西健一郎 死去!和食界の至宝、美味しんぼでも有名だった。

スポンサーリンク
ニュース

「和食界の至宝」と呼ばれ、人気グルメ漫画「美味しんぼ」にもたびたび登場した西健一郎(にし・けんいちろう)さんが26日夜、肝不全のため東京都文京区の病院で死去しました。

81歳。京都府出身。葬儀は近親者のみで行う。後日、お別れの会を開くという。

スポンサーリンク

西健一郎 死去!概要

関係者によると、最近は心臓疾患の手術などで入退院を繰り返していたが、店主を務める日本料理の名店「京味」(東京・新橋)には入院中も顔を出していたという。

著名な料理人だった西音松さんの四男で、17歳から京都の名店で修業。

1967年、30歳で開いた「京味」は、有吉佐和子や志賀直哉ら文化人のほか、財界や芸能界の大物ら多くの食通に愛されてきた。大切にした言葉の一つが「安いものには手をかけろ」。

安くても旬の食材を、高級食材に負けないよう手をかけるという哲学を貫いたという。

漫画「美味しんぼ」にも、主要キャラクターを手助けする役などで実名で登場。

原作を手掛ける雁屋哲さんは、過去にブログで「料理は芸術であるという命題をそのまま表象して下さっている方の一人」と絶賛。

西さんの素材の良さを引き出す真摯(しんし)な姿勢や、もてなしの心が作品に描かれた。

安くても旬の食材を、高級食材に負けないよう手をかけるという哲学を貫いた。

スポンサーリンク

西健一郎 死去!プロフィール

「西健一郎」の画像検索結果

著名な京料理人である西音松さんの四男として京都に生まれる。

料理人を継ぐはずだった長兄が他の道を志したため、父親から17歳の頃に料理人になるように命じられ、京都の高級割烹で修行を始める。

抜群の料理センスと負けん気の強さで頭角を現し、1967年に30歳で独立して東京・新橋に自分の店「京味」を構える。なお命名者は、裏千家家元(15代目)の千玄室。

店は文化人や作家、政財界人が集う人気店となるが、一抹の不安が残るようになる。

更に父親の「まだ料理人のうちに入ってませんわ」という評価が追い討ちをかけた。

数年間独自で探求を試みるが、結果的に京都で既に引退していた父親に教えを仰いだ。

父親は70歳を過ぎ、西さんは30代半ばだった。二度目の修行は父親が86歳で亡くなるまで、およそ10年続けた。

近年はメディアに多く出るようになりました。

作家平岩弓枝さんが長年の贔屓で、共作で百品余の献立を紹介した『「京味」12か月』を、月刊「文藝春秋」で2009年4月号まで13回連載しています。

スポンサーリンク

西健一郎 死去!ネットの声

ハモと松茸の鍋とカニ鍋は本当に食べたいと思いました。
岡星さんの鬱病を直したり、本当に凄い人だと思いました(…って、これは設定でしたね)

レシピ本も見させて頂きましたが、品があって本当に美味しそうでした。一度は「京味」で西さんの料理を味わいたかったですね…

ご冥福をお祈りいたします。

美味しんぼの設定の中でも、海原雄山も絶賛。この方が出てくると頼りになる本物の料理人という印象でした。実際のお料理も言葉を失うほど美味しいのだろうと思います。魯山人の究極のご飯を食べてみたかったです。ご冥福をお祈りします。

一度は行ってみたかったのに、知り合いに常連はいなかった。行きたい店にはどんなツテを頼ってでも行かないと駄目なんだな。京味はお弟子さんが続けるんかな。

初めてコメントを書きますが。美味しんぼで(漫画上で)見た方ではあるんですが、岡星さんのうつ病を治すきっかけとなる料理を食したいと切に願っていましたが、非常に残念です。陰ながらご冥福をお祈りします。

和食って洋食(めちゃ美味しい洋食も有ります。)と違って、引き算の調理法も出来る素晴らしい世界に誇れる料理です。
その達人が亡くなるなんて・・・

ご冥福をお祈りいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました