70歳定年 戸惑いの詳細!年金受給75歳まで繰り下げも?

スポンサーリンク
ニュース

企業に70歳までの就業機会確保への努力義務を課す「高年齢者雇用安定法」の改正案が通常国会に提出されます。

60代の働き手を増やし、少子高齢化で増え続ける社会保障費の支え手を広げる狙い。

定年延長だけでなく、再就職の実現や起業支援などのメニューも加わるのが特徴です。

スポンサーリンク

70歳定年 戸惑い、 70歳定年法とは?

改正案は通称「70歳定年法」。

2019年6月の閣議で決定され、2019年末に始まった政府の全世代型社会保障検討会議の中間報告で明記されました。

国会で成立すれば、早ければ21年4月から実施される見通しです。
60代前半については既に、企業は「定年廃止」「定年延長」「継続雇用制度導入」のうちどれかで処遇する義務があります。

60歳の定年を63歳に延ばしたり、従業員が希望すれば同じ企業かグループ企業で嘱託や契約社員などで継続雇用したりする必要があります。

実行しなければ行政指導を経て最終的には社名が公表されるという。

厚生労働省の調べによると、2019年6月現在で定年廃止に踏み切った企業は全体の2.7%と少ないが、継続雇用制度を導入した企業は80%弱に達するという。


改正によって60代後半の従業員の就労機会を広げるため、従来の3つに加え4つの項目を追加するらしい。

グループ外企業への再就職を実現させたりフリーランス、起業を選んだ人に業務委託したり、企業が関係するNPO法人などで社会貢献活動に参加する人に業務委託したりする内容である。

スポンサーリンク

70歳定年 戸惑い、年金受給も繰り下げ?

企業は1つ以上のメニューを導入する必要があるが、60代前半と異なり、当面は実施しなくても社名公表はしない「努力義務」である。

政府は将来、60代前半と同じ「実施義務」にすることも検討しているという。


60代の就労を促進するのは従来、公的年金の受給が始まる65歳までの収入確保という「つなぎ」の色彩が濃かった。

しかし、その意味合いは変わりつつあるのです。


元気な60代が働くことにで医療、年金、介護など社会保障の支え手側に回れば、膨らみ続ける社会保障費にプラスに働く。

年金受給開始時期を75歳まで繰り下げて受給額を増やせる制度改革も実施される予定で、60代後半の就労促進は国全体の課題となっています。


ただ企業側には戸惑いの声も少なくない。

ある中小企業経営者は「大企業と違い、中小企業には従業員の再就職を頼める取引先はない」と語る。

従業員の再就職は人材派遣会社に委託する企業も多い。

改正によって再就職の支援だけでなく実現まで責任を持つ必要があるが、企業の体制が整うか不安が残る。


フリーランスや起業を選ぶ従業員に業務委託する場合も「どれくらいの期間委託すれば義務を果たすことになるか不透明」(社会保険労務士の井上大輔さん)との声もあります。

政府は国会審議を通じてこうした疑問に真摯に答える必要があります。

スポンサーリンク

70歳定年 戸惑い、ネットの声

朝日新聞社が1月11日に発表した、「長寿時代のお金意識」の調査結果が参考になる。必要な老後資金を、現役世代の70%が「ためられない」と答えている。

どれぐらいの老後資金が必要かは、個人によって感覚が異なるだろうが、74%が「2千万円」前後と答えており、やはり多くの人が「2千万円」がひとつの目安ととらえているようだ。

そしてその「2千万円」という額を「ためられない」と答えている人が大半、ということで、この調査結果からは、表現しづらい不穏な匂いが感じとれる。

実際に、「何歳まで生きたいか?」という質問に対し、なんと4人に1人が「60歳」「70歳」と答えたのである。お金をためられないなら、生きていてもしょうがない、という思いなのだろうか。

なのに政府は「70歳定年法」を導入しようとしている。企業も個人も「長寿」をまっとうしづらい時代になってきた。

現役死亡が増えるな。
仕事に縛られたまま死にたくない。
給与上昇率が高く55歳で定年退職、年金がもらえた世代がうらやましい。

70前後になると、認知症出てくる人、高齢者に多いような疾患出る人も増えてくるよね。
職場で倒れたり、辞めどきを見極められず、周囲に迷惑かける人も増えるんでない?

企業が考えるのは人件費の圧縮
65歳定年にした時、50歳で昇給ストップ、10年分の昇給分を60歳以降に補填すると言っていた。
70歳定年にしたら45歳で昇給ストップだろうね。

定年までに辞めてくれれば会社としては大儲け。だから早期退職に追いやったり、遠隔地や出向、整理部屋、評価を下げる等あらゆる事をやってくるよ。
大企業ほどえげつないんじゃないかな。

そうなると賃金上昇は40歳位でストップか。実力主義という大義名分の上に。一番お金のかかる世代はこれでは教育費も住宅ローンも払えなくなる。当然2000万円なんて貯められない。それなのにかたや足腰の痛みをこらえて白髪の人達が、一生懸命通勤し丸の内改札を降りてくる。当然霞が関も。残念ながら想像するだけで日本終っている。今まで払った年金を利息なしでもよいから今すぐに返却してくれ。これで恨みっこなし。

日本沈没の仕掛人は日本政府と官僚。不幸なことに彼らには全くその認識がない。少子高齢化は更に深刻化し、日本の雇用は非正規が中心になる上に日本のグローバル企業以外の生き残りは不可能です。高齢者の大半は国家支援の補填なくして生存不可能。誰が45歳早期退職勧奨企業に将来を託せるか。70歳定年、55歳役職定年に高学歴は不要。出生数86万人。団塊世代の3割である。益々少子化が進み、超少子高齢化の流れが日本沈没を推進するだろう。

現在 勤務中の会社は70歳定年ですが、長老様は、未だ ソロバン計算で すべて紙ベース。
1人一台支給されているパソコンは ただの御飾り。FAXすら使えないので もちろんメールは出来ず、周りが迷惑しています。
年功序列は止めて、時代についていけない人は、それなりの部署へ移動して継続してもらいたいです。

スポンサーリンク

70歳定年 戸惑い、終わりに

ネットでは、様々なコメントが寄せられていました。

「日本終わってる」との声もありました。

高齢化社会の現代、今後の将来を考えると不安で仕方がありませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました