体育の日 最後の理由は?来年だけ特例って何?ネットは?

スポンサーリンク
ニュース

実は「体育の日」という祝日が存在するのは今年が最後。

2018年6月20日に公布された「国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律」により「体育の日」が「スポーツの日」になるという。

法律施行は2020年1月1日。

そのため、「体育の日」は2019年10月14日が最後である。

「運動会 イラスト」の画像検索結果
スポンサーリンク

体育の日 最後、 なぜ10月第2月曜日が「体育の日」?

「体育の日」は今でこそ10月第2月曜日に制定されているが、2000年までは10月10日に定められていた。

「体育の日」が誕生したのは1966年。

1964年に開催された東京五輪の開会式が10月10日だったため、それを記念したものである。

1964年、10月10日が開会式の日程に選ばれた背景には、日本の気象の歴史の中で晴れが多いという特異な日付であったことが挙げられる。

気象庁の発表によると東京で「体育の日」に1mm以上の雨が降った回数は、1966年から2018年までの52年間でわずか9回。

1964年10月10日も晴天でオリンピック開幕を迎えた。

そんな「体育の日」は再び東京でオリンピックが開催される2020年を前に、その役目を終え、消えようとしている。

スポンサーリンク

体育の日 最後、 東京オリンピック開催日が「スポーツの日」に

来年は特例として、東京オリンピックの開会式が開かれる7月24日が、「スポーツの日」に指定されている。

なお、2021年以降は、これまでの「体育の日」と同じ10月第2月曜日が「スポーツの日」となる予定だという。

スポンサーリンク

体育の日 最後、ネットの声

「体育」というのは、physical education(身体教育)、つまり「教育」です。国が定めた目標に向かって、身体の活動をはぐくんでいくもの。
他方で、「スポーツ」というのは、原義には「気晴らし」といった意味が含まれるように、楽しむものとしての側面が強いです。
「体育」はやはり教育の一つであり、その指示内容が狭く、上意下達的な意味合いもあるため、今日では、休日の名称に限らず広く「スポーツ」という言葉が用いられています

体育の日をスポーツの日に変える意味が解らない。
それよりも、時代に合わなくなった法律がたくさんあると聞きますが、
そっちを改正すべきなのではないでしょうか。

別に体育の日で良いだろう。
ここは日本だし。
来年も体育の日は残しで普通に五輪開会式は特別に休日にしたらいい。

祭日を何でも月曜日にするのはどうかと思います。
連休にはなりますが、土日休みの人に合わせることはないと思います。

10月10日が体育の日でいいじゃないよー!

なんでも3連休になるようにって祝日コロコロ変えるんじゃないよ!

変える意味が分からない。
他にやる事山ほどあるでしょう?
来年は10月の休み無くなるし。
体育の日は体育の日で残して
オリンピックに合わせた特別な休みを設ければ済む話。何なら昔みたいに日程固定でもいいくらい。

来年のオリンピックもこれぐらいの季節に開催すれば良かったのに。
真夏は暑すぎる。危険。

連休の最後の日じゃ最も運動から疎遠な祝日だよ。
連休の最後の日ってみんな明日に備えて自宅でゆっくりしたいですから。わざわざ疲れることをやる日じゃない。

スポンサーリンク

体育の日 最後、 終わりに

なんだかややこしいですね。

ネットでも、わざわざ変えなくていい。というコメントが多かったと思います。

今後、祝日、連休はどうなってゆくのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました