ジーンズ量販店 減少!今時は、新鮮さを求める?

スポンサーリンク
ニュース

ジーンズ量販店の店舗数が減少している。

若者のジーンズ離れや過去の拡大路線の反動などが背景にあるという。

大手ジーンズ量販店は、既存店の閉鎖や商品構成を見直し業績回復を狙う。

スポンサーリンク

ジーンズ量販店 減少!概要

マックハウス

「Mac-House」を展開する(株)マックハウスは、ピークの2009年2月期には567店を展開していた。

けれど、その後は不採算店の閉鎖を進め、2019年2月期は398店まで減少しました。

売上高も2009年2月期の566億5000万円から、2019年2月期は280億900万円まで半減!


 マックハウスの担当者は「従来のようなナショナルブランドのジーンズより、低価格帯を好む層も増えた。他社も低価格のプライベートブランドのジーンズに力を入れている」と業界動向を説明しています。

今後は、「これまでのロードサイド大型店の出店を見直し、ショッピングセンターを中心に展開する。客層の裾野を拡大するため、ファミリー層も意識していく」とジーンズ以外の衣料品の底上げを示唆する。

ライトオン

「Right-on」を展開する(株)ライトオンは、2015年8月期の516店をピークに2019年8月期第2四半期時点で492店へ減少しました。

2009年8月期に1006億600万円だった売上高は、2018年8月期は767億9800万円へ約23%落ち込んだ。

ライトオンの担当者は、「ジーンズが売れず、他の衣料品も苦戦を強いられ不採算店を閉鎖してきた」と説明しています。

拡大路線から舵を切り、「(当面は)新規出店を控え、ショッピングセンターをメインとした既存店の収益確保に努める」と話す。

ジーンズメイト

「JEANS MATE」を展開する(株)ジーンズメイトも、2012年2月期の117店から2019年3月期には76店へ減った。

売上高は2012年2月期の115億3300万円から2019年3月期には85億7900万円まで減少しています。

ジーンズの売場面積の縮小や、ジーンズからライセンスブランド商品へラインナップを切り替えている。

こうした矢継ぎ早の改革で利益は復調している。

ジーンズメイトの担当者は、「地域によってはジーンズ以外の商品で売場を構成せざるを得ない」と漏らす。

スポンサーリンク

ジーンズ量販店 減少!原因は?

有名人が広告塔に起用されたジーンズは、かつては憧れの対象だった。

しかし、今時は、ジーンズ量販店ですら、主力商品の座から追われているという。

商品にはライフサイクルがあり、消費者に飽きられないよう常に「新鮮さ」と改善が求められる。

普遍の存在と思われてきたジーンズも栄枯盛衰からは逃れられない。もはや例外や定番など存在しないのだろう。

スポンサーリンク

ジーンズ量販店 減少! ネットの声

00年代終わりに小売り各社が相次いで投入した低価格ジーンズの普及が大きいでしょう。ユニクロの姉妹ブランド「GU(ジーユー)」が2009年3月に990円のジーンズを発売し大ヒットし、これを口火に、イトーヨーカ堂やイオンなど小売各社が相次いで1000円を切るジーンズを発売しました。同年10月にはドン・キホーテが“業界最安値”をうたって690円のジーンズを発売し話題となっています。こうした状況を受け、高価格帯のものを扱うジーンズ量販店各社は脱ジーンズを進め、既存店の品ぞろえを大きく変えてトップスを強化したり、トップスが多い新業態の開発・拡充を急いでいます。

20年ぐらい前、学生の頃はジーンズが大好きでした。

リーバイスの「501XX」というモデルが特に人気で、古着でも3万円ぐらいしたり、復刻版も2万円はしたような気がします。
Tシャツにジーンズ、スニーカーを合わせるのが基本で、ファッション誌のモデルやおしゃれ有名人を真似してました。

一生懸命お金をためて、競って高いジーンズを買ってた時代です。

今はジーンズもユニクロやGUなら、質の良いものが数千円で買えるようになりました。ファッションも、お金をかければかっこいいという時代でもないですし、ファッションリーダーという存在もあまりいなくなった気がします。

今と比べてもしょうがないですが、一生懸命ファッションを頑張ってた時代が懐かしいですね。

専門家の意見は知らんけど、利用者サイドの意見としては、マックハウスの店舗数が減る理由は 別の理由じゃないかな?

むかしジーンズメイトでジーパンの各社2級品をよく買ってました。
2級品って、いわゆる傷物みたいなもんだけど、ジーパンに多少傷が有っても判らないし、とにかく安かったから重宝していました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました