新しい職場 NG言動例まとめ!あなたはやってない?

スポンサーリンク
ニュース

転職をはじめ、異動・出向などに伴い、10月1日付で新しい職場にデビューした人も多いことでしょう。

新天地では最初の印象が肝心。

そこで今回は、新しい職場に入ったとき、もともとそこにいた同僚から嫌われないようにするために、注意すべき言動についてまとめてみました。

「デスク イラスト」の画像検索結果
スポンサーリンク

新しい職場 NG言動例、 前の職場・勤め先との比較

「このソフト、古いバージョンなんですね」

「このデータの集計って、まだ手作業でやってるんですか?」

新しい職場のパソコンで操作を始めて発した、ふとした一言。

自分では何気なく言ったことでも、それを聞いた既存社員は、

「カチン」ときているかもしれません。

悪気がないのはわかっていても、バカにされているように感じ、いい気持ちはしないです。

近年は、様々なITツールがありますが、導入が進んでいる職場とそうでない職場があります。
そうしたシステムやツール類をはじめ、新しい職場の設備や環境面が前の会社より劣っていたとしても、それをストレートに口にしないよう注意!

「上から目線のヤツ」と、同僚たちの心のシャッターが閉じてしまうかもしれません。

スポンサーリンク

新しい職場 NG言動例、最初の3ヶ月

業務フローやマニュアルなどについても、「わかりにくい」「使いづらい」「非効率だ」などと感じることもあります。

そんな場合も「前の会社ではこうだった。そのほうが効率的だ」という言い方で指摘するのは控えましょう。

実際、前の会社のマニュアルや手法のほうが優れていたとしても、まずはその会社のやり方を素直に受け入れるべきです。

今のやり方で運用されているのには、何らかの理由があるのかもしれません。

せめて最初の3カ月ぐらいは、現状を「いったん受け入れる」というスタンスで臨むことが肝心!

スポンサーリンク

新しい職場 NG言動例、メモをとる

新しい職場に入ると、業務の進め方はもちろん、ちょっとした職場のルールなどについても説明を受けます。

その際、メモを取らない人が意外と多いようです。

新入社員への説明・指導を担当する既存社員の側からは、

「ちゃんと理解しているのか、不安になる」

「真剣に覚えようとする気があるのかどうか、疑問を感じる」

などの声が挙がっています。

もちろん、1回聞いたらちゃんと覚えていて、間違いなく実行できるのであれば問題はありません。

しかし、メモを全く取らない人ほど、後になって「これって、どうでしたっけ?」と質問してくることが多く、相手をいら立たせてしまうのです。

スポンサーリンク

新しい職場 NG言動例、常識が変わる?

会社が変われば、「常識」も変わります。

「これが常識」と思っていたことが、「非常識」と見なされてしまうこともあります。

例えば自分のデスクに趣味のおもちゃを飾る、デスクでおやつを食べる、仕事中に音楽を聴くなどは、職場ごとにルールが異なります。

また、上司との打ち合せや経営幹部へのインタビュー中、パソコンでメモを取ることを「当たり前」とする会社もあれば、「失礼」と見なす会社もあります。

自身を「小職」と称したり、メールの署名に「拝」を入れたりなど、前の職場では「丁寧で良い」と教わったのに、新しい職場では「堅苦しい」と思われることもあります。

周囲を観察することが大切!

スポンサーリンク

新しい職場 NG言動例、 前の会社での習慣を引きずる

文房具や紙袋といった、会社の備品類の使い方のほか、交通費の精算、仕事に使用する資料の購入などについても、会社によってルールが異なることを認識しておきましょう

ケース・バイ・ケースです!

前の会社と同じ感覚で行うと、後からとがめられることもあり得るので、細かなことでも確認を取るようにしましょう。

スポンサーリンク

新しい職場 NG言動例 、 カタカナビジネス語

無意識に人をイラっとさせるおそれがあるのが、

「カタカナビジネス語」!

例えば「アジェンダ」「アサイン」「イシュー」「エビデンス」「バジェット」といったものです。

会議やプロジェクトに「ジョインして」という言葉なども、ある会社では日常的に使われていても、風土が異なる会社に行けば、「何をかっこつけて言ってんの?」と異質に感じられてしまいます

スポンサーリンク

新しい職場 NG言動例 、 これまでいた会社のものさしで判断

職種の位置づけや役割が大きく異なることもあります。

例えば「マーケティング」という職種には、「リサーチ」「広報・宣伝」「販促企画」「営業企画」などの要素が含まれますが、その会社のマーケティング担当者がどこまでを担っているかは会社ごとに異なります。

また、同じ役職名でも、その責任の範囲や社内での影響力に違いのあるケースもあります。

「マネジャー」や「リーダー」という役職名を持つ人が、どの程度の範囲を掌握し、裁量権を持っているかも、会社によって異なります。

職種名・役職名を聞いただけで、これまでいた会社のものさしで「こういう役割の人なんだろうな」と勝手に判断しないことが大切!

一般的な共通言語に見えるものでも、その会社では何を指すのかを意識し、正しく理解することを心がけましょう。

スポンサーリンク

新しい職場 NG言動例 、ネットの声

転職エージェントを複数利用した際に感じたことは、この人たちは紹介する企業のことをわかった風なだけで、別にぜんぜんわかってないということ。

自分がいた業界の転職の場合、こちらのがエージェントより業界の実状や受ける会社の内部について把握してたし。

エージェントの人が色々語ってもなあ、と

転職して自分流で顕著に活躍出来る人は一握り。郷に入っては郷に従え。カメレオン的だったり相当な柔軟性を要求される。そうでなければ仲間外れ。小さな会社に入ったらオーナーのご機嫌をとる、同僚にはオーナーにチクられないようにする。中規模以上なら徹底的に所属組織に染まることです。仲間と認められた時に、成果も認めてくれるし、かつ、サポートもしてくれます。

当然NG言動なんて持ってのほか(記事の例よりもKYにならないことが大事だと思いますが)。転職は姑、小姑のいる家に嫁に行くようなものだと思う。

いわゆる「出羽守」も嫌われるんだけど、実際伸びない会社とかって、ホントに自分たちの常識や硬直した考えが原因だから、中には傾聴に値することもあると思うんだよね。
他社の合理的なやり方や考え、ノウハウをを学べるチャンスじゃん(まあ普通の人なら極秘情報や企業秘密は喋らないが)。
けど古い人は自分たちのやり方に固執してるから、新しい人がそういうと前の会社は前の会社、うちの会社のやり方はこうだからと始まる。いい悪いを検討する前に。だから失敗続きなんだよと思う場合もある。まあ中にはホントにアホな意見もあるが。
新人の受け入れにも自分たちの知ってる仕事を相手はおそらくはわからないでくるからちゃんとに説明しようという気も説明能力もない、ただそこの部署に長くいるだけの奴も多い。
新しく部署変わったこともバイトで同じ業界の別の会社渡り歩いたこともあるし、今は同じ部署の古株になってしまったから色々思うおじさん。

転職者としては、新たな職場がお客様で、お客様に嫌われればそれまでのこと、そもそも一介の従業員の分際で、お客様の成長につながるかどうかというようなことを考える立場ではありません。
組織としてみれば、わざわざ転職者を採用して、その態度を嫌ったり僻んだりしているのであれば、採用しなければ良かったのであって、採用コストのムダです。
経営者としては、当然、せっかくの転職者を活かせなければ、その企業は成長機会を逃すことになりますし、転職エージェントの仕事としては、企業から無駄な転職コストをとって、労働者の人生を棒に振らせることになります。
転職がなじまない文化を持っている企業なのかどうかは、転職エージェントが双方に教えるべきだと思いますよ

郷に入っては郷に従えでとっとと慣れて成果を出す。前との比較は構わない。前の方が良かったらどんどん進言して良いと思う。
中途には、他社の良いところの持ち込みや、自社にない部分を補う、そういうのを期待されている事もある。
変わった文化に慣れられるか、なんだか慣れないか、は人それぞれだけど。成果を出して、周りと仲良く仕事できていれば細かいメールのルールとか、横文字なんてどうでも良いと思う。
うちの会社は大手電機メーカーだけど、物凄く特殊なメールや社内文化がある。メールの宛先は呼び捨てで括弧で閉じる、とか。例、(鈴木)

中途の人でそういうのがなんとなく受け入れられないし、どうでも良いって考え方の人がいるけど、よくデキるし、何事にも積極的だし社内外の人とのコミュニケーションも凄く良いので、メールの出し方や社内用語に馴染んでなくても職場にしっかり受け入れられて評価されてる。

言い方1つだと思いますけどね。「まだこんな方法でやってるの?」ではなく、「こういうやり方はいかがでしょうか?」という風に言ってみるとか。
あと、人を見極めて進言するのも大切です。「新人潰し」でしか自己アピールをしない成長意欲0の人間もいるので。そういう人には何を言っても通じません。
経験上、業務改善提案は管理職の方に話を通した方が良かったケースが多かったです。多分、使える手駒は1つでも多い方が良いと思っている筈なので。
忙しい職場だとむしろ前向きな姿勢を見せていかないと「使えない奴」というレッテルを貼られてしまうので、出し惜しみしない方が良いと思います。

これは「新参者に向けた心得」かと思う
ただ、複数回それらを経験している者としては「それ位は当然。むしろ『新しく来た人を受け入れる側の心得』についてはノータッチか」と感じた。

郷に入っては郷に従え…新参者が新しい環境に慣れようと努力するのは当然。そうしないと仕事が出来ないから。だが いくら努力をしても、新職場側での受入れ体制が整っていなかったり、新参者に対して冷たいと感じる場面も多々経験した。
子供でないから全て助けてとは言わない。ただ最低限の事柄すら蔑ろになっている職場が複数あった。
挨拶しても目も合わせない。マニュアルの内容がザルすぎて肝心な項目が書いてない。メモを取る隙も与えず「あとは宜しく」。新参者のみ仲間外れ…等。仕事以前の問題ばかり。
これでは早々に見切りをつけて他に移ったり退職するのも当然。同時に慢性的な人材不足も必然。なので「受け入れる側」の意識変革も必要だと強く感じる。

スポンサーリンク

新しい職場 NG言動例 、終わりに

いかがでしたでしょうか?

みなさん、一見、当たり前と思われる記事だったかもしれませんが。

初めて知る人もいらっしゃるのでは?

そんな人の参考になれば、幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました