日向坂46 反論!『楽して売れてる』意見にいつか見返してやる!

スポンサーリンク
芸能人

日向坂46が苦労知らずで楽して売れているという意見に怒りを覚えているようです。どのような点なのでしょうか?

日向坂46ってデビューシングルから爆売れしてるよね!

世間的には苦労していないって思われてるかも?

ひらがなけやきの時代を知らないんじゃない?

日向坂46は他の坂道シリーズの恩恵を受け楽して売れているという意見に真っ向から反発しています!

佐々木久美
「たとえ『楽をしている』と思われても、いつか『やっぱ日向坂、スゴイ!』と思ってもらえるぐらいの存在にならないと」

小坂菜緒                          「そういう方は、そう言っていればいいよと思います。『いつか見返してやりますからね!』という気持ちはあります」

上村ひなの                          「私は入って3カ月でデビューシングルに参加させてもらったりと、恵まれた環境にいます。先輩方に追いつくためにはもっと苦労しなきゃダメですね。試練がやってくることは、ありがたいことです」

何とも頼もしい!今後も更なる飛躍に期待しましょう!!

スポンサーリンク

日向坂46 プロフィール

日向坂46の事を知らない人のは下記Wikipediaを参照下さい。

日向坂46は2019年2月11日に「けやき坂46」から改名したグループである。活動中のグループが改名するのは、「坂道シリーズ」では初めてとなる。
「けやき坂46」は、2015年11月30日に長濱ねるが特例で欅坂46に加入した際に、欅坂46の下部組織(アンダーグループ)として発足したグループである。長濱は、欅坂46の1期生オーディションで3次審査まで突破しながら母親の反対にあって最終審査を受け損ねたが、長濱の父親が運営スタッフに相談した結果、特例で欅坂46に遅れて加入する。ただし特例での加入のため、まずは他の欅坂46メンバーとは異なる形で活動をスタートさせるということでけやき坂46が結成され、長濱は同グループのメンバーとして活動を開始。同時にメンバーの募集が開始される。2016年5月8日にはオーディションにより選ばれた11名と長濱の計12名でグループとなる。活動開始当初はけやき坂46の情報は欅坂46のオフィシャルサイトや公式SNSで発信され、楽曲も欅坂46のシングルのカップリング曲という形で発表していた。位置付けも2軍的な立場だったが、見る者を幸せにする「ハッピーオーラ」を掲げて活動し、人気を獲得していく。2017年には欅坂46よりも先に全国ツアーの開催が決定。以後も冠番組やドラマ、ライブ、アルバム作品の発表など単独での活動を展開し、高い評価を得る。
改名が発表された2019年2月11日の動画配信サービス「SHOWROOM」での生配信では、改名とともに単独でのシングルデビューや公式ホームページ、公式ファンクラブの発足なども発表。これによって欅坂46から完全に独立、単独のグループとなる。
なお、新グループ名として「日向坂46」を採用したことについては、東京都港区三田に実在する「日向坂(ひゅうがざか)」からヒントを得ている。ひらがなにした時に、「ひゅうがざか」よりも「ひなたざか」の字画の方が運勢的によいため、「日向坂をひなたざかと読ませよう」ということで決まった。グループカラーは「空色」で「空高く跳べるように」という意味も込めて採用された。
日向坂46ファンの総称はおひさまであり、2019年3月2日に行ったSHOWROOMでの配信で発表した。

Wikipedia
日向坂46 『ドレミソラシド』
スポンサーリンク

日向坂46 反論 記事内容

乃木坂46、欅坂46などの「坂道シリーズ」の新グループとして今年誕生した、日向坂(ひなたざか)46。欅坂46の下部組織「けやき坂46(ひらがなけやき)」としてスタートした彼女たちは、約3年の紆余曲折を経て「日向坂46」としてのデビューに至った。デビューシングルは発売初週で約48万枚を売り上げるなど快進撃が続くが、一期生でキャプテンの佐々木久美は「まだ明確な個性がない」と話す。グループの象徴だった長濱ねるの離脱など、「グループがなくなってしまう」と思いつめた時期もあったという。メンバーの佐々木久美、小坂菜緒、上村ひなのに話を聞いた。

(取材・文:田口俊輔/撮影:稲垣謙一/Yahoo!ニュース 特集編集部)
まだ未熟な点ばかり
「正直まだ『日向坂46といえば、これ!』という明確な個性がありません」
一期生でキャプテンの佐々木久美(23)は、今の日向坂46を冷静に見ている。
「ありがたいことに乃木坂46さん、欅坂46さんがつくり上げてくださった『坂道シリーズ』というブランドを受け継がせていただき、その流れで応援してくださる方が多いんじゃないかなと思っています」

佐々木久美
10月リリースの新曲も含め、3作連続でシングル曲のセンターを務める、二期生の小坂菜緒(16)も言う。

「全然まだまだ。先輩方と比べると未熟な点ばかり」

小坂菜緒
とはいえ、CD売り上げだけを見ても、日向坂46は先輩である乃木坂46、欅坂46と同等かそれ以上の結果を残してきた。3月に発売されたデビューシングル『キュン』は発売初週に約48万枚という数字を記録。先輩・欅坂46が『サイレントマジョリティー』で樹立した、「女性アーティストのデビューシングル初週売り上げ記録」を塗り替えた。続くセカンドシングル『ドレミソラシド』も初週約45万枚を売り上げている。
上品な雰囲気の乃木坂46、シリアスな雰囲気の欅坂46に続く新グループとして追い風を受けながら、日向坂46の放つ明るい「ハッピーオーラ」は、「坂道シリーズ」に新風を吹き込み、若者から強い支持を得ている。2019年8月、お台場で開催されたアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL」では、大勢のファンがステージに詰めかけたほか、舞台袖には多くの現役アイドルたちが集まり、日向坂46のステージに見入っていた。

もっと苦労しなきゃダメ
「新人」と考えれば間違いなく快進撃を続ける日向坂46だが、その活躍が増えるたびに、「恵まれた環境にいるからこその結果」「苦労知らず」といった揶揄も目立つようになってきた。
佐々木は言う。
「たとえ『楽をしている』と思われても、いつか『やっぱ日向坂、スゴイ!』と思ってもらえるぐらいの存在にならないと」
小坂も佐々木の答えにうなずく。
「そういう方は、そう言っていればいいよと思います。『いつか見返してやりますからね!』という気持ちはあります」
唯一の三期生・上村ひなの(15)は、控えめに語る。
「私は入って3カ月でデビューシングルに参加させてもらったりと、恵まれた環境にいます。先輩方に追いつくためにはもっと苦労しなきゃダメですね。試練がやってくることは、ありがたいことです」

Yahoo!ニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました