京アニ 放火事件!安定と信頼の京アニ、作品など

スポンサーリンク
ニュース

京都のアニメ制作会社で起きた放火事件。

男は「死ね」と叫んで、ガソリンと思える液体に火をつけた。

建物から激しく立ち上る黒煙。
18日午前、京都市伏見区にあるアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオで起きた爆発火災。

警察と消防によると、現在、33人の死亡が確認されているほか、35人が重軽傷を負った。

近隣住民は「燃えている最中に、中にはパンパンって音が」、「付近に、男性が全身やけどで。息絶え絶えの状態の男性が、上向けで倒れていた」と語った。

午前10時半すぎ、建物1階の玄関から入ってきた41歳の男が、ガソリンと思える液体をまいて放火。

従業員によると、男は「死ね」と叫びながら火をつけたという。

スポンサーリンク

京アニ 放火事件!京アニとは?

『京都アニメーション』とは、京都府宇治市に本社スタジオを持つアニメーション制作会社である。通称「京アニ」。
アニメファンの間では頻繁に「安定と信頼の京アニ」と親しまれる。これは各々が安定・信頼というわけではなく、双方とも、という意味である。

京アニショップ

京都府宇治市木幡内畑町のハイショップビルに実施店舗があり、京都アニメーションが制作した作品のグッズ販売を行っている。DVD、BDだけでなくオリジナルグッズや実施店舗のみ不定期だが、現京アニ社員による生動画販売と貴重な商品も販売しており、ネット販売も京アニの公式HP内で行っている。

京アニスクール

京都アニメーションが独自に開いているスクールであり、北之原孝将、石立太一、鵜ノ口穣二といったベテラン陣が講師として担当しており、1年間でそのノウハウを教えている。

養成コースには、アニメーター科と美術・背景科があり、過去には絵画教室も開いていた。鴨居知世など、このスクールを経てから京都アニメーションに入社する者もいる。

京都アニメーション大賞

2009年10月2日に第1回目を開催。

小説部門、シナリオ部門、漫画部門と別れており、大賞と奨励賞と2つあり、審査は京都アニメーションのスタッフで行われる。

小説部門では受賞作品の一部がKAエスマ文庫として創刊されている。現在のところ過去4回までにおいて大賞を受賞した者はいなかったが、5回目で初めて大賞が出ており、暁佳奈の「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が2015年の12月25日に発売されている。

漫画部門は奨励賞の受賞もなく、6回目から廃止された。

2012年に第1回京都アニメーション大賞小説部門奨励賞受賞作の「中二病でも恋がしたい!」がTVアニメ化されています。

スポンサーリンク

京アニ 放火事件!作品

アニメファンの中では知らぬ者はいないであろう、アニメ制作会社・京都アニメーション。制作してきたジャンルは幅広く、原作再現度の高さや巧みな演出、独特の映像美などが長きに渡って評価されています。今回は、そんな京都アニメーションが制作してきた数々の名作テレビアニメシリーズを紹介していきます。

『フルメタル・パニック』

『フルメタル・パニック』は、賀東招二著のライトノベルを原作とした、SFミリタリーロボットアクションアニメです。同一作品シリーズでありながら、全く毛色の違う二期が制作されています。

『涼宮ハルヒの憂鬱』

『涼宮ハルヒの憂鬱』は、谷川流著のライトノベルを原作とした学園SFアニメです。

校内一の変人として有名な涼宮ハルヒと、どこにでもいる普通の人であるキョンを中心に、SOS団の繰り広げる日常系のように見せかけたSF感の詰まった日々が繰り返されていきます。

本作は、放送開始と共に大きな話題を集め、後に劇場版やスピンオフアニメが制作されるなど、圧倒的な人気を誇りました。可愛くて個性的なキャラクターの人気はもちろんのこと、詰め込まれたSF設定により多くの考察がなされるなど、現在においてもアニメファンの心を掴んで離しません。

『らき☆すた』

『らき☆すた』は、美水かがみ著のマンガを原作とした学園コメディアニメです。

こなた、つかさ、かがみ、みゆきの女子高生4人を中心としたドタバタした学園生活が、様々なパロディや時事ネタをこれでもかと詰め込んで描かれます。

何から何まで視聴者を楽しませようという意欲にあふれている本作。原作の内容を盛り込みながらも、その多くはオリジナルのエピソードで構成されています。突然始まるラジオ番組を元にしたミニコーナーや、凄まじい作画が話題となったオープニングアニメーションなど、大きな話題となりました。

鷲宮神社を始めとした、聖地巡礼による町おこしの成功例として語られることも多い作品です。

『けいおん!』

『けいおん!』は、かきふらい著のマンガを原作とした、ガールズバンドアニメです。

廃部寸前の桜が丘高校軽音部。そこに集まった平沢唯、田井中律、秋山澪、琴吹紬の4人は、明るく楽しい学園生活とバンド活動を繰り広げていきます。後に中野梓を加えて5人となった「放課後ティータイム」の、まったりとした日々を楽しむ。そんな日常アニメ作品になっています。

ガールズバンドアニメらしく、発売された主題歌や劇中歌、キャラクターソングはランキングチャート上位にランクインするなど、高い評価を得ました。また、作中で登場人物が使用する楽器が大きな注目を集め品切れになったり、高校における軽音楽部の部員が増加するなど、本作の影響が大きかったのは記憶に新しいところです。

『氷菓』

米澤穂信著の小説「古典部」シリーズを原作とした青春ミステリーアニメです。著者は、近年もミステリーのジャンルで様々な賞を受賞し、評価の高いベストセラー作家として有名です。

神山高校の古典部に入部した4人の男女を中心に、日常生活に潜む様々な謎に迫っていく死体の出てこないミステリー作品です。探偵役である折木奉太郎は、古典部で出会った千反田えるにひきずられるように、関わらなくてもいい数々の事件に巻き込まれ、静かであったはずの高校生活は、徐々に賑やかになっていきます。

本作は、その圧倒的な作画が話題となりました。現在でもその映像美を十分に堪能できる作品に仕上がっています。放送当時、ヒロインである千反田えるのあまりの眼力にノックアウトされたアニメファンが大勢いたことは有名です。京都アニメーションの技術力の高さがなせる技といったエピソードです。

スポンサーリンク

京アニ 放火事件!ネットのコメント

もし、今回の放火犯が過去に脅迫メールを送っていたのであれば、警察が送信者を特定していたら惨事を未然に防げた可能性がある。

昨今、京都府警は重大不祥事が相次いでいるし、Winnyなどインターネット関連の事件対応において以前からあまり良いイメージが無い。

警察にはちょっと周回してもらうといった対応をしてもらっていたとの事だが、脅迫メールに対して送信者の特定など的確に処理をしていたのだろうか。

もし、警察の対応次第で失われずに済んだ命があったのであれば残念でならない。

ヤフーニュース

『恨み』があったのかもしれない。他者を傷つけて何が生まれるのでしょうか。今回の犯行は私たちには理解できません。亡くなった方のご冥福をお祈りするとともに、怪我を負われた方の回復を願います。

ヤフーニュース

犠牲者への言葉が出ない気持ちです、今望は 犯人の動機を 知らせてもらう事ですが、この事件に関して あの時 ああすればよかった、こうすればよかったと 今は過去の責任どうの と言うレベルの問題ではないと思います。

ヤフーニュース

今回の放火事件があまりに残酷なだけに、過去に脅迫メールがあったのなら、警察が未然にふせげたのでは?というコメントもあり。

「恨み」があったとしても、今回のように他者を傷つけて何がうまれるのか?というコメントも。

数え切れないほどのコメントが寄せられていますが、みなさん、犠牲者への無念の思いをつづっているように感じました。

今回の事件は、たとえ恨みがあったとしても、これだけの犠牲者がでてしまっています。最低最悪と言えるでしょう。 犠牲者の方々に、ご冥福をお祈りいます。 犯人の今後の供述に目が離せません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました