くまモン 聖火リレー NGの理由!夏場は酷!ネットの反応は?

スポンサーリンク
ニュース

2020年東京五輪の聖火リレーで、くまモンの参加を打診していたことが話題となっています。

スポンサーリンク

くまモン 聖火リレー NG、内容

2020年東京五輪の聖火リレーで自治体が推薦枠で地元ゆかりの著名人を推す中、熊本県がPRキャラクター「くまモン」の参加を大会組織委員会に打診していたことが14日、分かりました。

ただ聖火ランナーの参加要件は08年4月1日以前に生まれた「人」。

人間ではない、くまモンは別の方法で五輪を盛り上げることを模索するという。

 県によると、くまモンの肩書は県の営業部長だが、人間でもクマでもなく年齢も「秘密」だそう。

組織委は県の打診に対し、今年6月までに要件に満たないと伝えた。

転ぶなどした場合の危険性も考慮されたようだ。

 組織委の担当者は取材に「特例は認められない」との考えを示した。

スポンサーリンク

くまモン 聖火リレー NG、ネットの声

安全性に問題があるなら応援側に回ればいいし。くまモンに応援されるならされた人は嬉しいし、それを観ている人も元気が出ると思うよ。

くまモンならランナーも出来るかもしれないけど、それならうちもと他の自治体もエントリーされたら、形態もいろいろなので個々に判断するのは大変ですよね。ご当地キャラクターさんは沿道で選手の応援をして盛り上げてもらった方がいいのではないかと思います。

普通に考えれば夏場にあの格好で聖火持って走れば、
中の人が熱中症になってしまわないか?

NGは賢明な判断だろう。

あのさ…くまモンが県のアピールに一役買ったのは事実だけど、あれはあくまで『熊本県のPRキャラクター』なのよ?
堅い事言う訳じゃないけど、聖火リレーは五輪イズムなり歴史を繫ぐための儀式の意味合いも含むわけだから、普通に人間に走らせましょうよ。
県庁の意図はわからなくもないけど、誰も「それはちょっとね~」と指摘しなかったのだろうかと心配に思うわ…柔軟性が必要な世の中だけれども、物事の本質から外れてることを自覚できないのは考え物だよ。
それが公的機関なのだからなおさらでしょ。
どうしてもくまモン出したいのなら、ランナーと並走させたら?

子どもの夢を壊さないよう、くまモンは「人」ではないから参加出来ないという理由にしたのは、なんか日本らしくていいな(笑)

なんか頭が固いよね。
それくらいの柔軟な対応をやってもいいと思う。

残念なんですけど、この「人ではない」ってやり取り、何か好きです。

いくら国民的人気があるんだろうけどちょっと調子に乗りすぎの発想。

スポンサーリンク

くまモン 聖火リレー NG、終わりに

ネットでは、今回のニュースに関して、やはり反対コメントが多く感じられます。

夏場にくまモンがランナーをするというのも、確かに酷です。

また、「人ではない」という表現は、良いとの意見が多いようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました