井山裕太四冠 再婚!元嫁、室田伊緒棋士との離婚理由・年収は?

スポンサーリンク
ニュース

囲碁の井山裕太さん4冠(30)が20日に一般女性と結婚したと、日本棋院が25日発表した。「これからも一層精進し、棋士道を歩んでいく所存です」と、コメントしています。

井山さんは2016年に史上初の7大タイトル(棋聖・名人・本因坊・王座・天元・碁聖・十段)同時制覇を達成。同年、名人を失い6冠に後退したが、17年に2度目の全冠独占を果たした。

18年には将棋の羽生善治さん九段(48)とともに、国民栄誉賞を受賞した。現在は棋聖、本因坊、王座、天元を保持している。

「井山裕太 フリー画像」の画像検索結果
スポンサーリンク

井山裕太四冠 再婚!プロフィール 

  • 名前 井山裕太
  • 読み いやまゆうた
  • 出身地 大阪府東大阪市
  • 生年月日 1989年5月24日
  • 血液型 A型
  • 身長 164㎝
  • 所属 日本棋院関西総本部
  • 棋士段位 九段
  • タイトル 棋聖・名人・本因坊・王座・天元・碁聖・十段・NHK杯
  • ナショナルチーム 参加棋士
スポンサーリンク

井山裕太  リアル「ヒカルの碁」

七冠を達成した井山さんですから、いい学校に通っているのかと思ったのですが、なんと井山裕太さんは中卒のようで、高校も大学もいっていないようなんです。

中学一年生の時にプロ試験に合格した井山さんは、中学も必要最低限しか登校していなかったそうです。

不登校というわけではなく、おそらく囲碁の勉強に夢中だったと思われます。

これはリアル『ヒカルの碁』です!

ヒカルの碁1
  • 著者  ほったゆみ, 小畑健
  • レーベル  ジャンプコミックスDIGITAL
  • シリーズ名  ヒカルの碁
  • 発売日  2012年11月16日
  • 出版社  集英社
スポンサーリンク

井山裕太  年収

ここまですごい井山さんとなると、気になるのは、年収ですね。

そこで、これまでの経歴を調べてみました。

  • 2010年、賞金ランキング3位で5648万円。
  • 2011年、日本棋院における最多勝利、最多対局で総額は9151万円で賞金ランキング1位になります。
  • 2012年:五冠を達成、賞金総額は1億620万円で、初の賞金1億超え。
  • 2013年:六冠達成、賞金・対局料の総額が史上最高の1億6461万円。
  • 2015年:六冠達成そして、2016年七冠を目の前にしています。

以下が、七冠の内容と賞金額です。

  • 棋聖戦(読売新聞社 4500万円)
  • 名人戦(朝日新聞社 3300万円)
  • 本因坊戦(毎日新聞社 3200万円)
  • 王座戦(日本経済新聞社 1400万円)
  • 天元戦(新聞三社連合 1300万円)
  • 碁聖(新聞囲碁連盟 800万円)
  • 十段戦(産経新聞社 700万円)

十段戦に勝利した場合、七冠で優勝賞金だけで1億5200万円です!

その他にも阿含・桐山杯のタイトル賞金1000万も含めると、これで1億6200万円です!

すごいとしか言いようがありませんね。

スポンサーリンク

井山裕太四冠 再婚!元嫁、室田伊緒棋士との離婚理由は?

2012年に結婚した井山裕太さん、結婚相手は女流棋士の室田伊緒さんです。

「井山裕太  嫁フリー画像」の画像検索結果

同い年であった2人は2年半の交際を経て2012年5月24日に結婚しました。

順調に結婚生活を送っていると思われましたが、2015年に離婚がしたことが発表されました。

ネット上では離婚理由は井山さんの浮気では?という声がありましたが、これはデマのようです。

井山さんは早く子供が欲しかったそうですが、室田さんは将棋や色々なことがやりたいということで先延ばしにされていたらしいです。

家事もあまりやらなかったという室田さんは、イベントの打ち合わせで家を空けることが多く、酔っ払って帰ってくることがしばしばあったらしいです。

離婚理由は2人の「すれ違いが原因」だったようです。

スポンサーリンク

井山裕太四冠 再婚! ネットのコメント

おめでとうございます。

そちらも名人になって子供たくさん生まれるといいですね。

ヤフーニュース

以前に結婚してたん知らんかった

ヤフーニュース

ネットでは、井山さんを祝福するコメントや、再婚ということを知らなかったというコメントがありました。

これから、幸せな家庭を築いていってほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました