ゲーセン 倒産急増の真相はこちら!スマホと増税の関係とは?!

スポンサーリンク
ニュース

10月1日より、2014年以来約5年ぶりに消費税率が10%に引き上げられた。

政府は軽減税率のほか、キャッシュレス決済などを活用したポイント還元制度などを導入し、増税後の消費落ち込みを避けたい考え。

しかし、制度の複雑さや費用負担の大きさを背景に、対応に苦慮する中小零細企業が相次いでいる。

「ゲームセンター イラスト」の画像検索結果
スポンサーリンク

ゲーセン 倒産急増、概要

もともと、ゲームセンター業界は厳しい経営状態が続いていました。

2018年におけるゲームセンター等を主業とする企業の収益は3割が減収決算

近年は増収企業の割合を上回る状況が続いている。

損益面でも、一旦は2割台に下がった赤字企業の割合が18年は3割台に戻るなど、再び悪化傾向に転じている。

 2019年に入って、倒産が急増している点も見逃せない。

2019年のゲームセンターの倒産は9月までに11件発生。

件数こそ少ないが、既に前年(5件)を超えており、過去最多の2015年に迫る勢いである。

特に近年は、愛知県でゲームセンター「VIVACE」などを展開し、学生を中心とした若年層に支持されていたエッグボックスの倒産など、老舗ゲームセンターの経営破綻も発生している状態。

スポンサーリンク

ゲーセン 倒産急増、理由は?

理由の一つに挙げられるのはスマホの普及によるソーシャルゲームの台頭である。

日本生産性本部「レジャー白書」によれば、2018年のゲームセンター市場は4550億円。

スマホRPGで人気な「Fate/Grand Order」のアーケード投入などで持ち直しの兆しもあるが、ピーク時の2007年(6780億円)に比べると7割程度まで落ち込んでいる。

国内スマホゲーム市場がわずか数年で1兆円を突破した(矢野経済研究所)のに対して、落ち込み幅が顕著である。

 これに加え、近年のアーケードゲームやメダルゲーム用の筐体は、家庭用ゲーム機などとの差別化を図るために大型化・高性能化が進み、価格も上昇。

また、ネットワーク通信主体の筐体が主流になったことで、従来の導入費用や電気代と言った固定費に加え、通信費やアップデート費用なども新たに嵩む。

そのため、低収益が続くゲームセンターにとっては安くても1台導入すれば数十万円、複数台で数百万円に上り、維持費もかかる新型機への投資負担は重く、大規模なリニューアルを躊躇ってしまう。

結果的にゲーム機器や施設の陳腐化・老朽化が加速、集客力が低下し、一層の売上減少を招くという悪循環に陥りやすい。

スポンサーリンク

ゲーセン 倒産急増、消費税との関係

こうした厳しい経営事情に追い打ちをかけると考えられるのが消費増税。

5%から8%に消費税率が引き上げられた2014年当時は、翌2015年にゲームセンターの倒産件数が急増。

企業数も2015年は前年から1割減、過去20年間では半数以下となった。

 背景にあるのはゲームセンター特有のプレイ事情である。

ゲームセンターは利便性を高めるために、アーケードゲームを中心にプレイ料金を100円などに設定する「ワンコイン」業界。

しかし、その分10円単位の小幅な値上げは難しい。

そのため消費増税分をプレイ料金に価格転嫁できずに店側で負担するケースは多かったとみられており、経営悪化に拍車をかけた可能性もある。

 市場が縮小しているものの、ゲームセンターは手軽な娯楽としての存在意義がある。

生き残る術をどうするか、ゲームセンターとユーザー双方の理解と知恵が求められる。

スポンサーリンク

ゲーセン 倒産急増、 ネットの声

厳しい要素もありますが、追い風も吹いています。昨今は体験型の「コト消費」の需要が旺盛でゲームセンターには追い風です。また、近年はゲームセンターの主要顧客である若者の所得が上がっています。人手不足を背景にアルバイト時給が上昇しているためです。こうした面もあり、やり方によっては売り上げ増が見込めます。このことを示すかのように、ゲームセンターやボウリングなどを手がけるラウンドワンの業績は好調です。2019年3月期の連結売上高は前期比5.6%増の1013億円と伸びました。うち、ゲームセンター事業の売上高は前期比9.6%増の496億円と好調です。コンテンツを充実させていけば十分戦えます。

確かに厳しい事情はありますが反面、不採算店舗の淘汰により、筋肉体質になりつつある現状もあります。またVR専用の大型ゲーム機の登場で、活路を見出す過程でもありますね。単純なワンコインより高額な、付加価値のついたゲームも提供でき、一定の成功は納めています。

要はスマホゲームや家庭用ゲーム機ゲームでできない、リアル脱出ゲームのような異質の体験を今後も提供できるかですね。

アーケードゲームを提供、店舗を運営するゲーム会社は多くのコンテンツを持ち、体力のある企業が多いのも確か。撤退をすれば、ゲームの遊ぶ入り口が減るわけですのて、勝負どころと言えますね。

娯楽の少ない時代はゲーセンで過ごすという選択肢は結構あったけど、今のようにスマホで時間を潰せるようになると魅力は少なくなるよね。
ゲームもマニアックな方向に進み過ぎて、軽く入ってもやるゲームがないって状態だし。
オンライン対戦カードゲームはマニアに良くても初心者にはハードルが高過ぎる。

施設、人件、筐体等、コストがかかるゲーセンは時代とともに消えゆく運命かもしれない。

今は家の中で通信も兼ねて十分なゲームができる時代。

そもそもゲーセンの負債は、メーカーによる圧力が一番の原因。
人気あるゲームを仕入れていれば黒字になるじゃんと大抵の人は安易に思うかもしれないが、
実際メーカーは人気のあるゲームの注文をする際に、過去の実績を加味してゲームを卸すかどうかを判断する。
つまり注文する=入荷できるでは無いことがほとんど。

しかも、酷いメーカーだと人気のないゲームを一緒に入荷(当然実費)を条件にしてくることも珍しくない。
これが一部のメーカーならまだいいが、ほとんどの大手メーカーがこの状況なのが現在。

ゲームセンター側の経営が厳しくなっても 筐体を売ったりする業界自体は怠慢だったりするような筐体の売りつけ方を未だにゲームセンター側にしているから、 ただでさえ維持費と人件費がかかるにもかかわらずゲームのクレジットサービスとかをやりながら命がけでやっても 客足の維持が厳しい 。長く続いてほしいとはお客として思うけど、この状況の厳しさが 変わらないんだったら潰れて言っても何も文句が言えないし、お疲れ様でしたとしか言えない。 命を削ってサービスに繋げる中小のゲームセンターには本当に 救いがあってほしいと個人的に思う。 結構な頻度で通っていても閉店の最後の日に店長にありがとうございましたと言われるのは結構寂しいものがある。

対戦格闘、プリクラ、音感、プライズ機の充実までは順調にブームがあって推移していたけど、

従量課金、スマホの普及、コンシューマの対等だけでなく、増税は確かに追い討ちを掛ける格好だね。

その時は気づかなかったけど、1プレイ100円って、手軽さや分かりやすさはあるが、ドリンク飲料みたいに採算的に100円を超えた場合の受け皿がまるでない事に気づいたのが遅かった。

これが全盛期にカードに移行していたら、今でもすんなり120円とかでも受け入れられたかも知れないが、足並み揃わずカードも普及しなかった。

それに需要が低くなれば、その分ソフトも悪化するし、稼げるゲーム機が出ても高額になったりする悪循環。

今後はメーカー直営、家賃ではなく歩率のショッピングセンター内位しか生き残らないかも知れないね。

自分も個人で機械をメンテナンスしたり、受注、納品したりしていたけど、今は違う仕事をしている。

スポンサーリンク

ゲーセン 倒産急増、 終わりに

ゲームセンターの倒産、私の周りでも、相次いで倒産がおこっています。

人事とは思えません。

長年、慣れ親しんだ場所が無くなっていくのは、寂しいものです。

個人的には、スマホのゲームもやりますが、ゲームセンターのメダルゲームなどが大好きです。

背景には、スマホと消費税の増税があるのですね。

今後、ゲームセンターは、どうなってしまうのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました