八木裕 トバッチリ!コメント有り!あおり運転宮崎容疑者との関係?

スポンサーリンク
芸能人

煽り運転をして傷害の疑いで逮捕された宮崎文夫容疑者(43)が、かつて「代打の神様」と呼ばれた元阪神の野球評論家、八木裕さん(54)と対談していたことが話題になっています。

 ビジネス情報サイト「B-plus」の経営者インタビューの一環で、報道後の騒ぎを受けて、この対談記事が削除されました。 概要はこちら!代打の神様コメントあり! 煽り運転をして傷害の疑いで逮捕された宮崎文夫容疑者(43)が、かつて「代打の神様」と呼ばれた元阪神の野球評論家、八木裕さん(54)と対談していたことが話題になっています。

 ビジネス情報サイト「B-plus」の経営者インタビューの一環で、報道後の騒ぎを受けて、この対談記事が削除されました。

スポンサーリンク

八木裕 トバッチリ、事件の経緯

車から降りて「殺すぞ」などと怒鳴り、停車させた車の男性ドライバーの顔を何度も殴るという、2019年8月10日に茨城県内の常磐自動車道で起きた事件は、ドライブレコーダーの映像がテレビで繰り返し流され、ネット上でも、その傍若無人の行為に怒りの声が次々に上がっていました。

その後、指名手配された宮崎容疑者は、大阪市内で18日に交際相手のマンションから出てきたところを警察官に取り囲まれ、激しく抵抗したものの逮捕されました。

報道によると、容疑を認めているという。

スポンサーリンク

八木裕 トバッチリ、インタビュー内容

そんな事件を起こした宮崎容疑者だが、2019年3月ごろに載った経営者インタビューでは、犯行時の様子とは違うビジネススーツ姿だったという。

宮崎容疑者のフェイスブックなどによると、宮崎容疑者は、関西の有名私大出身で、大阪市内の大手メーカーに就職後、1年も経たずに辞め、その後、同市内で個人事業主として不動産ビジネスをスタートさせた。

祖父のマンションを引き継いだといい、2018年に入って、自らの会社を立ち上げ、経営コンサルティングの別会社も設立している。

インタビューでは、不動産会社社長としての意気込みなどが語られており、そのインタビュアーが元阪神の八木裕さんだったという。

八木さんから会社の特色を聞かれると、宮崎容疑者は、自らも実際に物件の近くに住んで、その情報を元に客に提案しているなどと説明した。

スポンサーリンク

八木裕 トバッチリ、 八木さん側コメント

「一度しか会っていないため、コメントできることはない」

八木さんは、宮崎容疑者の説明に驚き、「自ら体験して得た情報はお客さんにとっても信頼性の高いものになりますね」と感心した様子だった。

宮崎容疑者が地球規模で考えて足元から行動を起こすのがポリシーだと明かすと、八木さんは、「宮崎社長は行動力と発想力にあふれ、精力的に活動しているのがよくわかりました。ご活躍を期待しています」などとエールを送っていたという。

宮崎容疑者は、最後に「『仕事を楽しむ』とは…」のまとめで、「焦らず、ゆとりを持つことですね」「『急がば回れ』という言葉があるように、一歩引いた目線で状況を判断し、落ち着いて考えることで、新たなアイデアが浮かんできたり、仕事に対して楽しいと感じられるようになったりするのだと思います」と結んでいたらしい。

スポンサーリンク

八木裕 トバッチリ、現在

インタビューでは、宮崎容疑者と八木さんのツーショット写真も載っていたという。

宮崎容疑者は、茶髪に赤いネクタイ姿で、自らのものとみられるインスタグラムではプロフィール写真にも使っていた。

この対談記事は、ネット上の阪神ファンらの間で話題になったが、事件報道を受けて削除されてしまった。

その理由について、「B-plus」を運営する国際情報マネジメントは8月19日、「犯罪になると記事を消すルールになっています」と担当者がJ-CASTニュースの取材に答えています。

八木さんは、事件とは関係ないため、トバッチリを受けて困惑しているという。

対談記事では、インタビューされた側が掲載中は毎月9000円を支払うなどのシステムになっている。

宮崎容疑者を取り上げたきっかけなどについて聞くと、「事件とは関係ないので、答えられないです」とした。

スポンサーリンク

八木裕 トバッチリ、 ネットの反応は?

インタビューを受ける側が掲載料を支払う記事っていろんな業界にあります。雑誌であったりサイトであったり…。
カラクリを知らない人が見ると有名人にインタビューを受けているので信じてしまう。お金をかけた自己宣伝広告の一種。

この容疑者は自己顕示欲と承認欲求がかなり強そう。思い描く理想と、現実にズレがあると暴力的になるタイプ。

外見で判断してはいけないと言うが、自分は相手の外見、話し方や身なり、話をするときの目の位置を見てある程度の判断をしています。特に目は口程に物を言うと言われるほど、相手の感情がすぐに表れるので注視するべきです。この宮崎容疑者はやはり目に特徴を持っていると思います。言葉使いや身なりなどは幾らでも誤魔化すことが出来ますが、目は口より先に本人の感情が出ます。面白くて笑うときは目も笑っていますし、嬉しい時や和んでいる時は目も優しくなります。腹立たしく思ったりいら付いている時は目も鋭くなります。宮崎容疑者の目元は普段からイラツキの多い感情的なヤバい感じの目つきです。話し方や服装で相手を誤魔化せても、お互いに目を見て話せば相手が真実を話して真剣なのか、調子の良いことを言ってのせているかは目が泳ぐかこちらをちゃんと見据えて話しているかで判断は可能です。元営業職でした。

ここ近日、先日のあおり運転の報道をしておりますが、あおり運転を回避する報道があります。まったく筋違いと思います。あおり運転に合わないようにするのでなく、あおり運転を厳重に処罰し無くす事が大事です。だいたい運転中に携帯で減点と罰金があるのにあおり運転の法整備が遅れおります。N国党立花党首、NHKをぶっこわーす!もいいですが、是非あおり運転をぶっこわーす!して下さい。

相続したマンションを持っているとか、世界展開を目指している…とかの報道を見てあおり運転をはじめとして迷惑行為をやっているような人に見えなかったが、そのマンションがワンフロア2戸、7F建てのワンルームタイプという映像を見て大爆笑。報道で43歳の年齢を聞いて53歳以上のように老けて見える原因がわかったような気がする。

マスコミはは実際に合っている八木さんのインタビューを試みたほうがよい。八木さんが悪いところは全くなく、むしろこの犯人と接触しているのだから感触を確認したほうが良い報道になる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました