松本潤 極秘渡米の真相は?ジャニーさんの意志を継いで?

スポンサーリンク
芸能人

「『美 少年』のライブが終わって、ふと会場内を見ると、わが目を疑いました。だって、そこに松潤がいたんですから!」 と、居合わせたお客さんは、驚いていた。

スポンサーリンク

松本潤 極秘渡米、概要

8月10日、米国・ロサンゼルスにある日本人街「リトルトーキョー」は、大変なにぎわいをみせていた。

毎年恒例のフェスティバル「二世週祭」が行われていたのである。

日系人の結束を高めるため、日本の伝統芸能や最新パフォーマンスを日米文化会館や高野山米国別院で披露するお祭りで、今年で第79回を迎えます。パレードもあり、日本からはジャニーズJr.の6人組ユニット『美 少年』が参加していました。

英語で自己紹介をした後、嵐を始めとしたジャニーズの先輩たちの歌を歌い、ダンスを繰り広げた彼らを少し離れて見守っていたのが、嵐の松本潤さん(35)だったという。

「松本さんはキャスケット帽にメガネをかけて“変装”していましたが、オーラがすごかったです。屋外ステージの出番が終わったメンバーたちを笑顔で出迎えると、熱心にアドバイスをしていました」と、居合わせたお客は語った。

超多忙なスケジュールを縫って、松本さんが極秘渡米していたのには、理由があった。

歴史あるこのお祭りは、もともとジャニー喜多川さん(享年87)の父で、ロサンゼルスの高野山別院の主監(最高責任者)を務めた喜多川諦道さんが始めたものでした。

実は、今夏のフェスティバルのためにジャニーさん本人も渡米する予定になっていたそうです。

松本さんはジャニーさんの遺志を受け継ぎ『美 少年』に帯同したようです。

喜多川諦道さんは、1931年に日系人少年33人で米国最古のボーイスカウトを結成し、1935年には当時のフランクリン・ルーズベルト大統領から表彰されたこともある。

当時、西海岸には多くの日系一世グループがありましたが、仏教界との交流はありませんでした。

諦道さんは各宗派が日系の地域社会と接点を持てるようにと、高野山の婦人会の力を借りて盆踊りを開催。

それが後の『二世週祭』となったのでした。

スポーツ紙記者は語る。

「今回の『美 少年』の『二世週祭』への参加はメンバーの岩崎大昇くん(16)と那須雄登くん(17)が生前のジャニーさんへ『海外に行きたい!』と直談判して実現したんです。ジャニーさんが『YOUはパスポート持ってるの? もしかしたら8月に海外行かせるかも!』と約束した言葉が“遺言”となってしまったんです」

女性自身


“海外進出”が事務所創設当時からの夢だったジャニーさんが所属タレントをフェステイバルに送り出したのは今回が2度目だった。


14年前、まだデビュー前のKAT-TUNを参加させています。

ジャニーさんにとって、このお祭りはいわば、“日米エンタメのルーツ”。

松本さんはジャニーさんへの追慕の念も胸に秘め参加したのでしょう。

9月4日に、ジャニーさんのお別れ会が東京ドームで行われることが発表。

その“報告”も兼ねていたのだろうか?

スポンサーリンク

松本潤 極秘渡米、ネットの声

嵐休止後に、松潤が自分が表に出る仕事をしながら後輩グループのプロデュースとかもする可能性があるっていう記事を前に見たけど、jrについてLAまで行っていたならそういう事もあるかもね

松潤は嵐のコンサートの演出を考えたり友人の舞台稽古を見学に行ったりするのが好きみたいだから、舞台監督とか合っているのかもしれないですね。

どちらにせよ来年が終われば自由になる時間が増えるでしょうから、色々とやりたい事があるのでしょう。

音楽と踊りだけでは限界があっても演出に限界はない。どこまでも進化することができる。ライブにおいて「演出」を重視するのはそういう意味でも大事なことだと思う。
嵐ほど大規模なグループなら多方面から様々な技術やアイデアを集めて、しかも相当な額を費やせるだろうから、ライブ演出という点においてはある意味日本の最先端をいっているかもしれない。そのライブを仕切る松潤が休止以降なにもしないことはないだろう。
彼の演出に対する熱意は凄まじいものがある。タッキー同様、ジャニーズのライブを磨き上げていく重要な役割を担うというのはあり得る話。

アメリカ進出したいなら挑戦もいいと思う。
でもダンスでも歌でも日本よりも実力が数段上のレベルにならないと通用しないと思う、アジア人相手としても。実力があれば、見た目は後回しでもやってける。

ちゃんと歌える人が欲しいところ、演出力だけで誤魔化せる甘い世界ではないと思う。

松潤は嵐の舞台演出をしているから後輩の舞台でのアドバイスをかねて帯同したんだと思います。来年一杯で活動休止そうなれば後輩のライブの演出なども手掛けることもあるかもしれません。それよりも極秘って別に秘密にはしてないと思います。滝沢ひとりではJr.のプロデュースは難しいと思います。中居や松潤がライブの演出をしている経験上Jr.やデビューした後輩のライブ演出やプロデュースをしてもいいと思います。滝沢一人で喜多川社長の様にするのは無理なので先輩たちを上手に頼ればいいと思います。

スポンサーリンク

松本潤 極秘渡米、終わりに

松本さんの極秘渡米に、居合わせたお客は、かなり驚いていたようですが。ネットの反応は、意外と受け入れているようですね。

「松本さんは、舞台監督なども向いているのでは?」という意見もありますし、今回の渡米は、今は亡きジャニーさんに代わってという気持ちだったのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました