恋愛ドラマ離れ 理由は3つ!【詳細】ライバルはネット?反応は?

スポンサーリンク
ニュース

11月7日放送の「モトカレマニア」第4話が視聴率3.0%という厳しい結果に終わりました。通常より30分遅いスタート時間ではあったものの、前番組のボクシング中継が15.2%の高視聴率で「ある程度そのまま見てもらえるのでは」という期待もあっただけに、関係者のショックは計り知れないものがありました。


「モトカレマニア」は、第1話5.6%、第2話5.2%、第3話4.1%と当初から低迷。視聴率に含まれない録画視聴やネット視聴が増えているとはいえ、今後の存続が危ぶまれるほどの低空飛行が続いているのです。

 ただ、苦戦している恋愛ドラマは、 「モトカレマニア」 だけではありません!

主人公と血のつながらない義姉との愛を描いた「4分間のマリーゴールド」の視聴率は、第1話10.3%、第2話7.8%、第3話7.6%、第4話6.2%。

バイオリン教室で出会った男女の恋と絆を描いた「G線上のあなたと私」の視聴率は、第1話7.8%、第2話8.8%、第3話7.3%、第4話6.9%と、他ジャンルの作品よりも明らかに苦しい状況が続いています。

 なぜ、恋愛ドラマはこれほど壊滅的な状況になっているのでしょうか?

単に「時代が変わったから」「恋愛に関心のある若者が減ったから」ではない3つの理由があるのだそうです!

スポンサーリンク

恋愛ドラマ離れ 理由、 30代以上と既婚者

1つ目の理由は、30代以上や既婚者の意識が変わったから。

テレビドラマにとって恋愛優先度の低下よりも問題なのは、「30代以上と既婚者に見てもらえなくなった」ことです。

かつては30代以上も既婚者も恋愛ドラマを楽しんでいましたが、現在ではほとんど関心を示してもらえないのです。

 かつては、30代以上も既婚者もドラマ内の「他人の恋愛」を楽しんでいましたが、最近は「自分の人生」を第一に考え、それに関わらないものから距離を置くようになりました。

そのことは、身近な事件を扱う刑事ドラマ、病気や治療法が分かる医療ドラマなどが高視聴率を獲得していることからも分かるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

恋愛ドラマ離れ 理由、 若手スターの不在

2つ目の理由は、恋愛ドラマをヒットに導く若手スターの不在。

現在は、芸能人の絶対数が増えたほか、バラエティー出演やSNSなどによって芸能人は雲の上の人から身近な存在になってしまいました。

たとえば、「○○くんと○○さんが恋愛ドラマをやる」と聞いても、「ぜひ見たい」と感じる特別なものではなくなったのです。

スポンサーリンク

恋愛ドラマ離れ 理由、 コメディーとしてのエンタメ性

3つ目の理由は、ネット上に恋愛ノウハウ、エピソードがあふれているから。
かつて、世間の人々は恋愛ドラマを見て、自らの恋の参考にしていました。

「ドラマのような恋をしてみたい」と憧れたり、「ドラマのようなデートをしよう」と情報を得たり、「こういうことをすると恋はうまくいかないのか」とエピソードから学んだりしていたのです。

 しかし、現在はネット上に恋愛関連の記事があふれていて、いつでも見られるようになりました。

わざわざ、恋愛ドラマを見るよりも手っ取り早く、実践的なノウハウや臨場感あふれるエピソードを見られることが影響しているのが理由でしょう。

スポンサーリンク

恋愛ドラマ離れ 理由、 ネットの声

さらに若い子はそもそもテレビみない、テレビを持ってない子も多いと聞く。

少子化もあるのだろうが、アニメを左遷しまくったりしてますます若者離れをテレビのほうが自分から率先してやってる気がする。

まず、面白くないから
キャストも視聴者がみたい人じゃなく
事務所のごり押しだから

恋愛ばっかり考えてられる若い世代が減ったんだから当たり前
逃げ恥は職場や家庭での色んなモヤモヤを代弁してくれたからヒットした。ムズキュンだけでヒットしたんじゃない。
義母娘も新しい親子関係や、子離れ、仕事への姿勢などの要素が視聴者に共感しやすかった。
そういうドラマを待ってます。

実はこの3本とも初回を見た。で、マリーゴールドが初回脱落。説明的で地味すぎ、次回に視聴者を引っ張る力がなかった。モトカレは数回みたが、脱落。主役が過剰演出に馴染まなくて存在感がなくて続きをみたいと思えない。G線上のみ続けてみています。セリフもいいし、納得できる展開。地味だけど、心に刺さるものがあります。恋愛ドラマ全般が低下したかもしれませんが、やはり安易な原作だのみで脚本や演出がちぐはぐなのが「面白くない」になってますよ。

この他にも、漫画原作をドラマ化しても、原作ファンが受け入れるとは限らないし、ドラマ化が向いてるかも話にもよるし、どのキャストを起用し、誰が脚本化するかなどもあるのかなと。

前クールのドラマで「偽装不倫」を見ていて、2時間スペシャルで収まりそうな話をワンクールかけてやってるのが、観てる側としては正直まどろっこしいと感じたりした。
そういう、たとえストーリーがよくとも映画が向くのか、連続ドラマが向くのか、単発にするのか、などそういう判断が外れるとイマイチ受け入れられにくいとかもあるのでは?なんて思う。

ただ、数字出てないからといって評価もそうだとは限らないと思う。

ドラマは必ず録画して見ます。
ドラマがやっている時間帯は、子どもを寝かしつけたり残りの家事をしなければいけないので、リアルタイムでは見られないですし、何より好きなドラマはじっくり見たいからです。
そういう人たくさんいると思うので、視聴率が低くても気にせず良いドラマを作り続けていただきたいです…!

恋愛ドラマは確かに見ないな。ぐだぐだ感があるし、最近はもっと動きが早いから、実際の恋愛と比べて違和感があるのも一つかな。
それを見る世代の年齢層が上がっていて、ターゲットは子育てが終わった40代あたりじゃないだろうか。
恋愛よりも、医療や刑事物は何も考えずに見れるし楽しい。池井戸作品も勧善懲悪でわかりやすく水戸黄門を見ているようでスッキリする。
現在はスピードを求めるので、直感的に笑えるとか、泣けるとか、こいつ腹立つとか、犯人誰っていう謎解きゲーム感とかその時その時の感情の高ぶりを連投するドラマの方が見やすいんだと思う。

スポンサーリンク

恋愛ドラマ離れ 理由、 終わりに

現代の恋愛ドラマ離れは、3つの理由が原因だったんですね。

ネットでも、色んなコメントがあがっています。

確かに、昔ほど恋愛ドラマを見なくなった気がしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました