WHO 日韓 戒めヤバい炎上!コロナハラスメントも?ネットの反応は?

スポンサーリンク
ニュース

WHO(世界保健機関)は新型コロナウイルスについて「夏になれば消えると考えるのは誤りだ」と過度な期待を戒め、今できる対策に全力を尽くすべきだと訴え、話題となっています!

スポンサーリンク

WHO 日韓 戒め、内容

WHO(世界保健機関)は新型コロナウイルスについて「夏になれば消えると考えるのは誤りだ」と過度な期待を戒め、今できる対策に全力を尽くすべきだと訴えました!

WHOの危機管理の責任者は、

「ウイルスが異なる気候条件の中でどのように変化するかまだわかっていない」と語り、

「インフルエンザのように夏になれば消えるという根拠はない」としました。

その上で、「自然消滅を期待せず、今こそウイルスと闘わなければならない」と強調したという。

 また、日本と韓国をめぐっては感染が拡大する中で、

「上手く対応している」とした一方。

週明けから互いに入国規制を強化することについて「有効ではない」として自制を促し、「政治的な争いではなく、人命を守ることに集中すべきだ」と指摘しました。

スポンサーリンク

WHO 日韓 戒め、コロナハラスメントも起こる!

こちらは、最近、話題となっているコロナウイルスに対して、社会で起こっている新たなハラスメントです!

合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

WHO 日韓 戒め、ネットの声

余計な口出しはしないでほしい。
中国に忖度するトップは交代すべきで政治的発言はやめて欲しい。
WHOの緊急事態宣言が遅すぎた責任はあまりにも重いと思う。

自制するも何も韓国の状況をみれば入国制限をするのは当然で、その証拠に世界の半数の国が何らかの制限を彼の国に科している。長期化するかもしれないが、お互い交流が止まるのは、将来良い方に向かう為だと期待して、両国とも素直に受け入れた方が良いと思う。

いやいや、WHOの中でもいろいろと見解が異なるようですね。
そちらの緊急対応責任者マイクライアン氏は
『日本による入国制限強化の対象となった韓国が
 対抗的な措置をとった問題に関連して
「渡航制限は非常に慎重に検討されなければならない」と指摘。
 またライアン氏は「不幸なことに報復的な渡航制限は過去にも起きてきた」
 と述べたうえで、こうした措置の実行には
 公衆衛生上の科学的根拠を示すことが求められるとの考えを示した』
とのことで、あなたとはだいぶ見解が異なるようです。
どう考えても韓国側の措置は防疫上の措置ではなく
外交上の報復措置と捉えられているようです。
それにこのウイルスの生態の感染力と生命力が強いということとを
世界に知らしめたのは中国政府とWHOですよね?
米国国立衛生研究所の見解では
1年~1年半後もウイルスは存在するとのことで
WHOの見解などもはや耳には入って来ません。

状況を考えれば入国制限は普通だと思う、相手はそれを利用して国内での人気取りをしているだけ、そもそも日本以外に入国制限をしている国はスルーするあたり政治利用しているのはWHOだと思う

日本は入国だけでなく観光などの出国はすべての国に対して規制すべきだった。
ビジネス等の必要な要件のある人間のみ、ある程度の健康管理下のもとに出国させるべき。
被害者になるのも加害者になるのもよくない、自国本位でない態度が後々の信頼を勝ち取る。

WHOに入国制限に付いて口出しされたくない。

だいたい韓国は他国からも制限されているのに、毎度の如く日本にだけ逆恨み逆切れ報復措置発動ですから、ただ今回は制限してくれて良かったと思います。

このまま断絶宣言でもしてくれたらいいんだけどね。

全く理解違い。Kが報復で発動しているだけ。事実は正しく言え。

ただ、これはある意味、僥倖。
これで日本も多方面で報復制裁できる大義名分を得た。
上手く運べば通貨危機以来の破綻に追い込める。

当然、ファイナンス面で手助けする必要もない。
更に言えば、日本がファイナンスしなければ、そもそもこの国は成り立たない。理由は簡単。海外から日本の担保や保証なしに資金調達する能力がそもそもないからである。

一応日本は国を守る措置として韓国の入国規制をしたわけで、なぜかあちらさんがいきなりキレただけの話。
保健機関が政治的なことに口出しする暇ないでしょ。

全然関係ないけど、WHOで検索したら候補に
「WHO 役立たず」「WHO 信用できない」
って出ますね。

スポンサーリンク

WHO 日韓 戒め、終わりに

WHOの発言は、ネットでは大炎上しているように見えます。

国交も大切ですが、今、現在、コロナウイルスの危機に陥っている状況を、もっと肌で感じ取ってほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました