セブン ドミナント戦略 限界の真相!スイーツ人気だけじゃダメ!

スポンサーリンク
ニュース

そりゃそうなるわな、と感じた人も多いのではないだろうか。

 先週、セブン-イレブンが2019年下期以降、1000店舗を閉店・移転すると発表したことについてである。

スポンサーリンク

セブン ドミナント戦略 限界、 不採算店閉鎖を加速

加盟店へのロイヤルティー率を引き下げたことで100億円ほど利益が減るところを、本部人員の削減や不採算店閉鎖のペースを加速するなどで乗り切ろうとしている!

というのがセブン側の説明だが、24時間営業問題やセブンペイ騒動の対応などの迷走ぶりから、こちらに関しても「へえ、そうなんだ」と素直に受け取れない方もかなりいらっしゃることだろう。

では、この「不採算店閉鎖を加速」はホントのところ何を意味しているのか?

例えば、セブンが4月に発表した19年度の出店計画は、新規出店900店に対し、閉店750店で純増150店。

では、18年度はどうだったかというと、出店数1389店、閉店数773店で純増616。

つまり、この1年で460以上も純増店数を減らしているわけである。


この出店計画を明らかにしたとき、当時の井阪隆一社長は、

コンビニは飽和状態にない。まだまだ十分に成長できる余地がある」と述べたが、ここまでガクンと店舗を減らしてはさすがに説得力に乏しい。

そこへさらにダメ押ししたのが、今回の「1000店舗閉店・移転」である。

「やっぱコンビニ多すぎるもんな」という声が上がるのは極めて自然の流れなのです。

スポンサーリンク

セブン ドミナント戦略 限界、 陣取りゲーム

ご存じのように、セブンをはじめとする日本のコンビニは「え? こんな近くにまたセブンできんの?」という感じで、同一商圏内をさながら陣取りゲームのように自社コンビニで塗りつぶす「ドミナント戦略」で成長を遂げてきた。

 商圏内のシェアを獲得すれば、加盟店全体の売り上げもあがるのでオーナーはハッピー、

高校生バイトやフリーターも徒歩圏内で働けるので従業員的にもハッピー、

店舗が集中しているので物流も効率的にまわすことができるのでFC本部もハッピー、

そして何よりも、24時間いつでもなんでも買えることで我々客側もハッピー

ということで、社会になくてはならないインフラとして定着したのである。

 が、このビジネスモデルが高度経済成長期につくられたことからも分かるように、これらのハッピーはすべて「人口が増え続ける」ことが前提となっている。

ひとたび社会が人口減少へ転じれば当然、ガラガラと音を立てて壊れて、不幸な人たちを量産していくのである。

スポンサーリンク

セブン ドミナント戦略 限界、 従業員が不足

経産省が19年3月に公表した、全国1万1307人のコンビニオーナーから回答を得た「コンビニ調査2018」によれば、

「従業員が不足している」と回答したのは61%で4年前の22%から激増している。

このような慢性的な労働力不足が進行する世界で、既存店の客数も減り、売り上げも減っていけば、「商圏内にどんどん出店するぞ」なんてことが言ってられるわけがない。

むしろ、生き残るためには、人口減少のペースに合わせて店舗の統廃合を進めていくしかないのです。

 つまり、セブンの「不採算店閉鎖を加速」は、カリスマ・鈴木敏文さんの時代から後生大事に守ってきた、ドミナント戦略がいよいよたちゆかなくなってギブアップしているようにも見えてしまうのである。

スポンサーリンク

セブン ドミナント戦略 限界、 現場の壊れっぷりから分かるもの

「組織やビジネスモデルの危機は、現場の壊れっぷりから分かるものなのだ」

クライシスが発生する企業というのは往々にして、現場にまずその前兆があらわれるということ。

例えば、現場からメディアや監督官庁に内部告発がバンバン寄せられるなんて企業は、遅かれ早かれ日産のように経営者のクビが飛ぶような事態になるものなのです。


この法則に残念ながらセブンも当てはまってしまっている、ということで先ほどのような指摘となったのである。

スポンサーリンク

セブン ドミナント戦略 限界、ネットの声

ドミナント戦略のメリット・デメリットを考えると
メリット
・各店舗の仕入れをまとめて行うことによる仕入れコストの削減
・各店舗間の距離が近いため、配送コストの削減
・本部社員が巡回しやすい
デメリット
・自社競合が発生すること


本部がメリットだけ取って、デメリットは店舗に押し付ける形になっているのだからこうなって当然だろ。

”ドミナント戦略”。
擁護する御用系コメンテイターなどは多いが・・・。

ドミナント戦略で客を奪い合って各店舗の売り上げが減っても、各店舗を合計した売り上げは減らないので本部の利益は減らない。流通面などの利点もある。

また、ドミナント戦略でバイトの確保が難しくなるが、そんなことは本部は知ったことではない。

更に、深夜売り上げも当然減り、その時間帯の各店舗は赤字になるのだが、少しでも売り上げがあれば本部は黒字なので24時間営業を止めるという選択肢もない。

オーナーは24時間営業をやることは承知の上で契約している。開店後いきなり「24時間は嫌だ」と言ったオーナーはいない。本部のドミナント戦略によって売り上げ減とバイト確保の困難に直面して、このままではやっていけないから訴えているのだ。

素人にはわからないのですが、商圏が小さくなるということは顧客対象者が減ると言うことで、オーナーには不利なのでは?ドミナント戦略のメリットは主に、本部側にあるように思います。現在の店舗数だと、都市部ではオーナー側は店舗同士の客とバイトの奪い合い。
出る杭は打たれるの通り、今はSEJが叩かれている面もあるでしょうが、コンビニのビジネスモデルを1号店から独自に構築してきたSEJには初心に戻って、オーナーとのWIN-WINの再構築を願います。

日本の狭い土地面積でしかも
人口減少かつ都市部への集中で
過疎地域も増えている現状では
これ以上、店舗を増やすのは
限界値を数年前から当に越えています。

地方の地域によっては
バスや電車の路線を削減し、
大幅な不採算部分のカットを
実施している中で人の多い
都心部には場所がない、
土地の余っている場所には
人はいないが顕著な昨今で
セブンイレブンのビジネスモデルは転換期に来ているのでしょうね。

コンビニって24時間やっていて便利だけど夜はやっぱりガラガラだよ。人件費だって高いし駅前なら深夜電車が終われば人は来ない。売り上げを上げるならやっぱりある程度の経営スタイルはオーナーに任せるべきじゃないのかな?食料の廃棄問題もあるし総合的に良くなればある程度の不便は仕方ないと思う。

ここ最近、共食いするようなドミナントなんて、なんてことするんだ!と思っていたが人口減少がこのビジネスモデルに変調をもたらしていたんだね。少し移動すればどこにでもあるコンビニ自体は便利でいいが、価格がね、、、。タバコやらどこで買っても同一価格のものならいいが、他のものはドラッグストアやスーパーだね。自身もコンビニ常習者だけど、毎日のように数千円単位で買い物していく客をみると、金持ってんな~と思ってしまう。セーブオンは安かったけどね。

スポンサーリンク

セブン ドミナント戦略 限界、終わりに

なんだか難しい問題ですね。

ネットでも、色んな意見がありました。

結局のところ、セブンの戦略には、現在の日本状況では、着いていけないということでしょうか。

コンビニ各社は、最近、色んな動きを見せていますね。

果たして、今後はどうなるのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました