タピオカ 品薄!業務スーパーでも大人気、そんなタピオカの原料は?

スポンサーリンク
ニュース

熱帯原産の芋キャッサバを原料とした「タピオカ」入りのドリンクが若い女性を中心に爆発的なブームになっています。本場・台湾のチェーン店が次々と進出し、外食大手もメニューに加え始めたが、人気の高まりに供給が追いついていない状況も生まれています。

カラフルでSNS映えすることや腹持ちの良さなどが受け、10~20歳代の女性を中心に支持が広がっている。大手外食チェーンでも、ドーナツ店「ミスタードーナツ」、ファミリーレストラン「ココス」などが、タピオカを使った商品の販売を始めました。

スポンサーリンク

タピオカ 品薄!タピオカの原料は?

タピオカの原料は「キャッサバ」 

タピオカの原料は、「キャッサバ」というイモの一種で、原産地は南米です。サバナ気候や熱帯雨林気候の地域などで栽培されていることが多く、気候条件や土壌条件が厳しくても比較的簡単に生産できるといわれています。栽培技術も確立されてきているので、大量に栽培することができるのです。

「キャッサバ」とは

実はこのキャッサバには、有毒な成分「シアン化合物」が含まれています。そのため、注意が必要であります。食用にするためには毒抜きの処理が不可欠であり、生食の状態で日本に輸入することは禁止されているのです。葉を発酵させ有毒な成分を除去し、加工されたキャッサバのみ日本への輸入が許されています。

そして、キャッサバをタピオカにするために、さらなる加工が必要とされます。まず、キャッサバの根茎から取ったでんぷんを水で溶き、加熱します。そのあと粒状にして乾かすと「タピオカパール」になります。

どうやって丸い粒状にするか?まさか手ごね?いえ、原料の練ったタピオカを特殊な容器に入れて回転させると遠心力がかかって雪だるまのように丸くなるんです。


このタピオカパールを2時間ゆでて戻すと私たちが知っている「タピオカ」になります。デザートやココナッツミルクなどでよく目にするタピオカの姿です。

通常タピオカは乳白色のような色をしており、黒いタピオカはカラメルなどで色付けされています。カラフルなタピオカも、タピオカパール状になってから、色づけされたものです。

スポンサーリンク

タピオカ 品薄!業務スーパーでは?

業務スーパーで取り扱っているタピオカ商品は2種類あるのですが、どちらも人気商品なので売り切れていることもしばしば。

今回は、業務スーパー「タピオカドリンク」の、気になる味や楽しみ方をご紹介したいと思います。

湯煎するだけ簡単!業務スーパーの「タピオカミルクティー」

作り方は簡単!湯せんして牛乳と氷と混ぜるだけ。

パッケージを開けると、タピオカミルクティーの素とストローが入っています。太めのストローが無いとタピオカが吸えないですものね。ストローがついているのは嬉しいですね。

タピオカミルクティーの素を熱湯で4分ほど温めます。 100gほどの氷を入れたグラスに加えます。 湯せんしたタピオカミルクティーの素をグラスに入れて、 牛乳150mlを加えて出来上がり。とっても簡単です。

お湯に30秒つけたら完成!業務スーパー「インスタントタピオカ」

「業務スーパー ...」の画像検索結果

業務スーパーのもう一つの人気商品が「インスタントタピオカ」 1袋300g、税込321円です。

1杯に何グラム入れるかにもよりますが、30g入れたとしても10杯分!牛乳などのドリンクの金額を入れないで計算すると、1杯約30円と超お得!

使い方は簡単。お好みの量のタピオカを30秒お湯につけるだけでOK。モチモチのタピオカがすぐにできるので、あとは好きなドリンクに投入するだけでオリジナルのタピオカドリンクが完成します。

スポンサーリンク

タピオカ 品薄! ネットのコメント

うちの娘も大好きでよく飲んでいるが、1杯400円~600円程度するのをよく飲めるなと感心します。
さすがに毎日は飲んでないと思う・・・・・けど、それが当たり前の生活のまま社会人になったら家計が破綻すると思う。

ヤフーニュース

すでに過去感があるよ。
大久保近いんだけどすごい行列だった店はもはやすぐ買える状態。
その付近の店も昨日前を通ったらほとんど人はいなかった。
数カ月前はすごかったけどね。
新規オープンしてる店がいくつか界隈にあるんだけど誰も人がいなくてむしろ閑古鳥状態だった。
ちょっと遅いかな、と。
オープンするならブームが来ると見切って一年前にはやってなきゃ。
今はもう稼いだ店は畳む準備してると思う。
大体店舗は6ヶ月前に退去申請しないといけないから鼻が効く経営者はもう遡って数カ月前に店舗退去申請してると思う。
好調期に短期でガッポリ稼いで下火になって赤が出始める前にやめる。
大手(ファミレス、コンビニなど)に出始めたらピークの目安でそこから下降線を辿るのは過去のケースでどれも例外はない。
数カ月後には仕掛け人が他のブームを持って来る。
今、コンビニにガパオ、パクチー、店頭にドーナツ置いてる?

ヤフーニュース

ナタデココの場合と違って、キャッサバは芋として主食になるし、そのまま流通できる。デンプンに加工した後も片栗粉のようなスターチとしての用途もある。パールまで加工しても可食期間が非常に長い。
つまり、原料・半加工・製品のすべての段階で在庫がダブついても問題ない。だから今は心配せずに作りまくればいい筈。
これって値上げのための情報じゃないの?

ヤフーニュース

みなさん、辛口なコメントが目立ちますね。タピオカは、原価が安く、売値が高いので、いつまでタピオカブームが続くのか、見ものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました