勉強中スマホ 増加!勉強中にスマホを触らないコツ紹介!

スポンサーリンク
ニュース

勉強しながらスマートフォンや携帯電話を使う割合が仙台市内の中学3年で6割に上ることが、市教委が実施した生活・学習状況調査で分かった。

中学1、2年も半数前後が使用し、全体に動画や音楽を視聴したり、通信アプリで友人とやりとりしたり、勉強中の「ながらスマホ」が増えているという。

スポンサーリンク

勉強中スマホ 増加!概要

小学5年~中学3年の学年別で音楽、動画、ゲームのアプリ、LINEなど通信アプリを勉強中に使う割合は?

勉強中のBGMにするためか、音楽は小学6年~中学3年でいずれも最多で、中学3年では60.7%に上った。小学5、6年は通信アプリよりもゲームの割合の方が大きかったという。

勉強中のスマホなどの使用は右肩上がりで増え続ける。

勉強中のながらスマホの拡大は、端末の普及と無関係ではないとみられる。中学3年の所持率は17年度から4.6ポイント増加し、81.1%に達した。中学2年は8.3ポイント増の79.1%、中学1年は7.7ポイント増の70.6%となった。

市教委の担当者は「児童生徒にスマホが浸透し、使用する時間が増え、勉強中のながらスマホにもつながっている」と分析する。

スマホの長時間使用が学力低下を招くことは、市教委と東北大が15~17年度、児童生徒の成績などから関連性を分析し、傾向が判明しています。市教委はリーフレットを作り、児童生徒に注意を呼び掛けてきました。

市教委学びの連携推進室の担当者は「子どもたちが自分で使用時間を管理できるよう指導する。家庭で使う場合は多く、保護者への啓発を強めたい」と語った。

調査は4月、市標準学力検査と一緒に市立小中学校など185校で実施された。

スポンサーリンク

勉強中スマホ 増加!スマホを触らないコツ

なぜ勉強中にスマホを触ってはいけないのでしょうか?

スマホは集中力、時間を確実に奪っています!

スマホは視界に入るだけでも集中力が落ちると言われています。机の上に置いておくだけでも勉強に支障が出るようになります。

いくらマナーモードにしていたり、裏向きにしていても集中力は奪われていきます。勉強や仕事など何かに集中したいときは、スマホを近くに置かないようにすることが大切です!

1. スマホを部屋に持ちこまない

勉強部屋があるのなら、そこにスマホを持ち込まないことは有効な手段です。勉強部屋は、勉強をするための部屋としてそれ以外のものは持ち込まないようにしましょう。

2. 勉強は誰かが見ているところで行う

人間には、「自分を良く見せたい」と言う欲があります。それを良い方向に活用するのにうってつけなのが、人前で勉強することです。

家の中でも、一人で勉強するよりもリビングなど誰かがいる場所で勉強すれば集中できるかもしれません。

3. スマホを預ける

どうしてもスマホを触ってしまうという人は、スマホを家の人に預かってもらうと良いでしょう。

4. 勉強道具だけ持ち歩く

大切なことは、勉強道具以外何も持たないということです。

学校や塾に持って行くものの中で、勉強に使わないもの、ありませんか?スマホや鏡とか、よくわからない小物とか。そういったものに自分がどのくらい時間を使っているか考えてみましょう。

5.マナーモードをうまく使う

勉強において、スマホの何が問題かというと通知です。SNSやオンラインゲームなどで周りのリズムに合わせないといけなくなると、自分の時間を持てず勉強できません。

そこで有効なのは、マナーモードなどを使って自分の時間を作ることです。

どうしてもきになるという人は、機内モードを使うという手があります。これは、周りとの関係を完全に断ち切るのでオススメです。

6. 寝るときはそばに置かない

寝る時にスマホを触ってしまう人が多いです。勉強したものを定着させるには睡眠が欠かせません。

また、スマホやテレビなど刺激の強いものを見てしまうと睡眠にも影響があります。

オススメは、スマホの充電器をリビングなどにおいておき、寝ている間に充電することです。そうすれば、絶対にベッドで長時間スマホを触ってしまうこともありません。

スポンサーリンク

勉強中スマホ 増加!ネットのコメント

モチベーションが上がらない学習内容の方をどうにかしたら?
安易にスマホや漫画を悪者にしても意味は無い。

社会で評価されるのは『学歴』だし、役に立つのは『実力』。
小学生くらいなら言われたままに勉強しても、中学生にもなれば学校の勉強で社会人としての『実力』が身に付くとは思えなくなるころ。

過去の歴史から教訓を学ぶことは大切だが、歴史的事実が何年に起きた事かを暗記している事が役に立つことはほぼ無い。
何年かを知りたければ「知りたいと思った時に調べればよい」。
調べるためのキーワードすらわからないと調べられないので、覚えるべきは年数じゃない。

まあ「学力がある」と言う事は「勉強の才能がある(『頭が良い可能性』が学力の無い人より高い)」か「親や教師に言われたとおりに勉強に時間と努力を割いた(従順)」のどちらかだと判断されるから、社会は『学歴』を重視する訳だが。

スマホを利用しているのではなく、利用されていることに気付かないのでしょう。遊んだり調べ物をしたりするうえで便利なのですが、他にやるべきことをいろいろ奪っているのも事実です。学力を上げる道具となるか、単なる遊び道具となるかは使う本人次第でしょう。

勉強がはかどるかどうかは個人差があると思います。
全く同じとは言いませんが、自分たちの受験時代はラジオを聴きながら勉強する人がいましたが、自分は絶対無理でした。
それでも良い学校に受かった人はたくさんいますから。
スマホやりながら勉強していて結果がでなければ何か対策を考えた方が良いですが。

若者のスマホの依存症。これは社会問題ですねぇ。どこに行ってもスマホが手放せない状態に危機感を感じます。すべての情報がボタン1つでできてしまう。、考えなくても答えが分かってしまう。便利な反面思考能力が低下するし、何よりコミニュケーションが取れない人間が増えるのが怖い気がする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました