中高年男性臭 皮膚ガスとは?その種類は300種以上!?

スポンサーリンク
ニュース

最近毎日暑いですね。外を歩いているだけで、汗が滴り落ちてきます。そんな時期に気をつけたいのが体臭です。常に他人の顔色を伺っている中高年男性はいませんか。

俗にミドル脂臭と言われているものです。人間の皮膚の表面には、体臭の元となる“皮膚ガス”が発生しているといわれ、その種類は300以上もあるらしいです。

そんな「皮膚ガス」について調べてみました。

参考記事一部抜粋↓

驚きの破壊力!中高年男性臭の元「皮膚ガス」とは


 汗ばむ季節に気をつけたいのが体臭です。周囲の表情の変化をうかがい、「『加齢臭がする』『おっさん臭い』と言われているのではないか」と神経質になっている中高年男性はいませんか。人間の皮膚の表面には、体臭の元となる“皮膚ガス”が発生しているといわれ、その種類は300以上。においは「チーズ」や「使い古された油」など、年代によって変化します。中高年男性を中心に体臭が生まれるメカニズムやその対処法について、ライターの西川敦子さんが、東海大学理学部化学科教授の関根嘉香さんに取材しました。【毎日新聞医療プレミア】

 リョウさん(43歳)にはちょっとした悩みがある。最近、体臭が強くなってきたのでは、という疑念が頭から離れないのだ。立ち話をしていると、女性の部下や同僚はわずかだがあとずさりする。愛想のよい笑顔を浮かべながらも、彼女たちの表情は固まっているようだ。「なんかにおう」という心のつぶやきが聞こえてくるようで、最近は女性と接するのが苦手になってしまった。

 ――もしかすると、ちょっと汗臭い? いや、香り付きの汗拭きシートをこまめに使っているし。

 もんもんとしていたが、ある朝のこと、中学生の長女の一言で疑念は決定的なものになった。「お父さんの後で洗面所を使うのはイヤ! おっさん臭いんだもん」

 ――おっさん臭い? それって、一体どんなにおいなんだ? 何が原因なんだ?

 リョウさんは衝撃から立ち直れなくなってしまった。

 ◇仕事中、背後から近づく女性に警戒を

 一言で「おっさん臭い」といっても、人により、シチュエーションにより、そのにおいは千差万別だ。

 「じつは人間の皮膚の表面からは“皮膚ガス”という気体が発生しています。皮膚ガスが鼻に届くと、においとして感じられるわけです」

 こう説明するのは、東海大学理学部化学科教授の関根嘉香さん。皮膚ガスにはいろいろな種類があるが、現在の研究では少なくとも300種類以上存在することがわかっているという。発生ルートは3パターン。

 「皮膚表面で反応して出るものを“表面反応由来”といいます。汗の中の成分や、皮膚の表面にいる常在細菌が皮脂をパクパク食べて、その食べかすからガスが出るのです。汗や皮脂に紫外線が当たって化学反応が起こり、皮膚ガスとなることもあります。このほか発生ルートとしては、汗腺や脂腺など皮膚腺を通じて放散する“皮脂腺由来”、血中の成分が皮膚から直接放散する“血液由来”があります」

 皮膚ガスは年代によっても変化する。

 「若いうちは活発に動くこともあり、汗のにおいが強いもの。ところが男性の場合、30代になると急に皮膚表面から“中年男性臭(ミドル脂臭)”が出てくることがあります。これはジアセチルという成分が原因。皮膚の常在細菌であるブドウ球菌が汗の中の疲労物質、乳酸を代謝、分解することで出てしまうのです」

 乳酸から生まれるだけあって、そのにおいはチーズによく似ている。

 「『このにおいがたまらなく好き』という人もまれにいるかもしれませんが、大抵の人は苦手でしょうね。ジアセチルは揮発性があるので、体温によって発生する上昇気流に乗り、頭の上に集まりがちです。オフィスなど広い空間でも、25センチ以内に近づくとにおいに気づかれます」

 座ってパソコン作業をしているときなどに、「ちょっといいですか」と後ろから声をかけられたら、立ち上がって話をしたほうがよさそうだ。でないと、頭から立ち上るにおいが相手を直撃することになる。また、ジアセチルは狭い空間では広がりやすく、寝室など密室はこもりがちなので要注意だ、と関根さん。

 さらに年を取ると、今度は“加齢臭”と呼ばれる皮膚ガスが出てくる。においのもとはノネナール。皮膚表面の皮脂が酸化して生まれる物質である。

 「老化により、皮脂の酸化に対する抑制力が落ちると、加齢臭の元になる物質の分泌量が増える。加齢による活性酸素の増加も影響しているといわれています。人によっては早くて30代半ばくらいからにおいだし、50代くらいからどんどん強くなります。“おじいさんのにおい”“使い古された油のにおい”などいろいろな表現がありますが、“古本のようなにおい”といえばわかりやすいでしょうか」

毎日新聞
スポンサーリンク

中高年男性臭にも色々ある!それぞれの違いとは?

中高年男性臭にも種類が色々あるみたいです。それぞれを簡単にまとめて見ました。

汗臭

「汗臭」は、新陳代謝が高い20代が最も多い。 汗は臭いもの、というイメージがあるかもしれませんが、じつは出たばかりの汗は無臭!

汗をかいたときに発生するあのイヤなニオイは、汗そのものではなく、汗や皮膚の汚れをエサにした細菌がつくり出したニオイ物質のせいなのです。


さらに、汗腺の働きが悪いと、においやすい悪い汗が出る場合も。
適度に汗をかいて汗腺機能を鍛えることが大切。

加齢臭

「加齢臭」は「オヤジ臭」と混同されがちであるが、全く違うものであるとのこと。加齢臭の元となるノネナールは、ロウソクや古本のような臭いでそこまで強いものではないという。

加齢臭は男性のみの症状との誤解も多いが、元々は臭いや体臭に敏感な女性向け商品開発の研究のために発見された物質のひとつである。 男性は主に40歳代以降、女性では主に閉経後に増加傾向が見られる。

ミドル脂臭

「ミドル脂臭」は、最近の体臭研究で新たに発見された臭いで、30~40代の比較的若い世代に発生しやすいとのこと。主成分は「ジアセチル」という物質で、この物質が汗のなかに含まれる乳酸と、皮脂が酸化してできる中鎖脂肪酸が結合すると、加齢臭と比較にならないほどの強い臭いを発生させるという。

ミドル脂臭は、別名「つわり臭」とも呼ばれ、女性の中にはこの臭いを嗅ぐと、胸がムカムカするほどの不快感を覚える人もいるとのこと。後頭部から首筋の後ろなど、自分では気づきにくい場所で発生することが多いが、30~40代の男性が「枕が臭う」と感じたら、加齢臭ではなくミドル脂臭と考えたほうがいいという。

ミドル脂臭の原因はいずれも生活習慣にある。脂っこいものが好きで野菜をあまり食べない人や、休みが少なくて疲れ気味の人、ストレスの多い環境で仕事をしている人などが発生しやすいという。脂質を控え、野菜を摂取したり、ストレスを解消したりすることが、基本的な対策になるとしている。

オヤジ臭

オヤジ臭は、加齢臭のほか、口臭、頭皮・汗・ワキ・足の裏やタバコの臭いなどのさまざまな生活臭が混ざった臭いのことを指すという

中高年男性の行動からくる視覚やイメージが、オヤジ臭に影響しているとのこと。臭い自体はそれほどなくても、清潔感に欠ける服装や頭髪の乱れ、オヤジくさい行動などによってイメージが悪化し、「オヤジ臭」が強いと感じられてしまうという。

その他にもニオイの原因には疲労臭や、ダイエット臭などがあります。

スポンサーリンク

中高年男性臭 皮膚ガスとは?最後に

汗ばむこの季節にご自身のニオイが心配になったことはありませんか?
ニオイのタイプには年齢や生活習慣によって人それぞれです。

廻りの人を不快にさせない為にも、しっかりと体臭対策をしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました