テレビ山口 謝罪全文あり【動画は?】不適切放送にネット炎上!?

スポンサーリンク
ニュース

テレビ山口は、今月9日放送の「週末ちぐまや家族」にて性的少数者に対して不適切な放送をしたと、15日に謝罪しました。

それが今回、話題となっています。

スポンサーリンク

テレビ山口 謝罪、内容

テレビ山口(山口市、tys)は15日、今月9日の情報バラエティー番組「週末ちぐまや家族」(土曜前9・25)で、性的少数者に対して不適切な放送をしたと公式サイトで謝罪しました。

 「『週末ちぐまや家族』での放送について」と題した謝罪文は以下の通りです。

 「2019年11月9日放送「週末ちぐまや家族」の番組内で、性的少数者の方に対して不適切な放送をしてしまいました。

 今回の件は、番組制作者がLGBTに対する理解と配慮に欠け、取材対象者に対する確認を怠ったことが原因で、会社として深く反省しております。ご本人ならびに関係者の方々に深くお詫び申し上げます。

 取材対象者の方には謝罪を行い、今後の対応に対して協議させていただいております。会社としても今回の放送に至った経緯、原因を検証し、再発の防止に努めるとともに、有識者の方を講師に招いて研修会等を行う予定です。」

スポンサーリンク

テレビ山口 謝罪、ネットの声

私は性同一性障害の当事者ですが、こういう残酷なニュースを見ていると、やっぱりメディアやLGBTは全く信用できないと思います。

何が信用できないかと言うと、LGBT団体や活動家やメディアはLGBT当事者の可視化(カムアウト)を求めるからです。可視化してそれを広めて、更にそれを他人が受け入れる事までセットで要求してるんです。そして可視化されたLGBTを使って、自分達の利益の為に行動してるんです。

私達当事者の殆どは可視化なんて望みません。「普通の人」として平和に生きていきたいだけです。中には自分自身がLGBTである事を利用してカムアウトして活動してる人達もいますが、そういう人はタレントと一緒ですし、一般人とはかけ離れた考え方をしていると思います。

この方がメディアを信用して取材なんて受けてしまったのも、「可視化と受け入れが正しい」とするLGBTの風潮があったからと思うんです。

もっと詳しい経緯を記した記事を見ましたが、自認性別の問題以前の内容でした。

自分で車を整備している女性を変わり者扱いして、実は生まれた性別が男性だと聞いて妙に納得していたようです。

何を思うのも勝手ですが、それを公共の電波で自分が多数派だと晒し者にする神経が理解出来ませんでした。

局にチェック機能が無いのでしょうね
以前 yabで、男性アナウンサーが女性アナウンサーに[25歳って、いい歳じゃない]と言っている局のCMがあつたけど。25歳の男性に反対のことは言わないでしょう。気分が悪くなりました。言われている女子アナにも腹が立ちました。よく何回も放送するなと呆れてました。局の誰も気が付かなかったのがすごい。
勉強不足です。

今の時代にあり得ないな
世の中の流れとか敏感に読み取らなきゃいけない職種なのに

四肢に生涯のある人に「珍」などとは絶対に表現しない。
LGBTだって心(性)と身体が不一致だったりグレーだったりする障害。
昨今、LGBTへの言動はもはやデリカシーの範疇ではなく、人の尊厳を尊重できるかどうかの話になっている。

日本ではLGBT差別なんて無いと
言ってるのは 大間違い。

特に トランスジェンダー女性(元男性)への
差別やイジメは昔からずっとあるし、事件や自殺もあります。

トランスジェンダーやLGBTでなくても、
男性の女性化を批判する層は、男尊女卑でもあり
女の真似をする男は情けないなどというくだらない価値観に縛られている 古い価値観。恥でしかありません。

スポンサーリンク

テレビ山口 謝罪、終わりに

残念ながら、動画は見つかりませんでしたが。

今の時代に、ありえない出来事ですね。

謝罪していますが、視聴者たちは、今回の謝罪をどう見るのでしょうか?

ネットでも批判の声が多くあがっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました