不二家 大量閉店の真相はこちら!コンビニが宿敵?ネットの反応は?

スポンサーリンク
ニュース

コンビニスイーツが大きな存在感を見せ始めた今、街の洋菓子店のみならず大手ですらそのあおりを受け苦境に立たされています。

今回の無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』では著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが、不二家や銀座コージーコーナーといった、かつては一世を風靡した実力企業が現在直面している状況を詳しく報じるとともに、「苦境から脱却するためすべきこと」について考察していました。

「不二家」の画像検索結果
スポンサーリンク

不二家 大量閉店、「街のケーキ屋さん」倒産の理由

街のケーキ屋さんの倒産が相次いでいる。

帝国データバンクによると、2019年1~8月で30件の倒産が発生したという。

これは、2000年以降で最多だった2018年の同時期(25件)を上回るペースである。

通年で最多を更新する可能性も出ている。

洋菓子店の倒産を巡っては、老舗や人気店として知られていた店も数多く存在する。

昨年10月には「至高のモンブラン」などの人気商品を抱えていたモンブランが倒産しました。

国内のスイーツ市場は縮小傾向が続いている。調査会社の富士経済によると、2017年の市場規模は1兆4,225億円で、前年から0.4%減った。近年は縮小傾向が続いており、今後も減少が続く見込みだ。

背景には、クリスマスや誕生日といった「ハレの日」需要の減少や、中元や歳暮といった従来の慣習的なギフト市場の縮小があるという。

街のケーキ屋さんはこういった需要に頼る部分が大きく、需要減の影響を大きく受けている。

もう1つ大きいのがコンビニエンスストアの台頭である。

コンビニは近年急激に増えている。

また、近年のスイーツは「日常使い」や「プチ贅沢」としての需要が高まっており、コンビニ各社はこうした需要の取り込みに躍起になっている。

こうしてコンビニと街のケーキ屋さんの競争は激しさを増している。

こうした戦いにより街のケーキ屋さんは苦しい状況に置かれるようになった。

今後も競争は激化するとみられ、当面は厳しい状況が続きそうだ。

スポンサーリンク

不二家 大量閉店、不二家 大量閉店の理由

「ペコちゃん」のキャラクターで知られる不二家は厳しい状況にあるという。

同社は洋菓子店を展開するが、近年は不採算店の閉鎖を余儀なくされている。

洋菓子事業の店舗数は15年末には986店あったが、18年末には862店まで減った。3年間で、全体の13%に当たる124店が減ったのである。

不二家の洋菓子事業は営業赤字を長らく垂れ流し続けている

2003年3月期から2018年12月期まで16期連続で赤字。

2018年12月期は14億円の赤字だった。

不採算店の閉鎖を進めてはいるが、未だ赤字は解消されていない。

不二家は1910年11月に横浜で洋菓子店を開いたのが始まり。

翌12月にクリスマスケーキを発売している。

「ペコちゃん」が誕生したのは1950年で、翌1951年にボーイフレンドの「ポコちゃん」が誕生した。

ソフトキャンディーの「ミルキー」が発売されたのもこの年である。

1984年には、現在の主力商品であるクッキー菓子「カントリーマアム」を発売している。

同社は洋菓子店を駅前の路面を中心に出店し、成長を果たしてきた。

しかし、百貨店やデパートなどに顧客を奪われるようになり、次第に苦戦を強いられるようになった。

2007年には消費期限切れの原料を使用していた問題が発覚し、工場の操業停止や洋菓子店の休業に追い込まれるなどの逆風が吹いた。

2007年3月期と2008年3月期、2009年3月期は巨額の営業赤字を計上している。

こうした状況を打開するため、不二家は現在の親会社である山崎製パンの力を借りることにした。

消費期限切れ問題後の2007年3月に山崎製パンと資本業務提携を締結。

2008年11月には同社の連結子会社となった。

これにより、不二家は山崎製パンが持つスーパーやコンビニなどの販売ルートを活用できるようになった。

こうして山崎製パンの力を借りて経営の立て直しを図り、これが功を奏し、消費期限切れ問題で落ち込んだ業績を回復させることに成功した。

しかし、ここ数年はコンビニが急激に増えて競争が激化し、収益性が大きく悪化しているという。

洋菓子事業の2015年12月期の営業損益は11億円の赤字(前の期は4億円の赤字)となり、赤字幅は大きく拡大した。

2018年12月期まで4期連続で10億円超の営業赤字を計上している。

前述の通り不採算店の閉鎖を進めてはいるが、抜本的な改善には至っていないのが現状である。

事業売上高も店舗閉鎖に伴い減少傾向が続いており、2014年12月期は376億円だったが、2018年12月期には327億円まで減った。

不二家にとってコンビニは悩ましい存在でる。

というのも、競争相手ではあるが、一方で、商品提供先でもあり、協力関係にもあるため。

ただ、コンビニでの商品展開の規模は限定的で、山崎製パンの傘下入りでもたらされた販路拡大効果よりも、競争激化によるマイナスの影響の方が大きいのが現状

スポンサーリンク

不二家 大量閉店、ネットの声

コンビニのスイーツ?
マーガリン使いまくりでしょ。
絶対要らない。

チェーン店のケーキ屋より、近くのケーキ屋の方が高くても美味しい。質が大事

コージーコーナー?買いません。
レディーボーデンもメリーズチョコも買いません。
ロッテは買いません。

不二家事件が発覚したとき、いったん完全に廃業すべきでした。
それから十年でも冷却期間を置き、衛生管理の堅実な大手製パンあたりが「のれん(不二家ブランド)」のみを借りて復活させればよかったのです。
だらだら延命させたがため、客足は戻りませんでした。

ミルキーで細々とやってけばいいと思う

不二家のショートケーキ好きだったけど
不二家レストラン高いし
ケーキですら無駄な時代になってきた

老後のために子供のために
少しでも無駄を省きたい

街場の洋菓子屋さんだって後継者問題から店をたたむケースもあるわけだし。また、コンビニで買う層や購入時間、購入動機などもちゃんと分析してみないとダメでしょうね。

洋酒使ってないの多いから子供がいるとよく買う。
子供が少なくなってるから売れないのかな。大人だけならもう少しおいしいところのを買うもんね。

スポンサーリンク

不二家 大量閉店、 終わりに

まさか、こんな事態になっているとは、思いませんでした!

確かに、家の近くの不二家も閉店していました。

ネットでもコメントにあるように、私も、特別な日意外は、不二家やコージーコーナーは、利用していません。

今後、不二家はどうなってゆくのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました