吉幾三 新方言ラップ曲がヤバイ!やっぱり聞き取れない!【動画】

スポンサーリンク
芸能人

演歌歌手の吉幾三さんが新曲「TSUGARU」を配信リリースし話題になっています。

日本語ラップの始祖と言われている吉幾三が、令和に放つ新曲はどんな仕上がりなっているのでしょうか?

気になりますね!なんと全編が津軽弁らしい!聞き取れるのか?やっぱり意味不明なんだろうな~。

それでは聞いてみましょう!

スポンサーリンク

吉幾三 新方言ラップ曲 動画

日本語ラップの始祖と言われている吉幾三さんの新曲

吉幾三「TSUGARU」MV(2019年9月12日配信リリース)

案の定、歌詞が付いてないと、半分以上分かりませんね!

それにしても、吉さんは多才だなと感じました。

こちらが、日本語ラップのはじまりと言われている

「俺ら東京さ行ぐだ」

俺ら東京さ行ぐだ
スポンサーリンク

吉幾三 新方言ラップ曲 記事内容

吉幾三、「俺ら東京さ行ぐだ」から35年、新方言ラップを配信リリース


 演歌歌手の吉幾三(66)の新曲「TSUGARU」がきょう12日、Apple music、レコチョク、Spotifyなど主要サイトで配信リリースされた。



 吉が1984年11月にリリースし、35万枚以上を売り上げた「俺ら東京さ行ぐだ」は、方言を駆使した歌詞をリズミカルにつなぎ歌ったことから、“日本語ラップ”のはじまりともいわれている。それから35年の時を経て、“新方言ラップ”としてリリースしたのは、吉自身が作詞・作曲・編曲を手がけた「TSUGARU」。

 タイトルは、青森県津軽を意味し、何げない日常の会話出来事を全編津軽弁で歌ったもの。吉自身も、この曲について「全編津軽弁。皆さんには全く意味が分からないと思うけど、“一度は津軽に遊びに来てよ”って感じ!?」とコメントを寄せた通り、津軽弁のわかる人が聴けば大爆笑だが、それ以外の人が聴くと何を言っているのかわからない作品に仕上がっている。

 また、配信リリースにあわせ、36℃の猛暑のなか、青森の田んぼ道を歩くなどのロケを敢行し撮影されたミュージックビデオ(MV)も公開となっている。

オリコン
スポンサーリンク

吉幾三 新方言ラップ曲 ネットの反応は?

外国語が理解できなくてもリズムとノリでどうにかなるのが音楽
まだ見てないから見てみよう
小さい頃「おら東京さいくだ」を聞いたとき、小さいなりに乗れたこと思い出す。
頑張ってください。

多才だね

青森県民からしたら歌手の中でたぶん一番青森県に愛もってるひとだと思う。自虐ないじりからなにから愛感じる。ほんと大好き笑

良い、カッコイイよ。

所々挿入される高画質風景が良い。 字幕がないと2/3は判らんw

「いわいのじぇんこもつつまねで」が 「いわいの○んこも縮まねで」聞こえてしまったわ笑

これはヤバい。イクゾーきた!!吉幾三さんの正統派演歌のファンだけど、ラッパーイクゾーもハマりすぎ。かっこいい。グラサン似合いすぎ。歌詞の意味は一割、二割しかわからんが、なんかジーンとする歌詞だ。故郷離れてかれこれ10年。帰る頻度増やさないとバチ当たるな。

標準語の字幕をつけて欲しいです…(;´∀`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました