ロンブー淳 イジリ論はこちら!淳コメントにネットで賛否両論?

スポンサーリンク
芸能人

9月10日放送の「ロンドンハーツ」で行われたのは、田村淳さんらが深夜に悩みを抱えた芸人の家を訪れ、彼らの相談に乗るという企画だった。

「ロンブー淳」の画像検索結果
スポンサーリンク

ロンブー淳 イジリ論、 我が家とのやり取り

抱えている悩みがより深刻だったのは、訪問先であるお笑いトリオ・我が家の坪倉由幸さんの方だった。

坪倉さんトリオとしての仕事が激減していることに危機感を覚えていた。

メンバーの1人である杉山裕之さんとも大喧嘩をしてしまい、それ以来単独ライブを行うこともなくなった。

喧嘩の主な原因は、杉山さんの酒癖の悪さである。

途中から我が家の杉山さんと谷田部俊さんも加わり、話し合いが行われることになった。

杉山さんは酒癖の悪さで失敗を繰り返していることを反省しつつも、坪倉さんが自分をイジった後でフォローをしないことに不満を漏らした。

イジった後でウケなかったときにフォローもしないとただの「悪」になってしまう、と語った。

ここで、話を聞いていた淳さんが杉山さんを諭すように持論を述べた。

スポンサーリンク

ロンブー淳 イジリ論、淳コメント

「悪じゃないんだよ。それは俺も何度もあるけど、亮にいろいろ仕掛けて上手くいかなったこともあるけど、俺のスタートは悪じゃ絶対にない。坪倉もただの悪意だけで人をイジるなんてしないよ。このバラエティの現場において、何か仕掛けるときは『うまくいけ!』とか『面白くなれ!』っていう思いを込めたイジリしかないよ。で、うまくいかなかったから悪になるんじゃなくて、うまくいかなかったらそれを反省して次に生かすしかないよ。それは悪にはなんない」

AERAdot.
スポンサーリンク

ロンブー淳 イジリ論、ネットの声

見てる方だってイジる側にも会いや信頼関係があることは分かってる。
杉山もシロウトの頃は分かってたはずなのが、芸能界に入ってイジられる側になって分からなくなったのでは?
酒が入ってからの態度といいイジる側の才能があると今でも本気で思っていて、プライドも異常に高くて本音はイジられるのが耐えられないんだと思う。
態度を改めるのいうのも坪倉の最後通告であり執行猶予でしかない。
これでダメなら谷田部と2人で別の道を探すと思う。

これはちょっとちがうな。素人の世界でも、いじる側がその場を、愛をもって(るつもりで)、面白くなれ、おいしくなれ、とか思ってやってることは多々ある。だけどいじられてる相手はどう思ってるかわからない。
淳の言い分だと、いじる側に意思決定の主導権があるような言い方だけど、根本的には逆で、いじられる側の肯定的な受容がなければ成り立てないのがいじり。実はいじられる側に最終決定の主導権があるのがいじりの本質的な姿。
だからいじる側は、相手が嫌な思いをするいじりはもちろん、雑ないじりは控えて腕を磨くべきだし、上手くいってもいかなくても、事前事後のフォローを裏でやっておくのは当然のことだろう。
新喜劇の帯谷ポットや池乃めだかの身長などはいじりだけど、以前アジアンの隅田がブスいじりを本当に嫌がってた例などは、周りは笑いや、隅田が女芸人としてハネるために良かれと思ってやってたわけだけど、本人的にはいじめだった

線引きはあるだろうし侮辱発言は禁物だが、バラエティ番組でのやり取りや弄りはあくまでも「ショー」である。
しかしお喋りのプロでもない一般人がそれを勘違いして日常生活で真似をするのは大きな問題である。
弄りにしてもジョークにしてもユーモアがなく言われている相手が不快感を持つのであれば、それは冗談では済まされない。

いじる側だけじゃなくいじられる側にも回れるのがいじめじゃなくて「いじり」だと思う。言葉にするのはなかなか難しいけど、後はやるときに笑ってあげられる人。なんも反応もせずにただ一方的にやるのはダメ。淳やジュニア、フット後藤はいじりがうまい部類だと思う。

いつも自分からやるくせに、自分がターゲットになると不機嫌になる人は絶対いじりじゃない。今ぱっと思いつくので芸人じゃないけど坂上とか。

まあ、淳はいじられる側になる事はほとんどないからね。
四六時中いじられるポジションの人からすればたまったものではないけどね、いくら芸人とはいえども。
これがそのまま素人にも適用される世の中だから、たまったものではない。

結局は受ける側がどう思うかが問題だ

スポンサーリンク

ロンブー淳 イジリ論、 まとめ

ネット上の番組の感想などを見てみても、淳さんのこの発言に対する称賛の声が相次いでいる。

淳さんの主張は、芸人全体の意見を代弁したものと言っていいだろう。

芸人が他人を貶めるようなことを言って笑いを取る「イジリ」は、表面的な行為だけを見れば「いじめ」と大差ない。

だが、内実は大きく異なるのだ。

 芸人とは、観客を笑わせることだけをどこまでも追求する仕事。

一般的には他人の悪口を言うのは悪いことかもしれないが、芸人同士でそれが行われる場合には、誰もがそのことで笑いを生み出そうとしている。

結果的にウケてもウケなくても、それ自体は笑いを取るための正当な行いであるということになるのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました