大倉忠義 手紙読み上げが心に染みる!全文と音声はこちら!

スポンサーリンク
芸能人

関ジャニ∞の大倉忠義さんが『 オールナイトニッポンサタデースペシャル大倉くんと高橋くん』 に生出演し、錦戸亮さんの脱退についての心情を手紙にし読み上げた件が話題となっています。

一体どういった内容だったのでしょうか?

こちらが、音声です!

22年間ずっと時間を共にしてきた仲間を大倉さんは幼馴染のような存在と語っています。

大倉さんの悲しさがすごい伝わってきました。

スポンサーリンク

大倉忠義 手紙読み上げ 記事内容

人気グループ・関ジャニ∞の大倉忠義が、7日放送のニッポン放送『オールナイトニッポンサタデースペシャル大倉くんと高橋くん』(毎週土曜 後11:30)に生出演。メンバーの錦戸亮が、グループを脱退し、9月30日をもってジャニーズ事務所を退所することに言及。約10分間にわたって「手紙」という形で決断に至るまでの経緯を説明した。


■以下、読み上げた手紙の全文

eighterの皆さんへ。今回、自分の考えをしっかりと伝えたいと思い手紙を書いてきました。聞いていただければ幸いです。

この度、亮ちゃんが抜けて、関ジャニ∞が5人になるということになりました。同期の亮ちゃん、ヤス、丸とは、出会って約22年。僕にとっては唯一ですね、幼なじみのような存在です。たくさんの時間を過ごして、喜び、悲しみ、いろんなことを分け合ってここまで過ごしてきました。僕たちは個々の思いが強いことや、強烈な個性が集まっているからこそ、今までたくさんぶつかってきました。それでも内(博貴)が抜けてからずっと7人で走ってきました。

皆さんにたくさんの夢をかなえてもらって、たくさんのステキな景色も見させてもらいました。その時の僕はグループとは、永遠に続くものだと当たり前のように思っていました。ですが(渋谷)すばるくんの脱退ということで、永遠はないのだと改めて知り、ヤスの病気で命について深く考え、濃い2年間を過ごしてきました。

7人が6人になること、世間からは一人減るだけ。言葉にすればそれで終わりですがそんな簡単なことではありませんでした。一人がいなくなることにより、絶妙に保っていたバランスが急に崩れてしまいました。そこからヤスが動けない状態での5大ドームツアー。どうにかみんなに気付かれないように頑張っていたんですけれど、心は擦り切れて限界に近づいていました。

そして、そんな状態でこの6人で、これからどうやってアプローチしていくんだという会話をはじめました。でもいまで精一杯なのに来年のことなんて考えられないと、2004年から活動を初めて立ち止まりました。そこから6人になった自分たちの方向性、来年はどうするだと何も見えない中、手探りで話し合い、一度立ち止まろうとか、全員がグループを閉じる覚悟もしたはずです。

そんな心の状態で話しても、ネガティブな意見しか出ないはずです。それでも6人で時間かけてたくさん話し合った結果、今この選択になりました。チャレンジの方向性の違いです。亮ちゃんは多くを語る人ではない分、これから自分の活動で体現していくはずです。3月末には、いまの状態になることが決まり、約半年、どうやったらeighterのみんなが安心してくれるんだろうとすごく考えた結果『いつかもう一度やりたかった47都道府県ツアーでみんなに直接会いたい』とスタッフに申し出ました。

新しい僕らの方向性も示さなきゃいけない、複雑なeighterの子たちにこれで進んでいくんだと決意、覚悟を見せなきゃいけない。正直ハードルは高いと思います。でも傷だらけでも泥臭くても前を向いて上を目指していこうと。僕らは元々、諦めの悪い人たちです。こんな状態でも頑張っていこうと、5人で結束しています。

まだ発表されて2日。eighterのみんなも気持ちが追いついてないと思います。素直に応援できない人もいると思います。実際、5人になって覚悟できていたはずの僕もぽっかり穴が空いたみたいですけど…。うん、すげえ寂しいですね…。

でも一歩ずつゆっくりでいいから、歩き出さなきゃいけないと、僕たちは歩き出そうとしています。でもみんなはまだ、立ち止まっててもいいかなと。後ろを振り返っても全然大丈夫です。時間が経って前を向いたときに、ちゃんと僕たちが立っていられるように、笑顔で迎えられるように準備をします。

やっぱりいろいろあった2年間は、めっちゃしんどかった。でも改めて僕は関ジャニ∞というグループを愛しているんだと再確認できる時間でもありました。いままで夢をみて過ごしてきた15年間は、本当に宝物のようなキラキラした僕にとっての青春です。だからこそ15年を祝ってもらう、そして自分たちにとってもめでたいライブを悲しいものにしたくない。そしてeighterのみんなには心から楽しんでもらいたいという思いから、発表はライブが終わってからということに決めました。

『十五祭』のライブはですね、セットリスト、細かい演出まで初めてすべて僕が担当しました。何一つウソはついていないつもりですし、全ての演出に意味を持たせたつもりです。なのでメンバーは何にも悪くない。納得いかないことがあるなら僕の演出が間違っていたということです。責めるなら僕を責めてください。ただ僕の横には仲間がいます。思い荷物を分けてくれる持ってくれる頼もしいお兄ちゃんたちがいます。なので大丈夫です。泣きたいときは泣きますし、辛いときはしんどいってちゃんと言います。みんなも自分の気持ちにはウソをつかず、5人になった僕たちに正直に向き合ってくれて大丈夫です。

スカパラ谷中(敦)さんが僕たちの1年前のことを歌にしてくれた『メモリー・バンド』という歌の歌詞の中に『ぼくら人生のステージの上にはいつだって全員で並んでいる』。もうそのとおりで、これからもそれに変わりはありません。僕にとってもグループのメンバーにとっても一度きりの人生。いまの選択が正解になるように頑張ります。

ただ、ライブが終わったばかりで2日前に発表も合って正直、みんなもそうだと思うけど、心身ともにすごく疲れてます。このラジオで優くんのファンもいる中、こんな時間を設けさせていただきここまで語らせていただいて本当にありがとうございました。

だからいろんな記者さんがいると思うんですけど、もうこれ以上はないので、僕たち6人をもう追っかけないでもらえるとありがたいです。そしてeighterのみんなには、本当に感謝しています。あなたたちがいたからこの半年間ずっと笑顔でいられました。みんなも日々、辛いこと悲しいことたくさんあるよね。でもだからこそ、ライブで笑顔で会えるあの瞬間がすごい幸せだよね。あしたからお互いがんばって、ライブで会えるときは泣いててもいいから、笑顔で会えるといいなと思ってます。お互い元気もらって、支え合ってここまで来られたと自分では思っているんで、これからもこんな大変な俺たちだけどよろしくお願いします。

これはもう本当に、メンバーも関係なく、事務所も関係なく、個人的なことを言わせてもらいますが、こういうことがあるといつも突然だから安心できないよね。もし次こういうことがあるなら、僕はもう終わりでいいと思うし、ちゃんとお互い心の準備ができるよう発表したいと自分は思ってます。リスナーの皆さん、個人的なお手紙にお付き合いいただいてありがとうございました。

2019年9月7日 大倉忠義

オリコン
スポンサーリンク

大倉忠義 手紙読み上げ ネットの反応は?

去年のGR8ESTの時はすばるくんの穴を感じたけど今年の十五祭はもうその穴はしっかり埋められてて、6人でまとまってた。表には微塵も出さなかったけど皆んな相当努力してツライ日々を送ってたんですね。亮ちゃんのレンジャーで「眠れない」、「ゴハンが食べれない」って書かれていたの思い出しました。章ちゃんの病気のこともあったしあの時やっぱり少し立ち止まるべきだったのかも。そんな時自分の将来について考えて続けるべきか別の道を行くのかどちらを選んでも私は正解だと思う。関ジャニ∞はファンも多いけどその分アンチも多いから心無いコメントもたくさんある。でもeighterだけは彼らのことを理解して納得して傷つけ合うのはやめてほしい。

今回のツアーは本当に凄かった。ただエイトの覚悟が見えたというか、やっぱり何かしらあるんだろうと思わざるを得ない演出が沢山あって…私はこれが関ジャニ∞の最後のツアーなのかもしれないという気持ちで見ていました。なので亮ちゃんが抜けて47コンをもう一度回ると発表があった時には、めちゃくちゃ寂しいけど、もうメンバーは腹を括ってて、今回の事で傷ついたであろうeighterをまた笑顔をにする為に誠意を見せに来てくれんだろうなと。彼らは本当にeighterを大切に思ってくれています。もちろん亮ちゃんも一緒です。なのでこれからも彼らについて行くことは変わらないし、すばる君、内くんも応援していきます。

事務所的に言えないような事や言わない方がいいからあえて伏せてる事もあるんだろうけど、でも彼の思い、決意はしっかり伝わりました。錦戸さんがなぜやめる方向を選択したかはホントのところは大倉さんにもわからないでしょう。今回のライブに参加しての感想は、素晴らしかったの一言です。東京2日目でしたが
勝手に仕上がれの一体感はあの瞬間は本物で永遠に続く一瞬でした。だからこそ関ジャニの錦戸さんがいなくなってしまったことは残念でたまりません。五人関ジャニも応援します。すぐじゃなくてもいいし、同じじゃなくてもいいから、またドームで応援できる日が来ると嬉しいです。2日目の最後、エイターと叫んでくれた大倉さんの声まだ耳に残ってます。47ツアー楽しみにしてます。

わぁ…
ファンというわけではないのだけど、
この手紙はとても心に響きました。
応援したいなと思いましな。

大倉くんってとても真面目で素直でいい方だなぁ。

テレビでしか彼らを見ない私ですが、

渋谷くんの脱退の頃にとても印象的だったのが、会見のときの大倉くんの、ふてくされたような態度。
そして、それ以上に、関ジャムの最後の演奏のときの、メンバーを励ましながら笑顔でドラムを叩いていた姿。

大倉くんは、とても自分に正直で、真っ直ぐなひとなのだろうと。そして、他者に寄り添うことができるひとなのだろうと、思ったことを覚えています。

ラジオは聴かなかったけど、Twitterでトレンド入りしてて、内容知って、これで全文を読んで、
改めて、彼らの覚悟とファンに真摯に寄り添う姿勢、メンバーとグループを愛する姿勢を知りました。
自分の言葉を伝えることの必要性も感じました。

お茶の間ファンに変わりはないけど、応援します。

リアルタイムで聴きました。いろいろな報道そしてついに正式な発表があり悲しかったですが、やはりファンにとってご本人の声や言葉というのは何をも超えられないくらい大きなもので、ラジオを通して様々な想いを聴くことができて、言い方が難しいですがとても安心することができました。

大倉くんの手紙の中の最後の言葉「次にまたこういう事があるなら終わりでいいと思ってる。その時は心の準備ができるように発表したい。」言葉だけ見ると衝撃ですが胸のつかえが取れたような気がしました。彼らが「終わりにしよう」と思った時がもしも来たならその時は終わりにしてくれていいと、投げやりな気持ちではなく今は心からそう思います。

5人で頑張ってみましょう。ファンはついていきますから。やっぱり無理だと思ったら、その時は立ち止まって下さい。それでいいと思います。

本人の言葉が一番大事。それが全て。
関ジャニファンではないのですが、読ませていただきました。

大倉くん、素敵な人ですね。
関ジャニのこれからも、とても応援したくなりました。
自分の意思をきちんと持っている、しっかり伝えようとする、大人のグループという気がします。だからファンは何があっても、時間はかかっても、心の整理をきっちりつけて前に進むことができるでしょう。
「その時にちゃんと僕ら立っていられるように、笑顔で迎えられるように準備します」とは、何て頼もしい、愛情に溢れた言葉だろうと思います。
関ジャニのファンは幸せですね。
関ジャニさんとファンの皆さんのこと、陰ながら応援させて下さい。

私も好きなグループがあります。
本人達の言葉だけを信じて、これからもずっと応援し続けます。

ずっと錦戸君がグループを抜ける噂があり、大倉君まで脱退か?との記事もあった中、大倉くんが演出した十五祭のライブ良かったです!

本当に心身ともに疲れているこの時期に手紙を書いてくれて、葛藤する思いもeighterに対する思いも伝えられる範囲の色々な全ての気持ちを、正直に書いてくれて全部こちらに伝わってます。

皆、大人になってからの47都道府県ツアー大変だと思います。でも、eighterの為自分達の為に前を向いて頑張ってくれることに、これからもずっとずっとeighterは応援してます〜♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました