田園調布 高級災害ゴミ【画像あり】静岡県伊豆の国市も!

スポンサーリンク
ニュース
Typhoon over planet Earth - satellite photo. Elements of this image furnished by NASA.

東京都内屈指の高級住宅街、大田区の田園調布。

実はこの地域も、台風19号で浸水被害を受けていました。

スポンサーリンク

田園調布 高級災害ゴミ

13日午前1時過ぎ、ボートに住民を乗せ救助活動にあたる警視庁の機動隊。

田園調布の道路が完全に浸水し、水の高さは隊員の腰の高さに達していたという。

 地元の住民からは、

うちの(家の)玄関は10cmくらいの水が入った。帰ってきたら草履が浮いていて。(台風被害は)70年近く住んでいるけど、はじめて」という声が聞かれる。

大田区では、田園調布4丁目・5丁目を中心に590件の床上・床下浸水の被害が確認されたという。

浸水の影響で、田園調布には普段とは違う光景が広がっている。

川沿いに置かれているのは、台風19号の影響で出た災害ゴミ。

ゴルフバッグや自転車、冷蔵庫にマットレスなど、高級で大型のゴミが連なっているという。

 田園調布が位置する大田区は、多摩川に隣接している。

その多摩川に合流する丸子川の右岸が氾濫したため、田園調布を中心に被害が広まったのではないかと区は説明しています。

想定外の被害に見舞われた田園調布だが、この周辺が地元だという『WIRED』日本版編集長の松島倫明さんは、

東急沿線は開発されてたかだか100年くらいで、田園調布のこの辺りも元々の地名は「沼部」と呼ばれていたと言われている。「田園調布」は開発後に付けられた地名で、もともとの地名が土地の特徴を表していることが、大きな災害で改めてわかった。(浸水した)武蔵小杉などもこの数十年で一気に開発されて、メディアやディベロッパーがある種のブランドとして売り出すと、元の地形や土地の歴史が見えづらくなっていることを思い知らされた」と語る。

想定外の被害に見舞われた田園調布だが、この周辺が地元だという『WIRED』日本版編集長の松島倫明氏は、

東急沿線は開発されてたかだか100年くらいで、田園調布のこの辺りも元々の地名は「沼部」と呼ばれていたと言われている。「田園調布」は開発後に付けられた地名で、もともとの地名が土地の特徴を表していることが、大きな災害で改めてわかった。(浸水した)武蔵小杉などもこの数十年で一気に開発されて、メディアやディベロッパーがある種のブランドとして売り出すと、元の地形や土地の歴史が見えづらくなっていることを思い知らされた」と語る。

スポンサーリンク

田園調布 高級災害ゴミ、画像

「田園調布 高級災害ゴミ」の画像検索結果
「田園調布 高級災害ゴミ」の画像検索結果
「田園調布 高級災害ゴミ」の画像検索結果
「田園調布 高級災害ゴミ」の画像検索結果
スポンサーリンク

田園調布 高級災害ゴミ、ネットの声

まあ今回浸水したのが田園調布でも4丁目5丁目と聞いてピンと来れば大体地元の地形や相場を理解されてるはず。
例の芦屋とここだけとか言われる敷地規制(いわゆる屋敷サイズでないと土地の売買は認めず、分割して売却出来ない)のあるエリアとかは高台に位置していて、丁目が増えるごとに(多少ずれるけど)川に降りていったエリアにある。
確か敷地サイズの規制とか無いのでミニ住宅(それでも他のところよりは立派な物件が多いが)が多く、坂の下なのでやや低いが目前が多摩川なので、そんなに空気とか滞留感は無い。結果、田園調布だけど不動産の物件も多く「庶民的」なエリアとされていた。
もっとも多摩堤通りを越えて(実際はもっと下流から逆流したらしいが)あのエリアまで来るとは多分想定外だったと思う。やたら古墳が多い地域でその丘が氾濫の目安だったのかも。

原因があって結果がある。望ましくない結果も、その原因を見過ごしたから。

………ってのは、道として正しいとは思うし人生哲学としても良いとは思う。が、それは自分を律する時や他山の石を検証する時の手段にしとこうぜ。
他人を糾弾する道具にするのはなあ………。

最早運としか言い様がないって災難の一つや二つ、ソコソコ生きてりゃ見聞きした事も有るでしょ。
運で全てを失う不安は、そんな事では消えないよ。

首都圏外郭放水路が埼玉県の一部を守ったのですね。そんなもの日本中作るわけにいかない事は誰でも気づくでしょうに。普通に考えれば、あれ程のものを作って、結局守れたのは埼玉の一部だけですよ。って事です。
 「川は流れて、溢れるもの」だと言う前提での街作りや家づくりが必要だと思うよ。

 「溢れる所は、それを前提として家を建てる。」
そう言う事です。

 今年よりは来年、来年よりは再来年の方が気象災害は激しくなりますから、それを踏まえて考えるべきです。自然に抗おうとしても、無駄ですから。

報道されない被災地…
静岡県伊豆の国市もです

近隣の市町村でも大きな被害が出ました。
19号が狩野川台風級の…と言われましたが、
その狩野川沿いです。狩野川は決壊等もなくギリギリのところで持ち堪えました。
狩野川台風後につくられた、狩野川放水路のおかげです。
支流の河川からの流れた水で冠水、床上、床下浸水の被害が出たようです。
みんな普段の生活を取り戻せるように頑張っています。他人事だったことが他人事ではなくなる、
これからこんなことが毎年起こるのでないかと
危惧します…
被災地のみなさん、体調を崩さないように気をつけましょう。身体が第一です。

この度は川の氾濫被害に遭われたかたにお見舞い申し上げます。

あえて申し上げると台風被害だけではなく地震による被害も日本にはあります。
今回、際立って川の氾濫が取りあげられるきっかけとはなりましたが、昔から川の下流域には都市が存在します。
山の傾斜面には畑や田んぼがあり農家さんも暮らしています。
海の近くには漁港や工場があり、そこにもたくさん人たちが暮らしています。
逆に言えば日本には安全な場所は限られているということです。

防災意識はやっぱり行政の対応だけではなく、個人や企業が個別に持たないと命や財産は守れないと今回さらに考えさせられました。

近所が被災地だから、より良く情報を知る為にニュースを見てるけど、偏った報道がされてないかな?そう感じました。報道される側も大変でしょうけど、毎日同じような物を見せられても沈んでる物はどうしようもないし、引くまで待つしかない!他に伝える事あるんじゃないの?って思いましたね。田園調布の記事も自分が見れる範囲では2件目ですから。

東京の不動産マーケットも大変動だね。
冠水・浸水物件はいわゆる『訳あり物件』の一つ、「物理的制限」案件になる。
価値は実害に該当する物件であれば5%~10%以下は下落してしまう。浸水リスクのある物件ではなく、実際に浸水した実害物件だから当然だ。
タワーでもマンションのライフライン系の様々な施設は地下
なので、浸水でこれにキズがついた物件はよほどの追加補修施工を施さないと価値はガックリと堕ちる。中の各種配管・電装品のダメージは大きいからね。
カビたり、ドブ臭したり、蟲湧いたりしててもいい人なら買いだろうが。
これまでのブランド地名・駅チカ・外観だけでなく、ライフライン・水利状況もよく考えてないと詐欺に遭うよ。

スポンサーリンク

田園調布 高級災害ゴミ、終わりに

報道されていない地域は、まだまだあるようですね。

田園調布も、大変な被害にあわれていますが、ネットでは、 「静岡県伊豆の国市も」とのコメントもありました。

今回の台風19号の災害にあわれた方たちには、一刻も早い回復をお祈りいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました