、気の強さを感じました。でもテレビで見る河北麻衣子さんそのままって感じだから、テレビ向けに好感度高いキャラを演じる人ではないんだなぁと好感持てた。
とにかく芸能人オーラがキラキラしていて、存在感がありまくりでした。だから今の活躍は納得です。河北麻衣子さんが太陽なら、忽那汐里さんは月って感じでしたが、テレビでもそのままですね。

いくら人気シリーズでも毎年放送するとどうしてもマンネリ感が強くなってしまう。隔年くらいのペースでやるのが丁度良いかもね。このドラマって、キャスト陣が遊び心を出して演技しているうように見えて、そこがまた面白い。

デヴィ夫人からも、「あたくしの最高の秘書」って言われてたから、仕切りはうまいだろう。

あとは…胸がなく、色気がないからなぁ。。。

服に何とか助けてもらってる感じやな。

細すぎるし、なんとなく表情も余りなくて、良いイメージないです。自分だけ?

事務所のパワーゲーム的なキャストの決定は、やめてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました