小原正子 産後うつ告白!ブログ全文あり!旦那・子供は?【画像】

スポンサーリンク
芸能人

お笑いコンビ、クワバタオハラの小原正子さん(43)が、第1子となる長男を出産後に産後うつの症状があったことを告白しました。

「小原正子 画像」の画像検索結果
スポンサーリンク

小原正子 産後うつ、概要

10日に第3子となる女児を出産した小原さん。

20日に更新したブログでは、今回の出産で初めて、医師から産後うつの話をされたと報告。

「時代の変化を たった4年ですが、感じました それくらい産後うつって当たり前にママさんの多くに起きていることだし、皆が理解しなくちゃいけないことなんですよね!」と語った。

続けて、「私の場合。。。特に長男のとき 旦那さんが抱っこしてくれている姿をみてもハラハラドキドキ!誰にも触られたくないくらい ピリピリしていたと思います!」と、長男出産後のうつ症状を明かしました。

「そして、そんな気持ちや産後の情緒不安定から。。。旦那さんにおそらくいやーーな態度をしてしまっていて。。。夫婦げんかがめっちゃ多かった!!!あのときは夫婦で知識不足でした」と振り返った。

また、夫で元メジャーリーガーのマック鈴木さんも同日ブログを更新。

小原さんのブログの内容に「読み終わったら心に何かがドカーンと響き胸がグッと熱くなると同時に締め付けられました」と衝撃を受けたことを明かし、「いまから神戸に帰ります 率直に色々と話したい気持ちです」と語った。

スポンサーリンク

小原正子 産後うつ、ブログ全文

三人とも
同じ病院で 出産させていただきました

入院中に 色んな
赤ちゃん指導もあったり
感動するお話を聞かせてもらったり。。。
貴重な入院生活

たしか
長男せいきちの時には なかったけど
今回 こうめちゃんの時には
産後うつの話を医師が お話してくださいました

 (次男せいはちの時は、
 長男と歳も近かったので
指導や会合など出ずに

ほとんど部屋にこもっていた私   )

時代の変化を 
たった4年ですが、感じました

それくらい
産後うつって 当たり前に 
ママさん の多くに起きていることだし、皆が理解しなくちゃいけないことなんですよね!

昨日は
出生届けを出しに区役所に行きましたが  

こども保健の窓口では、
子供のことより むしろ
お母さんの体や気持ちの部分を沢山聞いてくださいました

うん、やっぱり
ここでも 違いを感じました!

いい違い

むしょうに 泣ける
なにも手につけない
眠れない
イライラする 
マイナス思考
などなど 。。。

これが悪いことと思わず
愚痴をこぼし、甘え、
手を抜くことが大切 で

産後うつは、まったく恥ずかしいことではなく
困ったら お医者さんや役所でも、すぐに相談しちゃってOK!

という知識

今じゃあ、当事者の母親は
知ってる人が多いけれど

特に
世の旦那様方や
祖母、祖父世代の方々には
知っておいて ほしいなぁと思います!

まだまだ
産後うつについて
知らない人も多いはず?!
 
子供を守りたい気持ちが
強ーーく出るのも お母さんならではの本能だそうですね!

私の場合。。。

特に長男のとき
旦那さんが抱っこしてくれている姿をみても   ハラハラドキドキ!

誰にも 触られたくないくらい  ピリピリしていたと思います!

いまさら、納得!!

そして、
そんな 気持ちや 産後の情緒不安定から。。。
旦那さんに おそらく
いやーーな態度をしてしまって いて。。。
夫婦喧嘩

が めっちゃ多かった!!!


あのときは 夫婦で
知識不足でした 

理由がわかっていれば

無駄な時間を使うことなかったのにな~~

ママが たくさんの笑顔で
子育てできること
=子供にとって なによりのこと


大切な子供のために

ママさんたち 
無理しないでねー!


(わたしもねー! )

小原正子  オフィシャルブログ
スポンサーリンク

小原正子 産後うつ、ネットの声

分かる分かる!
年齢に関係なく、鬱なんて無縁だった方も、産後鬱はありえるからね。ホルモンバランスも崩れるし。

汚い(気がする)手で触って欲しくなくて、他人に任せることにやきもきするのって、産後鬱なんですか!?
私も第一子は衛生面で神経を使ってたけど、鬱だなんて思ったことがなかった。
産後鬱って、我が子を可愛いと思えない…などの状態と思ってた。

産後鬱ね…。

心底産後鬱になったのなら、第二子も躊躇うと思うよ。

第三子まで産んだなら、この方にとって産後鬱って、かなり軽いもんだと思うけど。

出産前後の実況までしてうつ?
子供を金儲けの道具にしてうつ?
なんか違う気がする。。。

スポンサーリンク

小原正子 産後うつ、終わりに

今は、産後クライシスや、産後うつは、だいぶ浸透してきたのかもしれませんが、実際に産後うつを体験しなければ、その大変さは、分からないものだと思います。

小原さんは、自身の過去を思い出して産後うつだったと、気づいたようですが。

世の中には、自分が産後うつだと気づかないまま、苦しんでいるお母さんが、たくさん居ると思います。

小原さんのブログが、そんなお母さんたちを少しでも救ってくれたら、良いなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました