草なぎ ビンテージデニム好きで饒舌!高額デニムにネットの反応は?

スポンサーリンク
芸能人

元SMAPで俳優の草なぎ剛さんが7日、毎日放送「せやねん」にVTR出演。

公開中の主演映画「台風家族」が遺産を巡るコメディということで、お金の話もざっくばらんに語った。

また趣味のビンテージデニムについても饒舌で、約300万円の品物も、見て楽しむだけではなく、実際にふだんから履いていることを明かしたという。

「草なぎ ビンテージデニム」の画像検索結果
スポンサーリンク

草なぎ ビンテージデニム、概要

ビンテージデニム好きとして知られる草なぎさんは、

「好きなものはすぐに買う。一番買ったのがデニム」

と振り返った。

今回も仕事場まで着用してきたプライベートのデニムは、約300万円のビンテージだった。

「リーバイスの1940年代のデッドストック。(探そうと思っても)ないですもん」とニヤリ。

値段については、

「300万くらいします。大げさじゃなく!あっ、もしかしたら250万くらいかもしれないけど」

と笑いを誘いつつも、高額なビンテージデニムの世界を紹介した。

 倹約や貯めようという意識は「ないですね」とキッパリ。

「でも老後のこと考えたら…肘とか膝とか痛いしねえ。だから貯金しといた方が…」と苦笑い。

だがすぐに「でもビンテージ売れば大丈夫!値段とか下がらないから」と胸を張っていた。

 草なぎのビンテージデニム好きは筋金入りで、6年前にビンテージデニムの写真集が作られたときも、コレクションの一部を貸し出したほど。

そのとき貸し出したものは28本。

当時の価格で約4000万円で、価値は年々上がっているという。

スポンサーリンク

草なぎ ビンテージデニム、ネットの声

たとえば高級ワインを好む人がいなければ、いつも安ワインの人がたまに奮発して高級ワインを飲みたくなっても市場からなくなっている。
いつも量販店のスーツの人が、晴れの日に高級スーツを仕立てたくても仕立て屋さんが廃業している。
高価なものは、お金をもっている人が買って使ってくれないと後世に残らないので、自分で稼いでお金を持っている人はどんどん使うべきだと思います。

昔はスターと呼ばれるような別格の芸能人がいたらしいけど、今はあまり感じられなかった。
久々のスターらしい記事。
年齢を重ねてどんどん風格ある別格のスターになって欲しい。
でも普段は今のままのつよぽんでいてね。

好きなものを愛用できるのは羨ましいですね。
ビンテージでも、高いから飾って置くだけではない! そういうところが本物を感じます。
以前、草なぎさんを赤坂で見かけたときも、しっかりジーンズを履いてました。

貯えが半端なさそうだしがんばってきた努力の証だから趣味にお金を使えるのは羨ましいばかりです。

ジーンズが今は売れないのがニュースになっていましたね。

ヴィンテージ市場はまた別だろうけれど。

大事にケアしてつかってもらえるほうが、ジーンズ冥利。

稼いでるだろうしそれこそ独身貴族だし、唯一お金かけるのがデニム、とかなら全然いいと思う!
その他あちこちに家買ったりしてたら心配になるけど…

生活水準の違いですね。お金持ちにしか許されないが、趣味としてはいいと思います。
オシャレになるかは別問題。着こなし方次第でかっこよくなれば、下品にも。人柄も反映されるのかな。

絵画に何千万円、何億円と使う人を見て、何億円もするスポーツカーを持ってる人が理解出来ないという。
 1本数千万円のワインを飲みたいだなんて信じられないけど、お金があって趣味に使える人は気が狂ってる訳でもなさそうですね。

スポンサーリンク

草なぎ ビンテージデニム、 終わりに

草なぎさん、そうとうなビンテージデニム好きなんですね。

ネットでも、羨ましいと感じる意見も多いようで。

これからも、草なぎさんらしさを貫いてほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました