京都市 PR 物議詳細【ツイッターあり】ステマ加担した芸人は誰?

スポンサーリンク
ニュース

京都市が、市の施策を吉本興業に所属する地元出身の漫才コンビにツイッターでPRしてもらうため、ツイート1回につき、50万円を支払う契約を2018年度に同社と結んでいたことが京都新聞社の取材で27日までに分かりました。

ツイートに市の広告であることを示す記述はなく、コンビが自発的につぶやいているようにもみえる。

口コミを装った広告「ステルスマーケティング(ステマ)」が社会問題化する中、識者は自治体広報として「不適切」と指摘する。

スポンサーリンク

京都市 PR 物議、概要

市によると、ツイートにイベントPRや公共交通の利用促進などの趣旨を盛り込むよう吉本興業側へ要請したという。

ツイートの末尾には「#京都市盛り上げ隊」「#京都市ふるさと納税」などのハッシュタグ(検索目印)があり、これをクリックすると同じタグがあるツイートが見られる仕組みになっていたという。


 市が報道発表した資料には、盛り上げ隊の役割としてポスターや「市民しんぶん」への登場、イベントでのステージ出演などはあったが、ツイッターの発信は含まれていなかった。


 日本広告審査機構(JARO)の審査委員を務める天野恵美子・関東学院大准教授は「広告主が行政だと読み手が気付いてしまうと、発信内容に共感が生まれず拡散されにくくなるかもしれないが、公金が投入される以上はより公明正大な手法が求められる。アンフェアな広告だ」と語る。


 市市長公室はツイートで広告と明示していない点について「ツイートを市の委託だと理解できる人は少ないだろうが、隠そうという意図はない。必ずしも(市が広告主と)明記しなければいけないという意識はない」と説明しています。


 こうした認識について山口浩・駒澤大教授(経営学)はステマに明確な基準はなく、グレーゾーンの領域が広いと断った上で「少なくとも、ツイートと広告主との関係性が受け手に伝わっていないと市が認識しているのであれば、それはステマだという自覚を持つべき」と指摘。

情報の受け手が『だまされた』と思う可能性のある広告は倫理的にふさわしくない。誤解を招かないための努力が必要」と強調しました。

スポンサーリンク

京都市 PR 物議、問題のステマ ツイッター

「#京都市盛り上げ隊 ミキ 画像」の画像検索結果
「#京都市盛り上げ隊 ミキ 画像」の画像検索結果
「#京都市盛り上げ隊 ミキ 画像」の画像検索結果
スポンサーリンク

京都市 PR 物議、 ネットの声

吉本興業はインフルエンサー・マーケティング事業を開始する際に「ステマ対策はしっかりやっていきます」と話しています。
にもかかわらず、このような広告ツイートがPR表記もなしにされたことが残念です。
今回の件、吉本興業側のミスなのか、それとも京都市側のミスなのか。

朝日新聞の取材によると「京都市の担当者はハッシュタグで市の事業であることは明記している」と回答されたそうですが、以下のハッシュタグを見て「これは広告ツイートだ」と理解できる人がどれくらいいるでしょうか?

#京都市盛り上げ隊
#京都市ふるさと納税
#コラボポスター
#京都市市営地下鉄

ツイートの文面も「コラボポスターが提示されています」で始まっており、騙されない人の方が少ないでしょう。
京都市がハッシュタグの表示があるから関係性は伝わると思っているのであれば大きな間違いです。

ステルスマーケティングとは第三者のふりをした関係者、あるいは関係者の意向に従った者が、第三者としての肯定的な意見や感想、評価を書き連ねる事で、世間全般がその商品やサービスを幅広く支持しているように演出する広告手法で、やらせやサクラのようなものです。アドビが2015年12月に発表した消費者のコンテンツに関する意識調査によれば、ステマに関しては英国で52%、仏国で56%、独国で46%、米国で60%の人が疑いを抱くのに対し、日本では26%しか疑う人はいません。日本は諸外国と比べ、ステマには甘い感はあります。

該当アカウントのフォロワーはそれぞれ16.4万、29.3万と相当な数で、それなりの効果はあったのでしょう。ただしステマが暴露されると、過去の類似ツイートもステマではと疑われることになります。なお消費者庁は2012年5月の時点でステマが景品表示法に違反する可能性もあるとの判断を示しています。

これは闇営業でなく、吉本興業経由の仕事であり、
吉本興業がステマを受注しているということ。
民間の仕事ならまだしも、税金を使ったものなのでどうかと思う。
芸人含めた芸能人のツイートとかにはステマが多くあることを
意識しておいたほうがいい。

ここ数年の吉本の税金ターゲットビジネス凄いな
あとはNHKとかへもベットリ
一度潰れた方が世の中のためだな

吉本、闇営業問題の顛末でも、本来問題の中央に来るべきは闇社会との関わりが無いことを証明して、
今後もクリーンであるべき企業であることを自認しているのを社会に示し、
それを先々に向けて証明できるよう体質改善をし、世に示すことだったはずなのに。
結局うまいこと芸人との待遇改善のゴタゴタにすり替えたのみ。
ああいう幕引きを選んだのは、企業的にコンプライアンスとか面倒ぐらいの認識だから。
このくらいいくらでも自ら買って出そう。

京都は外国人客ばかりで、その凋落ぶりが
吉本とかぶる。
そうまでしてPRするところまで、切羽詰まっているんですね。

吉本興業はお金に汚いと知りつつも
反社会的企業からお金をもらっていたり
税の申告をしていなかったり…と
以前とは色合いの異なる汚さが表沙汰になっている今
府民の税金を使って、これはないんじゃないかと思う。

スポンサーリンク

京都市 PR 物議、 終わりに

今回のステマとも考えられる京都市のPR物議に加担した結果となってしまった芸人さんは、人気お笑い芸人「ミキ」だったんですね。

これが、仕事なのか、個人的なものなのか、定かではありませんが、残念ですね。

ネットでも、色んなコメントがありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました