タモリ 疑問の詳細はこちら!タモリはアスリート?

スポンサーリンク
芸能人

タモリさんが、9月7日放送の『ブラタモリ』で、芸能人が一般人から言われる言葉への疑問を語った。

スポンサーリンク

タモリ 疑問、概要

京都でロケをしていると、男性から「頑張ってください」と声をかけられ、

「なんで芸能人に『頑張ってください』って言うのかな」と疑問視。

「俺たちはそんなに熾烈な戦いをしているのか?」とコメント。

「昔、代々木を歩いていて浪人生にも言われたけど、

『お前が頑張れ』って。

俺もけっこう頑張ったんだから」

と、自身も1年間の浪人生活を送って早稲田大学第二文学部西洋哲学専修へ入学しただけに思ったという。

林田理沙アナウンサーが

「一般人の感覚だと『頑張ってください』って言いたくなります。『応援しています』みたいな」と語ると、

タモリさんは「戦ってるんだ、俺。アスリートなんだ」と笑顔だった。

 タモリさんは「頑張れ」という言葉について、

2018年10月2日放送の『news zero』で、有働由美子アナウンサーとの対談でもコメントしている。

 有働アナは以前、タモリさんから

「番組の長続きのコツ」として、

「頑張るな」と言われたという。

有働アナがその真意を問いただすと、タモリさんは、

「頑張ると疲れる。疲れるとやっぱり続かないですよ」と断言。

「頑張れって、いまの世の中、言い過ぎじゃないですか。

『頑張れ』とか『生き方』とか、あんまり言い過ぎて、ちょっとみんな重いことになってるんじゃないですかね」

 タモリさんが1986年から司会を務める『ミュージックステーション』は、10月から金曜21時に枠移動することになりました。

それでもタモリさんは、8月30日放送の同番組で、

「まぁ、大差ないでしょう」

の一言で、あるがままを受け入れることを明かした。

 さまざまな経験を経て、達観した人ほど

あるがまま

自然体

を大切にしている。

どこか他力本願でもある「頑張って」という言葉より、

応援しています」の方が伝わりやすいようだ。

スポンサーリンク

タモリ 疑問、動画

こちらは、過去の「ブラタモリ」の映像です。

参考にどうぞ。

ブラタモリ「#36 京都・嵐山」保津峡チャート放散虫
スポンサーリンク

タモリ 疑問、ネットの声

他人から見ると頑張っていることを、当の本人はそんなに頑張っていないと感じることは結構あるので、タモリさんはきっとそういう人なんだと思います。

何十年も週5日生放送なんてプレッシャーでしかないと思われそうですが、タモリさんはそれを感じず受け入れることができるのでしょう。

だから「頑張って」が不要な方なんだと。

タモリが違和感を感じるのはわかると言うか言いそうな事だと思うけど、人を応援する時に「頑張って」って声をかけるのは普通の事。
だからそんなもんだと思って軽く流せばいいんじゃないかと思う。
反論してるタモリが軽くない。案外頑張ってる人なんじゃないか?

まぁ確かにタモリクラスになると収入の桁なんて億単位だし資産なんかも凄いと思う…今まで頑張りすぎるほど頑張ったわけだからこれ以上頑張る必要ないもんね…まぁ特定の一部の人だけなんだけど…そう考えたら確かに頑張ってと言う人が頑張らないといけないと言うのも一理ある。

芸人はストイックになっちゃいけないという事か。
確かに、頑張ったところで面白くなるわけじゃない。
逆に、頑張らない事が面白い事もあるよな。

まあ、タモリさんは自然体の代表みたいな人だから、無理して頑張るのは言葉としても違和感あるけど、最近のぶっとびキャラで売ってる人達ほぼ全員が必死でキャラ作ってるの見てると、芸能人に「頑張って」は別に変じゃないと思います。
ただ、腕がないのに周り関係なく騒ぐ輩が(元スポーツ選手や読モあたりに)多いので、そいつらが頑張れば頑張る程、番組は面白くなくなる。
だから、自分の観る番組に出る芸能人は、頑張らなくても面白い人達だけで固めて欲しい。

面白い話術やギャグ、MC術、演技などを習得して、激しいレギュラー争いをしてテレビ番組に出ているという視線なら

応援している芸能人に頑張ってテレビに出続けて盛り上げてくださいと言いたくなるのはわかる

タモリさんの言うことにうなずいてしまった。
「頑張って」は語彙が貧弱な証拠だと思う。
「これからも応援させていただきます」で良いと思うのだけど…。

スポンサーリンク

タモリ 疑問 、終わりに

タモリさんだからこそ、言える疑問だったのでしょうか?

確かに、「頑張って」よりも、「応援してます」の方が、受け取った側は、気分がいいかもしれませんね。

ネットでは、その芸能人のレベルにもよる様な意見もありましたが、実際、それもあるかもしれません。

タモリさんクラスでしたら、「頑張って」は必要ないのでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました