ファミマ社長 反省の真相!ドミナント時代は終わった!ネットは?

スポンサーリンク
ニュース

加盟店の時短営業を、本部との同意を条件とせず容認する方針を11月14日に打ち出したファミリーマート。

澤田貴司社長が5日までにダイヤモンド編集部のインタビューに応じ、「従来の加盟店への支援策では、まだ足りない。より加盟店に寄り添った経営判断が必要だ」と真意を説明しました。

時短営業店の増加で配送などのコストがかさんでも、本部が吸収すると強調。

また、コンビニエンスストアで売れ残った食品の廃棄が問題視されていることから、廃棄量を減らした加盟店に奨励金を支払う制度を検討していることを明らかにしました。

スポンサーリンク

ファミマ社長 反省、 加盟店の利益を重視してこなかったことを反省

加盟店の利益を重視してこなかったことを反省 規模拡大よりも既存店を大事にする方針に転換

11月に、本部との同意がなくても加盟店が深夜に閉店する時短営業をできるようにした方針を発表した狙いは?

 コンビニ市場は既に飽和しているとの認識から、2016年のサークルKサンクス(CKS)との経営統合以来、約1万9000店だった店舗規模を1万6500店程度まで減らしました。規模拡大よりも、既存店を大事にする方針に転換したためだという。

 ファミリーマートの社長に就任した16年以降、設備投資のほとんどを既存の加盟店支援に回してきたが、それでも足りない。

人件費など店舗の運営コストの上昇が続いており、「苦しい」という声を、前々からLINEで繋がっているオーナーとのやり取りの中で聞いてきました。

 また今年6~7月には時短営業の実験をしたという。

その結果、時短をしても、(人件費負担の減少により)オーナーの手取り収入が増加したケースもあったという。

現在継続中の600店超が参加している大規模な実験の結果を待たずに、より加盟店に寄り添った経営判断をすべきだと考えました。

 社長自身も反省していますが、本部はこれまで加盟店の利益を重視してこなかった。

本部が店舗の従業員の人件費や社会保険料を負担する必要がなく、それが本部にとって都合がいいと考えてきたことが問題だった。

スポンサーリンク

ファミマ社長 反省、 加盟店支援に毎年100億円を投じる方針

具体的な内訳は、24時間営業する加盟店に支払う奨励金を、月額10万円から12万円へと増額するために30億円。

複数店経営をする場合、店舗数に応じてお出しする奨励金に50億円。

売れ残って廃棄する食品のコストの本部負担分の増額に20億円と、計100億円を投じます。

 廃棄については、今年からうなぎの蒲焼きなどといった季節商品を完全予約制にしたという。

また、仕込みに時間がかかり、売れ残りの多いおでんの販売を推奨する期間を、7カ月間から3カ月間に短縮。

加えて、まだ具体的には申し上げられないが、廃棄そのものの量を減らした加盟店に奨励金を出す仕組みを検討しているという。

スポンサーリンク

ファミマ社長 反省、 ドミナント出店する時代は終わった

――SEJでは社員による商品の無断発注が問題になりました。ファミマでは今年3月から、本部社員の人事評価で、売り上げなどの定量評価の割合を7割から3割に減らし、加盟店側の評価を3割から7割へと増やしました。このような評価方法で売り上げの維持や伸長は可能ですか。

 売り上げを目標にしなくても、本部の収益が落ち込む心配は全くありません。それよりも、本部の社員が加盟店と共により地域に密着し、加盟店をサポートして、その要望を実現できることが重要です。一時的には本部の収益が落ちるかもしれませんが、再び上昇するでしょう。ファミマでの無断発注は、私が経営している中では発生していません。

 ――現状、約1万6500店というファミマの店舗規模は今後どうしますか。またSEJの既存店日販(1日当たりの売上高)が65~66万円で、ファミマは53~54万円と大きな差があります。どうやってこの差を縮めますか。

 先ほど申し上げた本部の構造改革に加え、加盟店に寄り添った施策と、地域への権限譲渡、そして地域“異常”密着に取り組めば、成果はじわじわと出てくるのではないかと見ています。新規出店はやりますが、東京や大阪、名古屋を中心とした都市圏で可能なエリアだけ、ということになるでしょう。ある一定の地域でドミナント(集中出店)して商品の配送効率を上げて、という時代は終わりました。収益の見通しの立たない出店はしません。あくまでも既存店の売り上げを伸ばしていくことを重視します。

DIAMONDO
スポンサーリンク

ファミマ社長 反省、ネットの声

これが真実なら誠に結構な事。
確かにファミマは明らかに食い合う様な位置関係の店舗整理(ウチの近所には道路に向かい合ってファミマが有ったが今年の春に片方が閉店した)や時短営業の告知を見かける事が多くなった。
澤田氏が言ってる事は本当なのだろう。

ネット販売と言う新種が幅を利かせはじめた流通業界は生き残る策を講じ始めてファミマはその試作の最中と言う事でしょう。

個人的にはエンドの状況を上手く吸い上げて商品に、営業展開に活かせたコンビニが残ると思いますね。
本部がフランチャイズオーナーへ如何に利益配分出来るか、ビジネスパートナーとなるかがポイントと思います。

好きだったスリーエフがローソンに吸収され、スリーエフの名前は残るがその中身が殆ど変わってしまった事から悲しくなってファミマばかり使う様になった。
内容も良くなっていて、パスタは昔に比べると本当に美味しくなったと思う。
頑張って下さい。

プロ社長には珍しく、現場を重視する人ですよね。短期的な利益を出そうとするのが世渡り社長の特徴ですが、澤田さんは長期的な影響を優先しますね。
ファミマにもそれなりの契約問題たくさんあるけど、少なくとも現場に出てきて自分でレジ打つ事で現場視点の政策になっているのだろう。
私は、この人、好きです。

担当SV(本部社員)が勝手に発注はないんだが、電話かけてきて、
「○○○の商品、今△個発注されてるけど、△△個(当初の3~10倍)で発注して!n時(発注修正締切時間)までに!」
みたいな電話が時たま来ることがあったが…。
その場にオーナーや店長がいるならともかく、アルバイト・パートだけの時間帯にこういう電話があるから厄介。
こういうのも無断発注になる(というか近い)と思うんだが、どうなんだ?

メディアでコンビニオーナー達の過酷な問題をたくさん取り上げ、世論もコンビニが現体制のままでは許さんぞって空気を作ったからこその経営側の心変わりだね。
どんな形であれ、従業員やオーナーに取って働きやすい環境になってくれればいいと思う。
これからに期待します。

10年更新で親の年齢も考えて、昨年21年身も心も捧げたファミリーマートをたたみました。酒屋からの転身で地域密着型の優良店でしたが、辞めると決めてからは剣もほろろでした。開店準備金の1千万円も最後売れ残ったロスも全て自腹になり赤字で一円も戻って来なかった悲しい状況でした。改装時も自己負担で再契約時に借金を抱える事でいつまでたっても返済できないカラクリです。24時間365日気が休まる時が無く辞めるに辞められないオーナーさんばかりだと思います。脱サラ組も多いと思います。最低でもサラリーマンの収入は超えるよう改善してほしいですね。「コンビニでもしようか~」って良く言われますが、「絶対やめといた方が良い」と必ず言います。

今回の発言を踏まえ、1〜2年後に澤田社長がどんな発言をするか注文したい。
確かに世間受けするしFCのモチベーションを上げるのは非常に重要なビジネスだけれども…本部収益があってこその商品開発であり設備投資であるし。既存店売上高が上がる前提での構造改革だが時代の波や競合に影響され易い側面があるのだけど。

個々のお店は脆弱すぎる、みなカスカスでやっている。
コンビニ業界は負の連鎖が続くと脆く一気に崩れる。
それぞれがキャッシュフローなどないし、その日暮らし、
いやその月暮らし状態で身動きなど取れない。
今更反省しても遅いが、してくれないよりはマシ。
最後の砦のチャージに大鉈を入れるしか手は無いのだが
どこもやろうとしない。大手3社はそう、口だけである。
もう各店は地雷を踏みかけている状態なのを放置している。

スポンサーリンク

ファミマ社長 反省、終わりに

ファミマ社長の反省に、ネットでは色んなコメントがあがっています。

やはり「 個々のお店は脆弱すぎる 」との声もありました。

今後、ファミマの取組みは、どうなっていくのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました